MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
大阪穴場グルメ_サムギョプサルやチヂミなどの韓国料理が食べ飲み放題で2960円(税別)/大阪ローカル穴場メシ情報[59]

大阪穴場グルメ_サムギョプサルやチヂミなどの韓国料理が食べ飲み放題で2960円(税別)/大阪ローカル穴場メシ情報[59]

とにかくガツガツ食べて、グイグイ飲んでも実にお手ごろ価格。 大阪は日本橋の黒門市場にあるサムギョプサル専門店「黒門豚美人」は、日本在住の外国人やK-POP好きな女子から人気のお店だ……。

こんなに安くてええの!? サムギョプサルやチヂミなどの韓国料理が食べ飲み放題で2960円(税別)


とにかくガツガツ食べて、グイグイ飲んでも実にお手ごろ価格。

大阪は日本橋の黒門市場にあるサムギョプサル専門店「黒門豚美人」は、日本在住の外国人やK-POP好きな女子から人気のお店だ。

オープンするとすぐに満席。

人気の秘訣は、サムギョプサルやトッポギなどが食べ放題でたったの1980円だからだ。

飲み放題も980円という値段で、しかもサムギョプサルを焼くテーブルさえ、韓国から運んできた。

安いだけでなく、徹底的にこだわっているのだ。



水晶板で焼かれる「サムギョプサル食べ放題コース」(1980円)には、肉の食べ放題のほかに最初からキムチやチヂミなどが用意されている。



右からネギサラダに、ナムル盛り、キムチ盛り、そしてチジミ。

いやいや、これだけではない。


トッポギに加えて、韓国風おにぎり、野菜盛りまでセットなのだ。



サイドメニューだけでけっこうな満腹感となるが、メインはサムギョプサル。



豚バラと豚ロースと同時に、キムチとにんにくをギッシリ敷き詰めて焼く。

肉汁がキムチに滴って、旨味が増す。

これがサムギョプサルの特徴だ。



チシャに肉とネギ、キムチ、にんにくをのせてコレをひと口。

なんぼでも食べれてまうわ!

食べ放題なので肉以外も追加が可能。



だが、この日はバラ肉を2枚を追加。

豚肉というと量を食べられそうにないが、野菜と一緒だと思いのほか、しつこくない。

2時間たっぷり、最後まで肉を食べ尽くしたのだ。

ちなみにお酒の飲み放題はビールやハイボール、酎ハイからチャミスル、マッコリなどがある。


実に実に、財布に優しいお店なのだ。


黒門豚美人
[住所]大阪市中央区日本橋2-11-5
[TEL]06-4396-1777
[営業時間]17:00~23:00
[定休日]無休








加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

このグルメ記事のライター
加藤慶@まとメシ

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
そろそろ鍋が恋しくなる時期だろう。 悩んだ末、訪れたのは今里にある韓国炉端「万宝家」(マンボーチップ)。生野で家庭的な韓国料理が食せる名店だ……。
心憎いお店がまたミナミの、それもスナックビルの地下にオープンした。 5月15日に開店したばかりの立ち呑みスタイルの中華バル「スタンド呑竜」だ。 このバル、値段は手ごろで、さらに料理も一級品……。
バーや居酒屋の空き時間を間借りをする“ヤドカリ”がブームの大阪。 そんなヤドカリ戦国時代に、勝負に出た人物がいる。 あのカルト的な人気を誇る、シンガー「LEE-BEN」(リーベン)さんが、岸里にあるライブバー「SOLEIL」でヤドカリ。屋号は「Bastet Na-Na」(バステト ナーナ)という。
キムチサンドと聞くと、「キムチとパンの相性はどうなの?」と訝しがる人もいるだろう。実は自分自身もそうだった。大阪だし、はじめはネタだろうと……。 「いやいやいや……!ホンマ旨いから」と周りが口をそろえて言うのが、関西ではたびたびテレビに登場する珈琲館「ロックヴィラ」だ。
「とにかく何を食べても旨いねん!! あんなお店があったなんて驚きや」 そう言うと、周りの人たちも同じ反応。 「日本で韓国よりも美味しい韓国料理を食べたのは初めて」と韓国人女性までが言う。そのお店こそが、韓国家庭料理「鶴本家」だ……。
 明治10年に魚市場で開業し、市場の移転と共に現在の場所へ。代々築いてきた信頼のもとに、厳選された旬の魚介を優先的に仕入れられるのが強みだ。
日々の仕事の不条理から生じる“やってらんない”感は、食べ物にそれなりのお金を投入&満足度を加速させ、自分を甘やかす作戦のおっさん女子です。 吉祥寺にはケーキ屋、カフェ、喫茶店などがムダにたくさんあるため、スイーツ入手には事欠かないのですが、今回は、やってらんない感を解消するためのスイーツを紹介します!
兵庫県西宮市で12年、関西のうどん好きを唸らせた店が東京進出。「青山ビルヂング」のレストランフロア「青山一番街」に出店を果たした。
 父親が中国人、母親が日本人という店主の揚原さんにとって、身近な存在だった水餃子。「もっと気軽に水餃子を食べてほしい」と、昨年8月にカフェスタイルでオープン。
おしゃれで色んなジャンルの飲食店が集まっている神楽坂エリアの「お得ランチ」を一挙ご紹介!おとなの週末のグルメライターが実食調査した結果、夜は敷居が高いけれど、お昼になら入りやすい和食店、高級な肉、イタリアンなどがたくさん見つかりました!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt