MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
Bar LIBRE(バー/池袋)|陶器で頂く“和”なカクテルが美味♪

Bar LIBRE(バー/池袋)|陶器で頂く“和”なカクテルが美味♪

 「今までにない味わいのカクテルを作りたい」という店主・清崎さんは、ベトナムにバーを2店舗持つ実力派。彼のカクテルをひと言で表すとすれば“組み合わせの妙”だろう。

Bar LIBRE(最寄駅:池袋駅)

陶器でいただくフルーツカクテルが絶品

そば茶、オレンジ、ウォッカを合わせた「ライク・ア・ジャパン」など、一見難しそうなマッチングもバランスが絶妙で、オレンジの甘い香りから、やがてそば茶の長い余韻へと導かれる。陶芸家とコラボした陶器のグラスで味わえるのも新鮮だ。

ハーベスト・トリップ
1400円

ジンベースに巨峰と山椒でアクセントをつけ、表面には木の芽とシュガークラフトを。すっきり飲みやすく、爽やか

抹茶×ペアフレーバーウォッカ
 

抹茶に洋ナシフレーバーのウォッカを合わせて魅力的な味わいに

ライク・ア・ジャパン
1400円

香ばしいそば茶とオレンジの組み合わせが見事!

お店からの一言

店主 清崎雄二郎さん

「お好きな果物のカクテルを作りますよ」

Bar LIBREの店舗情報

[住所]東京都豊島区西池袋3-25-8 相馬屋ビル地下1階 [TEL]03-5956-6406 [営業時間]18時~翌2時 [休日]無休 [席]カウンター7席、全15席/全席喫煙可/カード可/チャージ500円別 [交通アクセス]JR山手線ほか池袋駅西口から徒歩3分


電話番号 03-5956-6406

撮影/貝塚 隆 取材/岡本ジュン

2018年11月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
話題のブティックホテルの1階ラウンジにあるバーは、従来のホテルバーとは全く異なる開放的な空間。オリジナルカクテルはチーフバーテンダー・齋藤隆一さんと水岸直也さんによるもので、環境への配慮や地元貢献など、ホテルの5つのコンセプトに沿ってデザインされている。
“幕末、アメリカに派遣されたサムライたちが、アメリカの文化を持ち帰って日本にバーを開いたら……”というコンセプトでつくられた「ザ・エスジー・クラブ」。1階の「ガズル」はカウンター席の他、スタンディングもOKなオープンな空間。
 ジェラートとカクテルを楽しめるユニークな一軒。バーテンダーの高宮さん曰く「バーの仕事だけでなく、もっと幅広いスタイルにしたかったから」。
 見番横丁と交差する角に立つビストロパブ。ビールはもちろん、16歳からフランス料理を会得した店主・小貫友寛さんが作る料理も魅力だが、国産蒸留酒の品揃えにも注目!
日々の疲れがスッととれそうな、温かくも落ち着いた雰囲気のバー。いつものスタンダードカクテルもいいけど、たまには気分を変えたい……そんなときは、店主の山谷頼子さんに自分の好みに応じたコーヒーカクテルを作ってもらおう。
前身の醤油屋から合わせると120年以上の歴史を持つ老舗だ。だが、店構えにも店内にも堅苦しさはまったくない。
小学校時代、私はトーストしていない食パンが大嫌いだった……。 そして小学校を卒業する時に誓ったのでした……。「もうトーストしていない食パン(サンドイッチは除く)は二度と食べない!」と。 しかし、今は21世紀で、令和で、食パンブーム……。 最近、生で食べても美味しい“生食パン”っていうのがあるらしいじゃない……!
話題のブティックホテルの1階ラウンジにあるバーは、従来のホテルバーとは全く異なる開放的な空間。オリジナルカクテルはチーフバーテンダー・齋藤隆一さんと水岸直也さんによるもので、環境への配慮や地元貢献など、ホテルの5つのコンセプトに沿ってデザインされている。
ここではグルメライターが厳選した「銀座のおすすめカフェ」の情報をお届けします。ショッピングや食事を楽しんだら、ちょっと一息つきたくなるも。おいしいスイーツや甘味はもちろん、ランチタイムや夜にも利用できる、魅力の詰まったお店ばかりです!
店に入ると左手にカウンター、右手にゆったりしたテーブル席。気楽に居酒屋使いもできるのがうれしいところだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt