MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
コンビニ食ダイエット_秋の味覚「さんまの塩焼き」でタンパク質と良質な脂質を摂ろう!/オヤジのコンビニ食ダイエット(60)

コンビニ食ダイエット_秋の味覚「さんまの塩焼き」でタンパク質と良質な脂質を摂ろう!/オヤジのコンビニ食ダイエット(60)

この連載でも何度か取り上げてきたコンビニの焼き魚。 さんまやサバなどの青魚は、DHAやEPAといった良質な脂質や、必須アミノ酸をバランス良く含んだ良質なタンパク質が摂れる、ダイエットむきの食材だ。 というわけで今回は、秋の味覚として人気の「さんまの塩焼き」を紹介する。

秋の味覚「さんまの塩焼き」でタンパク質と良質な脂質を摂ろう!


第32回の「サバ塩」をはじめ、この連載でも何度か取り上げてきたコンビニの焼き魚。

レンジで温めるだけの手軽さで、おいしい焼き魚が食べられるのが便利だし、ごはんのおかずにも酒のつまみにもピッタリだ。

美しく健康的に痩せるためにダイエット中もしっかり摂取しておきたいタンパク質もたっぷりで、人の体内では作り出すことのできない必須アミノ酸をバランス良く含んだ良質なタンパク質が摂れる。


今回は秋の味覚として人気の「さんまの塩焼き」を紹介する。

近年は“さんまが不漁だ”というニュースをよく聞くが、それでもコンビニでは夏ごろからトレーパックに入ったさんまの塩焼きが総菜コーナーに並び始める。

セブンイレブンのさんまの塩焼きは三陸産のさんまを使い、過熱水蒸気オーブンでやわらかな食感にこだわって焼き上げている。

ファミリーマートのさんまの塩焼きも国産のさんまを使用し、魚醤塩を使って香ばしく焼き上げ、熟成工程でうま味を引き出している。

どちらも、トレーに納めるために1尾が半分にカットされ、苦みのあるワタが取り除かれている。

とはいえ頭の方の半身は、さんまならではのワタの苦みを感じるので、さんま好きにたまらないおいしさ。

1尾200円程度の価格も、居酒屋や定食屋で食べることを考えると充分リーズナブルだと思う。

血液サラサラ効果が期待できるとしてサバ缶でも注目されたEPA&DHAがしっかり摂れる!


サバ缶が健康維持やダイエットに使えるということで注目されたが、同じ青魚のさんまもDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)といった良質な脂質を豊富に含んでいる。

どちらもオメガ3系脂肪酸に分類され、人の体内ではほとんど合成することができない必須脂肪酸であり、食品から摂取する必要がある。

DHAとEPAの効果としてよくいわれるのが「血液をサラサラにする」ということ。

血中の悪玉コレステロールや中性脂肪が抑えられることも報告されていて、血液の流れがスムーズになることで基礎代謝が高まり、栄養素が体の隅々まで行きわたることで美容やダイエットの効果も期待できるというわけだ。

日本人は魚離れによって、以前よりDHA、EPAの摂取量が減少したといわれているが、コンビニの焼き魚なら自分のような料理下手でも手軽に摂ることができる。

さんまは苦みが苦手という人も多いが、サバ缶ばっかりでは飽きてしまうので、自分のように、さんまの苦みが好きな人にとっては積極的に魚を食べるためのバリエーションが増えるのでありがたい。

さんまのシーズンが終わるまではコンビニでも買えるはずだ。


セブンイレブン
「三陸産さんまを焼き上げた さんまの塩焼き」
213円(税込)

おにぎり1個分程度の187キロカロリーで
19グラム以上の高タンパク。
脂質が12グラムもあるが、
DHA、EPAなどの良質な脂質を
含むので気にする必要はない。

食欲をそそるきれいな焼き色で、
パッケージ写真と比べても遜色ないレベル。
骨は取り除かれていないので注意して食べよう。


コンビニの焼き魚としては、より脂が乗った感じがする、ファミリーマートのサンマもオススメ!

ファミリーマート
「お母さん食堂 さんまの塩焼き」
220円(税込)

セブンのさんま塩焼きと比べると
タンパク質が少なくて、脂質が多い。
ただ季節や個体によっても変動が大きいと思うので、
あくまで参考の値という感じだろう。






太田日向(おおたひなた)
食生活の8割がコンビニという40代独身オヤジ。標準体重12キロオーバーのメタボ体型から、約1年で14キロのダイエットに成功。太りにくい体にしようと、調子に乗って筋トレも開始。筋トレに効くコンビニ食も探している。

このグルメ記事のライター
太田日向@まとメシ

食生活の8割がコンビニという40代独身オヤジ。標準体重12キロオーバーのメタボ体型から、約1年で14キロのダイエットに成功!

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
今回は、ダイエットに最適な食品というわけではなく、チート的な話。 手軽でおいしいカップラーメンを1つ選べといわれたら、やはり日清の「カップヌードル」。 ダイエット中とはいえ、これを食べたくなるときがあるわけですよ……。
715views 脱メタボ
蕎麦は、食物繊維が多くて低GIな食品(※食後の血糖値上昇が緩やかな食品)といわれているが、2019年9月にセブンイレブンの栄養成分表示が見直されたことで、蕎麦は食物繊維がたっぷりであることが、改めてはっきりわかった……。 というわけで今回は、セブンイレブンの「三陸わかめ蕎麦」を紹介します。
1601views 脱メタボ
「お母さん食堂」はファミリーマートが2017年9月から展開している惣菜のブランド。 現在では総菜に加えて冷凍食品も豊富にラインナップされ、自分も酒のつまみを買うときによく利用している。 今回はこの「お母さん食堂」の商品から、ダイエット中にも食べられそうな総菜を3品セレクトしてみた。
1307views 脱メタボ
今回は冷凍食品。 メリットがたくさんある冷凍食品のなかで、自分が酒のつまみとしてよく買っているのがセブンイレブンの「ぶ厚いお好み焼」だ。 お好み焼のイメージって小麦粉たっぷりで炭水化物のかたまりって感じがするんだけど、まず糖質が約35グラムと、おにぎり1個分程度しかない。 その上で、食物繊維が5グラム以上もあるのだ……。
2179views 脱メタボ
セブンイレブンから、“低糖質で食物繊維たっぷり”のパスタサラダが登場したので紹介します。 野菜がたくさん入っていて、主な炭水化物であるパスタには「糖質30%オフ麺」を使用。 しかもダイエットの強い味方である食物繊維が11グラム以上も入っている。 味もかなりいいのでおすすめ!
2187views 脱メタボ
 意外なほど朝ご飯が充実している鎌倉にあって、ここは別格。京都の朝食の名店が今年春に鎌倉店をオープンした。
1948(昭和23)年、店主・河野司さんの父が創業。以来70年、町屋の人たちに愛されている老舗酒場だ。
昭和29年、屋台からスタート。14種の具材を練ったジューシーな餡と、香ばしい皮の絶妙なバランスの餃子はたちまち人気を博し、現在は博多駅近くにビルを構えて営業中。
窯焼きピザとクラフトビールの店。パン職人を経てピザ職人になった店主が作る生地は、小麦粉の配合と寝かせる時間がポイント。
 穴子は、お魚マイスターの資格を持つ魚屋から、東京湾に面した金沢八景のものを使用。ふっくらと柔らかな身質を味わってほしいと、開店以来30年継ぎ足した煮汁で煮上げしたものを握る。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt