MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
入船寿司(寿司/奥沢)|老舗寿司屋の「天然物の生本鮪握り」はまさに贅の極み♪

入船寿司(寿司/奥沢)|老舗寿司屋の「天然物の生本鮪握り」はまさに贅の極み♪

「マグロが好きで寿司職人になった」と話す店主の本多さんが頑なにこだわり続けるのは、大間をはじめ日本近海で獲れる天然物の生本マグロ。色、艶、弾力、脂のり、それらを納得して仕入れる築地一の上物は神々しいまでに美しく、部位に切り分けて丁寧に処理を施す柵取りは「自分でやらなきゃ気が済まない」と笑う。

入船寿司(最寄駅:奥沢駅)

「マグロと言えば入船」と全国に名を馳せる奥沢の名店

そんな熟練の技から生み出される各部位の握りはまさに贅の極み。サービスランチにもその極上の赤身が入るのだから、いやはや恐れ入る。

サービスランチちらし(お吸い物付き)
1840円

大間の赤身と数種類の旬の魚が入ってこの値段。他のネタにも絶対の自信を持つ

お店からの一言

店主 本多克己さん

「生涯現役を貫き、マグロを握り続けたいと思ってます」

入船寿司の店舗情報

[住所]東京都世田谷区奥沢3-31-7 [TEL]03-3720-1212 [営業時間]11時~14時半、17時~22時(年内は通し営業)※ランチタイム有 [休日]水、ほか不定休あり(年内は無休) [席]カウンターあり、全55席/全席禁煙/夜は予約可/夜はカード可/2階はサ5% [交通アクセス]東急目黒線奥沢駅から徒歩1分


電話番号 03-3720-1212

撮影/鵜澤昭彦 取材/肥田木奈々

2018年11月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
店に入ると左手にカウンター、右手にゆったりしたテーブル席。気楽に居酒屋使いもできるのがうれしいところだ。
歌舞伎座のほど近く、昭和通り沿いに建つビルの5階。今年3月26日にオープンしたこの店で味わえるのは、六本木の名店『山海』で名を馳せた職人・山崎正夫氏の握る、正統的かつ遊び心を感じさせる見事な寿司だ。
目黒に最高のマグロを出す寿司屋がある。それも今風の高級店ではなく、昔ながらの風情漂う昭和の小さな老舗である。
ネタとシャリが織りなす、この上ない一体感に惚れ惚れするような握りだ。まずはシャリ。
前身の醤油屋から合わせると120年以上の歴史を持つ老舗だ。だが、店構えにも店内にも堅苦しさはまったくない。
小学校時代、私はトーストしていない食パンが大嫌いだった……。 そして小学校を卒業する時に誓ったのでした……。「もうトーストしていない食パン(サンドイッチは除く)は二度と食べない!」と。 しかし、今は21世紀で、令和で、食パンブーム……。 最近、生で食べても美味しい“生食パン”っていうのがあるらしいじゃない……!
話題のブティックホテルの1階ラウンジにあるバーは、従来のホテルバーとは全く異なる開放的な空間。オリジナルカクテルはチーフバーテンダー・齋藤隆一さんと水岸直也さんによるもので、環境への配慮や地元貢献など、ホテルの5つのコンセプトに沿ってデザインされている。
ここではグルメライターが厳選した「銀座のおすすめカフェ」の情報をお届けします。ショッピングや食事を楽しんだら、ちょっと一息つきたくなるも。おいしいスイーツや甘味はもちろん、ランチタイムや夜にも利用できる、魅力の詰まったお店ばかりです!
店に入ると左手にカウンター、右手にゆったりしたテーブル席。気楽に居酒屋使いもできるのがうれしいところだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt