MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
JapaniseDining きんたろう(寿司/浅草)|創業90年以上のお店がリニューアル!美味しい寿司、海鮮料理を堪能!

JapaniseDining きんたろう(寿司/浅草)|創業90年以上のお店がリニューアル!美味しい寿司、海鮮料理を堪能!

店に入ると左手にカウンター、右手にゆったりしたテーブル席。気楽に居酒屋使いもできるのがうれしいところだ。

JapaniseDining きんたろう(最寄駅:浅草駅)

吟味されたネタと技術で締めにもパクパク旨し

壁には一面に季節ごとのつまみメニューも数々。「金太楼鮨」は創業90年以上。江戸前の正当技術伝承の指導教育に熱心なことでも知られ、全国すし技術コンクールで受賞の常連。吟味されたネタをリーズナブルに楽しめるのも人気の理由だ。とろけんばかりの大とろや溢れんばかりのうに。酢飯のほどけ具合も心地いい上等な寿司だ。

特上にぎり(とろ巻き、ぼたんエビ、赤貝、はた、大とろ2貫、うに、いくら、穴子、玉子)
3240円

さっぱりした酢飯がはらりとほどけてネタのよさを生かす。旨みと歯応えの赤貝、甘いぼたんエビ、上等な大とろ。思わずパクパクと手が伸びる

えびきゅうサラダ
853円

きゅうりの食感とエビの甘み、香りもいい人気メニュー

巻海老の鬼殻焼、名物ばくだん
745円、961円

「ばくだん」にはウニ、イクラ、イカ、とびっ子、ひき割り、山芋……と贅沢。クセになる美味しさ。「鬼殻焼」は殻ごとバリバリいけて、香ばしいエビの風味と身の甘さが堪能できる

お店からの一言

スタッフ 倉舘武志さん

「寿司もつまみも気軽に楽しんでください」

JapaniseDining きんたろうの店舗情報

[住所]東京都台東区浅草5-35-9 [TEL]03-3872-7612 [営業時間]11時半~23時(22時半LO)※ランチタイム有 [休日]不定休 [席]カウンターあり、50席/喫煙可/予約可/カード可/お通し代200円別 [交通アクセス]つくばエクスプレス浅草駅A出口から徒歩15分、地下鉄銀座線浅草駅6番出口から徒歩18分


電話番号 03-3872-7612

撮影/鵜澤昭彦 取材/池田一郎

2018年11月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
一歩入れば"榎本劇場"の始まりである。音楽は寿司屋らしからぬジャズ。目の前で活きエビを捌いて握るなどカウンターで熟練の技を魅せるのは店の主、榎本さんだ。軽妙な語りも加わり客の気分を盛り上げてくれる。
大正時代から続く老舗を若き5代目が継いだのは24歳の時。理由は先代の急逝だった。伝統を守りながらより高みを目指し、今35歳。
予約困難な名店、東京・四ツ谷の『すし匠』で約15年、腕を磨いた店主が作り出す「ばらちらし」。30種類以上のネタが美しく盛られ、それらが響き合うハーモニーは見事のひと言だ。
価格高騰のため、大手チェーンからは姿を消しつつあるウニ。もう100円では手が届かない……(泣)。
立ち食いだからと侮るなかれ。常時40~50揃うネタにはヅケもあれば煮ハマと言ったものまで用意。
フルーツブランデーは果物から造られるヨーロッパの蒸留酒だが、日本では認知度の低い存在。世界的にも専門バーはほとんどないという。
創業は戦後間もなく。料亭からはじまり40年ほど前から、関西風うどんすきを出しはじめた。色とりどりの具材は、鶏肉、ハマグリ、湯葉、練り物、野菜など約20種類。
三軒茶屋のすずらん通り沿いにあるバー。3階はオーセンティックなバーだが、2階はクラフトジンを中心としたボタニカル・バーで、雰囲気も接客もカジュアル。
一歩入れば"榎本劇場"の始まりである。音楽は寿司屋らしからぬジャズ。目の前で活きエビを捌いて握るなどカウンターで熟練の技を魅せるのは店の主、榎本さんだ。軽妙な語りも加わり客の気分を盛り上げてくれる。
2016年に開業するや、『ミシュランガイド東京』で、2018、2019一ツ星を獲得した南俊郎シェフの店。テイクアウトで点心や中国茶を販売。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt