MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
鮓 廣瀬(寿司/広尾)|なんとマグロがない!?西麻布の上質で美味しいネタが評判のお寿司屋!

鮓 廣瀬(寿司/広尾)|なんとマグロがない!?西麻布の上質で美味しいネタが評判のお寿司屋!

一風変わった寿司屋だ。何せ花形のマグロがない。

鮓 廣瀬(最寄駅:広尾駅)

増幅される旨み、甘み、香り奥深き〆の世界

何がそこまで客を唸らせるかといえば〆の技。それも店主の廣瀬さんが編み出した独自の手法だ。魚の鮮度や脂のりなどを見て塩加減や〆る工程、時間を調整する。例えば昆布〆に使うのは利尻のほか、特別に入手する削った後の板状のおぼろ昆布。脂がのる太刀魚などは塩を振り炙ってから皮目に力強い酸味の利尻を、身側は風味穏やかなおぼろを使い、全体の旨みを調和させる。かと思えば淡泊な平目などは皮も身も利尻で甘みを凝縮。複雑な計算と勘で完成させるのだ。店名に古来の「鮓」を使うのは全て仕事をしたネタだから。華はないかもしれない。が、感動がある。恐るべし、〆。

握りお好み8貫(金目鯛、イワシ、サンマ、のどぐろ、春子鯛、アジ、焼き鯖、太刀魚)
8000円前後

全てのネタはまず塩を振り、その後魚により炙ったり酢や昆布で〆たり。ほかにも皮が旨いカンパチなどは塩を振って皮目を炙り、醤油でサッと〆る醤油〆も。「生で握るマグロは刺身と同じなので出さない。マグロは好きですけど(笑)」と廣瀬さん

つまみ4品
14040円のおまかせコースより

じゃがいもソーメンやトマトのジュレなどつまみも秀逸

穴子3種
14040円のおまかせコースより

穴子は白焼き、醤油煮、白煮の3種

お店からの一言

店主 廣瀬隆司さん

「お客様の反応はさまざま、ハマる方はハマります」

鮓 廣瀬の店舗情報

[住所]東京都港区西麻布4-5-8 La西麻布2階 [TEL]03-5466-2377 [営業時間]18時~23時 [休日]水 [席]カウンターあり、全19席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]地下鉄日比谷線広尾駅4番出口から徒歩7分


電話番号 03-5466-2377

撮影/鵜澤昭彦 取材/肥田木奈々

2018年11月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
店に入ると左手にカウンター、右手にゆったりしたテーブル席。気楽に居酒屋使いもできるのがうれしいところだ。
歌舞伎座のほど近く、昭和通り沿いに建つビルの5階。今年3月26日にオープンしたこの店で味わえるのは、六本木の名店『山海』で名を馳せた職人・山崎正夫氏の握る、正統的かつ遊び心を感じさせる見事な寿司だ。
目黒に最高のマグロを出す寿司屋がある。それも今風の高級店ではなく、昔ながらの風情漂う昭和の小さな老舗である。
ネタとシャリが織りなす、この上ない一体感に惚れ惚れするような握りだ。まずはシャリ。
こんなネタケース見たことない。定番、高級魚、京野菜と端から端まで美味の宝庫。
今回はパスタについてのお話。なので、紹介する商品が必ずしもベストな選択ではないかもしれないけれど、「ダイエット中の炭水化物はパスタもおすすめですよ〜」、「パスタを選ぶときはここに注意しましょう!」といった話をしますので、ぜひ参考にしてください。
373views 脱メタボ
和食の安在さん、イタリアンの中澤さん。このふたりがキッチンから得意技を繰り出す、ちょっと個性的な店だ。
前身の醤油屋から合わせると120年以上の歴史を持つ老舗だ。だが、店構えにも店内にも堅苦しさはまったくない。
小学校時代、私はトーストしていない食パンが大嫌いだった……。 そして小学校を卒業する時に誓ったのでした……。「もうトーストしていない食パン(サンドイッチは除く)は二度と食べない!」と。 しかし、今は21世紀で、令和で、食パンブーム……。 最近、生で食べても美味しい“生食パン”っていうのがあるらしいじゃない……!
話題のブティックホテルの1階ラウンジにあるバーは、従来のホテルバーとは全く異なる開放的な空間。オリジナルカクテルはチーフバーテンダー・齋藤隆一さんと水岸直也さんによるもので、環境への配慮や地元貢献など、ホテルの5つのコンセプトに沿ってデザインされている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt