MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
大阪穴場グルメ_北京料理がメインの本格派の立ち呑みスタイルの中華バルがミナミでオープン!/大阪ローカル穴場メシ情報[58]

大阪穴場グルメ_北京料理がメインの本格派の立ち呑みスタイルの中華バルがミナミでオープン!/大阪ローカル穴場メシ情報[58]

心憎いお店がまたミナミの、それもスナックビルの地下にオープンした。 5月15日に開店したばかりの立ち呑みスタイルの中華バル「スタンド呑竜」だ。 このバル、値段は手ごろで、さらに料理も一級品……。

こりゃ、間違いなく流行る! 北京料理がメインの本格派の立ち呑みスタイルの中華バルがミナミでオープン!


心憎いお店がまたミナミの、それもスナックビルの地下にオープンした。

5月15日に開店したばかりの立ち呑みスタイルの中華バル「スタンド呑竜」だ。

店主の岡田竜昭さん(42)はこう言う。


「中華といっても北京や広東など、様々な料理がありますが、うちは北京料理がメインです。
ただ、個人的にはクセのある中華が好きなんですが、人の好みもあるので気持ちを抑えながら作っています(笑)。
東北料理になるんですが、羊肉クミン水餃子も人気の商品です」

こういってはなんだが、このバル、値段は手ごろでさらに料理も一級品。

真っ先に注文したのが「ちょっとアテ3種」(500円)と「ちょっと蒸し鶏3種」(580円)のスピードメニュー。


このまん中の「クラゲ辛味和え」が抜群にウマイ。

クラゲのシャキシャキとした食感とピリ辛が相まってビールをグイグイ。


たらふく飲んだ後でもこのアテはイケるで!

さらに「棒々鶏」「蒸し鶏椒麻ソース」「よだれ鶏」の蒸し鶏3種も実に個性的。

人の好みで、どれがいちばんか分かれるほど、すべてクオリティが高いメニュー。


立ち呑みだからこそ、この値段。

個人的には「よだれ鶏」が気に入ったかも……。


続けて定番の「エビチリ」(680円)をオーダー。



エビの下処理が良いのだろう。

プリプリとした食感の後にチリソースの辛味に続けてエビの甘さが追ってくる。

こうなってくると箸が止まらない。


「麻婆豆腐」(480円)と「特製焼き餃子」(280円)も追加や。


オーソドックスながらも風味が強くてコクもある。

日本人向けというより、若干中国寄り。

それがまたええねん。

辛めにもできるので辛党はそちらで。



餃子も言うに及ばず、とにかく調理が早くて美味。

深夜2時まで営業しているのも酒好きには好材料で、何度もリピートしたくなる中華だ。

それもそのはずだ。

店主も元来の酒好き。

昔はよく飲み歩きをしていたそうだ。


「もともとは王将からスタートしたんですが、その後も本格的な中華だったり、ずっと修業していたんです。
ここは地下なのでわかりづらい場所にあるんですが、隠れ家っぽいのが逆に好きで……。
立ち呑み好きが高じて、今はこのスタイルになったんです」



元はスナックの跡地。

それが中華バルに。


今回も、ええ穴場見つけたわ!


スタンド呑竜
[住所]大阪市中央区千日前1丁目6番10号 千寿ビルB1F
[TEL]06-6484-8898
[営業時間]16:00~翌2:00
[定休日]月曜







加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

このグルメ記事のライター
加藤慶@まとメシ

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
とにかくガツガツ食べて、グイグイ飲んでも実にお手ごろ価格。 大阪は日本橋の黒門市場にあるサムギョプサル専門店「黒門豚美人」は、日本在住の外国人やK-POP好きな女子から人気のお店だ……。
更新: 2019-10-18 16:00:00
バーや居酒屋の空き時間を間借りをする“ヤドカリ”がブームの大阪。 そんなヤドカリ戦国時代に、勝負に出た人物がいる。 あのカルト的な人気を誇る、シンガー「LEE-BEN」(リーベン)さんが、岸里にあるライブバー「SOLEIL」でヤドカリ。屋号は「Bastet Na-Na」(バステト ナーナ)という。
更新: 2019-09-28 14:26:24
キムチサンドと聞くと、「キムチとパンの相性はどうなの?」と訝しがる人もいるだろう。実は自分自身もそうだった。大阪だし、はじめはネタだろうと……。 「いやいやいや……!ホンマ旨いから」と周りが口をそろえて言うのが、関西ではたびたびテレビに登場する珈琲館「ロックヴィラ」だ。
更新: 2019-09-30 20:00:41
「とにかく何を食べても旨いねん!! あんなお店があったなんて驚きや」 そう言うと、周りの人たちも同じ反応。 「日本で韓国よりも美味しい韓国料理を食べたのは初めて」と韓国人女性までが言う。そのお店こそが、韓国家庭料理「鶴本家」だ……。
更新: 2019-09-09 16:00:00
新大阪にある「コナモンキッチン」はお好み焼きからステーキまで提供する人気店。 なかでも、この店で話題を呼んでいるのが「ぺったん焼き」。 お好み焼きの生地と具をまぜて、ぺたんこに薄く焼きあげた、この店のオリジナルメニューだ……。
更新: 2019-08-27 16:00:00
最新の投稿
「芸者新路」なんていう粋な名前の通りに佇む、創業20年の和食店。しかしこちら、これぞ隠れ家といった裏路地にはあるが、「しーん」とした店ではない。
更新: 2019-10-22 12:00:00
 今年ついに500店舗を突破し、回転寿司チェーンのなかでも絶好調の『スシロー』。直球から創作まで種類が豊富だが、それだけなら他の大手も同じ。
更新: 2019-10-21 12:00:00
別記事で“光り物”で大きく紹介している『銚子丸』だが、「サーモンにも絶対の自信があります」と胸を張る。自慢の「オーロラサーモン」は本場・ノルウェーでも最高品質と評判の「レロイ社」から空輸。
更新: 2019-10-21 11:50:00
 「今までにない味わいのカクテルを作りたい」という店主・清崎さんは、ベトナムにバーを2店舗持つ実力派。彼のカクテルをひと言で表すとすれば“組み合わせの妙”だろう。
更新: 2019-10-20 12:00:00
 今やレベルの高い店が揃うという意味で、フレンチ同様に注目を集める神楽坂イタリアンだが、創業16年のこちらはその象徴ともいえる存在。磨き上げられた木の床に糊の効いたクロスがかかったテーブルがゆったり配された店内は、正統派のリストランテの佇まい。
更新: 2019-10-19 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt