MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
すしの磯一(寿司/南柏)

すしの磯一(寿司/南柏)

 「寿司屋では緊張せずに、楽しんでいただきたいんです」と語る二代目。店内は手作りのメニューや大漁旗が飾られ、誰でもくつろげる雰囲気だ。

すしの磯一(最寄駅:南柏駅)

笑顔集まるアットホームな空間で南房総の旬を味わう

南房総の地魚を味わってもらおうと、館山船形漁港で獲れたものを多く仕入れる。シャリは減農薬の茨木産コシヒカリを農家から直送し、届いてから精米を行うのだとか。そのためふっくらみずみずしく、魚が持つ脂のうまみをしっかり受け止める。醤油は酒やみりん、昆布やかつお節などを加えた自家製のだし醬油。ひと手間くわえることでまろやかな塩気が生まれ、魚の風味を高める。味の細部にこだわる気配りにあふれた寿司を、のびのびと堪能できること請け合い!

大将厳選極十貫にぎり(天然本鮪大トロ、活つぶ貝、天然真鯛、活赤貝、うに、天然本鮪中トロ、さわら、車海老、自家製煮穴子、いくら)
3980円

新鮮な上、大ぶりなネタで供される

メヒカリ唐揚げ
780円

地物のメヒカリを丸ごと唐揚げに。冷めても衣はさくっ、身はふんわり

館山船形漁港直送おまかせ刺身3点盛り、日本酒地酒
1280円、1合580円~

左から全て地物のカツオ、カマス、アジ。カツオのわら焼きはシャリと同じわらを使い、感動的な風味

すしの磯一の店舗情報

[住所]千葉県流山市向小金4-21-79 [TEL]04-7174-1505 [営業時間]11時半~14時(コースのみ予約可)、17時~22時(21時半LO)※ランチタイム有 [休日]木、第1、第3水 [席]カウンターあり、全22席/カウンターのみ禁煙/予約可/カード可/お通し代400円別 [交通アクセス]JR常磐線南柏駅東口から徒歩12分 ※「磯一」の価格は税抜きになります ※にぎりのネタは仕入れにより変更になることがあります


電話番号 04-7174-1505

撮影/宮城夏子 取材/赤谷まりえ

2018年11月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
店に入ると左手にカウンター、右手にゆったりしたテーブル席。気楽に居酒屋使いもできるのがうれしいところだ。
歌舞伎座のほど近く、昭和通り沿いに建つビルの5階。今年3月26日にオープンしたこの店で味わえるのは、六本木の名店『山海』で名を馳せた職人・山崎正夫氏の握る、正統的かつ遊び心を感じさせる見事な寿司だ。
目黒に最高のマグロを出す寿司屋がある。それも今風の高級店ではなく、昔ながらの風情漂う昭和の小さな老舗である。
ネタとシャリが織りなす、この上ない一体感に惚れ惚れするような握りだ。まずはシャリ。
鎌倉は由比ヶ浜で人気の古民家の蕎麦屋『鎌倉 松原庵』。その趣と味を持ち込み、表参道のけやき並木を見下ろす空間は、一瞬どこにいるか忘れる風情だ。
希少部位の握りに、目の前で炙った赤身の七輪焼き。とび切りの黒毛和牛をハイコスパで味わうならば、ここを訪れるべし!
ドイツで100年以上愛されているバウムクーヘン。卵、バター、小麦粉など素材の味が広がる素朴な美味しさは万人受け間違いなし。
創業して52年目。 その老舗そば店は、京都洛北の大幸寺にルーツがある。 時代は江戸まで遡る。300年以上伝承されてきた「そば打ち秘伝」「つけ汁仕立て御式」を受け継いだのが「そばよし LINKS UMEDA店」だ。
性格が子どもじみているのかもしれないが、私は混ぜる食べ物が大好きである。 そんな混ぜるの大好き! おっさん女子的に混ぜたい食べ物の王道は、石焼ビビンバだ。 そして吉祥寺で石焼ビビンバを食べるのは、ダイヤ街のビルの2階にある『D韓』です。 食べ盛りの若い男子は、ランチ食べ放題がおすすめだよ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt