MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
大阪穴場グルメ_北京料理がメインの本格派の立ち呑みスタイルの中華バルがミナミでオープン!/大阪ローカル穴場メシ情報[58]

大阪穴場グルメ_北京料理がメインの本格派の立ち呑みスタイルの中華バルがミナミでオープン!/大阪ローカル穴場メシ情報[58]

心憎いお店がまたミナミの、それもスナックビルの地下にオープンした。 5月15日に開店したばかりの立ち呑みスタイルの中華バル「スタンド呑竜」だ。 このバル、値段は手ごろで、さらに料理も一級品……。

こりゃ、間違いなく流行る! 北京料理がメインの本格派の立ち呑みスタイルの中華バルがミナミでオープン!


心憎いお店がまたミナミの、それもスナックビルの地下にオープンした。

5月15日に開店したばかりの立ち呑みスタイルの中華バル「スタンド呑竜」だ。

店主の岡田竜昭さん(42)はこう言う。


「中華といっても北京や広東など、様々な料理がありますが、うちは北京料理がメインです。
ただ、個人的にはクセのある中華が好きなんですが、人の好みもあるので気持ちを抑えながら作っています(笑)。
東北料理になるんですが、羊肉クミン水餃子も人気の商品です」

こういってはなんだが、このバル、値段は手ごろでさらに料理も一級品。

真っ先に注文したのが「ちょっとアテ3種」(500円)と「ちょっと蒸し鶏3種」(580円)のスピードメニュー。


このまん中の「クラゲ辛味和え」が抜群にウマイ。

クラゲのシャキシャキとした食感とピリ辛が相まってビールをグイグイ。


たらふく飲んだ後でもこのアテはイケるで!

さらに「棒々鶏」「蒸し鶏椒麻ソース」「よだれ鶏」の蒸し鶏3種も実に個性的。

人の好みで、どれがいちばんか分かれるほど、すべてクオリティが高いメニュー。


立ち呑みだからこそ、この値段。

個人的には「よだれ鶏」が気に入ったかも……。


続けて定番の「エビチリ」(680円)をオーダー。



エビの下処理が良いのだろう。

プリプリとした食感の後にチリソースの辛味に続けてエビの甘さが追ってくる。

こうなってくると箸が止まらない。


「麻婆豆腐」(480円)と「特製焼き餃子」(280円)も追加や。


オーソドックスながらも風味が強くてコクもある。

日本人向けというより、若干中国寄り。

それがまたええねん。

辛めにもできるので辛党はそちらで。



餃子も言うに及ばず、とにかく調理が早くて美味。

深夜2時まで営業しているのも酒好きには好材料で、何度もリピートしたくなる中華だ。

それもそのはずだ。

店主も元来の酒好き。

昔はよく飲み歩きをしていたそうだ。


「もともとは王将からスタートしたんですが、その後も本格的な中華だったり、ずっと修業していたんです。
ここは地下なのでわかりづらい場所にあるんですが、隠れ家っぽいのが逆に好きで……。
立ち呑み好きが高じて、今はこのスタイルになったんです」



元はスナックの跡地。

それが中華バルに。


今回も、ええ穴場見つけたわ!


スタンド呑竜
[住所]大阪市中央区千日前1丁目6番10号 千寿ビルB1F
[TEL]06-6484-8898
[営業時間]16:00~翌2:00
[定休日]月曜







加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

このグルメ記事のライター
加藤慶@まとメシ

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
初めて訪れたときは、こんな場所に「お店が⁉」と正直驚いた。 言ってみれば鶴橋商店街のダンジョンから抜けてたどり着いた酒場という印象。 それが「よあけ食堂」だった……。 創業74年。長いカウンター席が特徴的で、一品料理から鍋、洋食など、さまざまな料理が楽しめる名店だ。
今から37年前、まだ大阪に餃子専門店と呼べる飲食店がなかった時代。先駆けて大阪で餃子を広めた人物がいた。 それが、関西でおなじみの有名CMソングを手掛ける作詞作曲家であり、ミュージシャンであり俳優の宇野山和夫さんだ。 そして、彼が37年前に開店した餃子専門店が「味奉行」なのだ……。
創業して52年目。 その老舗そば店は、京都洛北の大幸寺にルーツがある。 時代は江戸まで遡る。300年以上伝承されてきた「そば打ち秘伝」「つけ汁仕立て御式」を受け継いだのが「そばよし LINKS UMEDA店」だ。
レストランテのシェフやウェイターが常連。そんなお店がある。 彼らが足を運ぶ理由は通常より安価でワインを提供してくれるからだ。 そのお店こそが、大阪は東心斎橋にあるワインバー「Pinot Noir(ピノ・ノワール)」。 ワイン通の間では、実に知られたお店なのだ。
新春1回目のルポなので、この日のために温存していた実に華やかな企画を送りたい。 米沢牛を愛してやまない1人の男の物語でもある。 男の名は、黒田辰巳さん(40)。 泉北高速鉄道「光明池駅」から車で約10分の場所にある「焼肉くろちゃん」のオーナーだ。
初めて訪れたときは、こんな場所に「お店が⁉」と正直驚いた。 言ってみれば鶴橋商店街のダンジョンから抜けてたどり着いた酒場という印象。 それが「よあけ食堂」だった……。 創業74年。長いカウンター席が特徴的で、一品料理から鍋、洋食など、さまざまな料理が楽しめる名店だ。
ラム肉も豚肉もしゃぶしゃぶに程よい厚みにカットされ、食べ応えがあるのがうれしい。「北海道」だからか、ダシに入っている昆布が立派だった。
店主の杉本さんは“ラーメンの鬼”と呼ばれた故・佐野実氏の下で約4年間修業した経歴の持ち主。旨い一杯への情熱は師匠譲り。
静かな北鎌倉は夜になるといっそうひっそりとする。通りからさらに少し引っ込んだ『こころや』は、知らなければまず辿りつけない。
容器に入れてふりふりしてシェイクするだけで、素早くホイップクリームができる! 可愛くデコレーションできちゃう!! 「ふりふりクリームメーカー」なるものを、ダイソーで見つけました! 『素早く!』ってことなので、さっそくチェキってみたばい!!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt