MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
鮨 からく(寿司/銀座)|銀座駅スグ!リーズナブルな値段でランチを楽しめる本格的な寿司屋♪

鮨 からく(寿司/銀座)|銀座駅スグ!リーズナブルな値段でランチを楽しめる本格的な寿司屋♪

 穴子は、お魚マイスターの資格を持つ魚屋から、東京湾に面した金沢八景のものを使用。ふっくらと柔らかな身質を味わってほしいと、開店以来30年継ぎ足した煮汁で煮上げしたものを握る。

鮨 からく(最寄駅:銀座駅)

継ぎ足す煮汁で煮上げ、濃厚なツメを“のせる”渾身の江戸前穴子

シャリには香り付けですりおろしたゆずの皮をつけ、穴子には濃厚で粘性のある煮ツメをちょんと“のせる”。こうして仕事がされた握りを口に含めば、ツメの甘み、ネタの旨み、シャリから感じるゆず香と酸味が渾然一体となる。国際ワイン教育機関 「WSET」認定のソムリエ資格を持つ店主・戸川さん曰く「江戸前鮨とワインはよく合います」。お供にぜひ。

蒸し鮑、穴子
1200円、800円

夜の握り。シャリを覆う穴子。蒸しアワビは厚みがありながらも柔らか

(昼)限定握り(干瓢巻き、たいのゴマ醤油、まぐろのづけ、煮穴子)
2500円

昼限定の握りの盛り合わせ。ねっとりした舌触りがたまらないヅケ。ゴマの風味が鮮烈なタイも、舌にまとわりつくほどねっとり。車エビと芝エビのおぼろと巻いたかんぴょう巻きも美味

お店からの一言

店主 戸川基成さん

「ワインと楽しむ
ペアリングコースも
オススメです」

鮨 からくの店舗情報

[住所]東京都中央区銀座5-6-16 西五番館ビル地下1階 [TEL]03-3571-2250 [営業時間]12時~14時、17時半~22時、土12時~15時、17時半~21時半 ※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]カウンター13席、個室18席、全31席/全席禁煙/予約可/カード可/昼はサ・お通し代なし、夜はサ10%、お通し代なし [交通アクセス]地下鉄銀座線ほか銀座駅B3出口から徒歩1分


電話番号 03-3571-2250

撮影/小島 昇 取材/編集部

2018年11月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「マグロが好きで寿司職人になった」と話す店主の本多さんが頑なにこだわり続けるのは、大間をはじめ日本近海で獲れる天然物の生本マグロ。色、艶、弾力、脂のり、それらを納得して仕入れる築地一の上物は神々しいまでに美しく、部位に切り分けて丁寧に処理を施す柵取りは「自分でやらなきゃ気が済まない」と笑う。
『ザ・リッツ・カールトン東京』の寿司店で料理長としてカウンターに立ち、国内外の客の舌を喜ばせてきた店主・朝妻さん。30年以上培った江戸前の技をさらに探求するため昨年11月に独立した。
日光街道沿いに続く商店街の脇道を進むと、ぽっと光がともる小さなお店が。「特上にぎり2500円」という値段からは想像を超えた極上のネタが登場し、舌を巻く。
「寿司屋の仕事の3分の2は仕込み」。そう語るのは、4代目の山縣正さん。
 寿司を握り続けて半世紀以上という店主の須田さん。鍛え抜かれた逞しい指先から生まれる、少し大きな握りには職人の気迫がみなぎっている。
サラリーマンがホッピーを酌み交わすここは、どう見ても大衆酒場。だがしかし、しかしですよ、テーブルには焼きとんとビストロ料理が共に並び、手渡される手書きリストにはレアなワインまでズラリ。
ユニークな素材をそれぞれ異なる餡で包んだ菓子9種類。抹茶餡+黒糖焼酎に漬け込んだレーズン、生姜入り白餡+蜂蜜餡など斬新な組み合わせだが、素材の味が餡と見事に馴染んでいる。
「マグロが好きで寿司職人になった」と話す店主の本多さんが頑なにこだわり続けるのは、大間をはじめ日本近海で獲れる天然物の生本マグロ。色、艶、弾力、脂のり、それらを納得して仕入れる築地一の上物は神々しいまでに美しく、部位に切り分けて丁寧に処理を施す柵取りは「自分でやらなきゃ気が済まない」と笑う。
JR東日本を利用している人にはおなじみのコンビニ、ニューデイズで購入したのが、今回紹介するアマタケの「サラダチキン ランチ」シリーズ。 目指したのは「主食になるサラダチキン!」で、ピザ味、鶏めし味といった炭水化物系のフレーバーを採用することで、主食を食べている気分になれるというものだ。
322views 脱メタボ
『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt