MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
大阪穴場グルメ_有名人がお忍びで来店。本場の人も大絶賛する激ウマ韓国料理を見つけた!/大阪ローカル穴場メシ情報[55]

大阪穴場グルメ_有名人がお忍びで来店。本場の人も大絶賛する激ウマ韓国料理を見つけた!/大阪ローカル穴場メシ情報[55]

「とにかく何を食べても旨いねん!! あんなお店があったなんて驚きや」 そう言うと、周りの人たちも同じ反応。 「日本で韓国よりも美味しい韓国料理を食べたのは初めて」と韓国人女性までが言う。そのお店こそが、韓国家庭料理「鶴本家」だ……。

有名人がお忍びで来店する、鶴橋の路地裏で韓国人まで大絶賛する激ウマ韓国料理を見つけた!


仕事でヘトヘト。

翌日に備えて精力をつけねば……。

そんなとき、ふと某著名人の言葉が頭をよぎった。

「とにかく何を食べても旨いねん!! あんなお店があったなんて驚きや」

そう言うと、周りの人たちも同じ反応。

「日本で韓国よりも美味しい韓国料理を食べたのは初めて」と、韓国人女性までが言う。

そのお店こそが、韓国家庭料理「鶴本家」だ。


鶴橋駅から徒歩数分。

アーケード街を反れた路地にその店はある。

店主であり、シェフの生駒律子さんはその秘密をこう明かした。

「主人がその昔、ソウルで7店舗の結婚式場を経営していて、そのなかの料理を彼が考えて作っていたんです。
そのレシピをベースに、このお店で提供しているんです」


何を食べても旨いといわれているとおり、この日替わりのおかずだけでかなりのモノ。

キムチは自家製、明太の味噌あえ豆腐は抜群にウマイ。

「味噌も自家製です。
主人が味噌にうるさくて、ほかの韓国料理店に行ってもまずは味噌を舐めて、この味噌だと何の料理が美味しいか判別するんです。
なので料理によって味噌はそれぞれ異なるんです」

オーダーしたのは「チャドルバギコース2人前」(4500円)と「お肉追加」1人前(1500円)。

「うちはすべて生肉でこのコースのお肉はカルビの裏側の肉です。
希少部位でこのお肉があるので是非このコースがおススメですね。
オギョプサルがありますから追加のお肉はそれでどうでしょう」

オギョプサルとは、5枚肉のこと。

豚の皮まであるお肉で、下処理をしていないと皮に毛が立つ。


このツルンツルンの皮を見よ!

このコースは焼きにんにくや包み野菜、ネギサラダなどがコースに含まれている。

ちなみにオギョプサルは、皮が透明になったら食べごろの合図となる。



このネギは、シャキシャキ新鮮。

そのままでも食べられてしまう。


サンチェやエゴマの葉に加えて、生ニンニクも。


これを焼くとヤバイ。

旨すぎて箸がとまらへん!


大好きなゴマの葉のキムチも追加。

聞くと、「こちらも手作りです。今から作ってきます」と出てきたのがコレ!


こりゃ、明日はしっかりと働けます。

食べ方はいろいろ。

自分好みにプルコッチ(青唐辛子)を入れて、ニンニクをはさんだり……。

こんな食べ方も。


これだけ食べればたちまちマンプクに。

シメは「アワビお粥」(1980円)である。

実は、これが半端なく旨いと聞いていた。


「とても新鮮なアワビなので、まずは生で召し上がってください」


こちらも冷凍ではなく、生。

ごま油で食す。

見ての通り、ウマイに決まっている!


そしてお待ちかねのシメが、デ・デ・デーンと登場や。


済州島のアワビは最高峰。

肝を溶かしてお粥がグリーンに見えると新鮮、品質の良いアワビとされている。

ライトの加減でわかりづらいが、完全なるグリーン。

良いアワビに見せるため、色づけしている韓国料理店もあるので注意をしたい。


アワビとごま油、塩だけの体に優しいお粥。

「もうオープンして5年になります。
手長ダコやケジャンも人気ですね。
ただし、良い食材が入らないと提供できないのであらかじめ予約をしておいて頂ければ、最高級のワタリガニも用意しますよ」

とにかく味のレパートリーが豊富で、かつクオリティが高い。

韓国料理が苦手という人でも、きっとこの味に驚くはずだ。


一緒に同行した記者連中は全員感嘆。


絶賛の嵐だったと付け加えたい。


韓国家庭料理 鶴本家
[住所]大阪市生野区鶴橋2-7-6
[TEL]06-7850-8181
[営業時間]10:00~22:00
[定休日]不定休







加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

このグルメ記事のライター
加藤慶@まとメシ

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
レストランテのシェフやウェイターが常連。そんなお店がある。 彼らが足を運ぶ理由は通常より安価でワインを提供してくれるからだ。 そのお店こそが、大阪は東心斎橋にあるワインバー「Pinot Noir(ピノ・ノワール)」。 ワイン通の間では、実に知られたお店なのだ。
新春1回目のルポなので、この日のために温存していた実に華やかな企画を送りたい。 米沢牛を愛してやまない1人の男の物語でもある。 男の名は、黒田辰巳さん(40)。 泉北高速鉄道「光明池駅」から車で約10分の場所にある「焼肉くろちゃん」のオーナーだ。
ホルモン料理がソウルフード。 そういっても過言ではないほど、いま大正ではホルモン店に脚光が再びあたっている。常に満席の人気店もあるなか、少し異質なホルモン店が今から1年と3ヵ月前にオープンした。 その名も「TAISHOU酒場1988」だ。
大正駅というと京セラドームが近くにあって、下町ながらも近ごろなにかと話題のエリア。 そんな“ええ店臭”の雰囲気プンプンの路地を抜けてたどり着いたのが、創業46周年を迎えた「お好み焼 ひろ」だ。
南森町からほど近くの大阪天満宮にある鉄板焼きの店「gump(ガンプ)」は、「いま旨い店が多い」と評判の飲食店激戦区にある。 シェフの2名はフレンチ出身で、特に“ねらい目”はお手頃価格のランチだ。
今年9月で開店40周年を迎えた同店。エキゾチックな雰囲気の店内でいただく医食同源のネパール料理が評判で、中でも名物がこのヒマラヤ鍋だ。
自社のパンと共に都内の名ベーカリーの品を揃え、パンのセレクトショップとしても営業するベーカリーカフェ。パンマニア憧れの品が一同に集まるので、パン好きならば一度は足を運びたいと言われる店だ。
今回はパスタについてのお話。なので、紹介する商品が必ずしもベストな選択ではないかもしれないけれど、「ダイエット中の炭水化物はパスタもおすすめですよ〜」、「パスタを選ぶときはここに注意しましょう!」といった話をしますので、ぜひ参考にしてください。
969views 脱メタボ
和食の安在さん、イタリアンの中澤さん。このふたりがキッチンから得意技を繰り出す、ちょっと個性的な店だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt