MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
水炊き 鼓次郎(焼き鳥・鶏料理/田町)|連日予約殺到!自慢の鶏スープで身体ポカポカお肌ツルツル☆

水炊き 鼓次郎(焼き鳥・鶏料理/田町)|連日予約殺到!自慢の鶏スープで身体ポカポカお肌ツルツル☆

久我山にある名居酒屋『器楽亭』が昨年オープンさせた博多水炊きの専門店。鶏ガラをずんどう鍋で7~8時間かけて強火で炊いた濃厚スープを、まずはひと口。

水炊き 鼓次郎(最寄駅:田町駅)

連日予約殺到濃厚鶏スープの旨さに思わず「くぅ~!」

鶏の滋味をぎゅっと凝縮したような、奥深~いコクに圧倒されるだろう。続いて弾力あふれる大山どりのモモ肉と、二度挽きしてから軟骨を仕込んだ自家製つくねを堪能したら、最後は野菜。このスープがしみ込んだキャベツやネギがこれまた旨し! 日本酒はすべて均一価格で、グラスをチェンジしなければ540円とお手頃。ついつい飲み過ぎてしまうのだ。

水炊き(2人前)
5400円

くつくつ煮込めば、鶏肉やつくねから旨みがあふれ、さらに味わいが深まっていく。スープ自体に味つけしていないため、客が好みの塩梅で藻塩を加える。テーブルには鶏肉や野菜と相性バッチリの酢醤油も用意

鶏のカラアゲ
540円

片栗粉をまとわせ、表面はカリッと、なかはジューシー。特大サイズでボリューム満点

〆ラーメン
432円

博多とんこつを思わせるストレートな極細麺で喉ごし抜群。程よいコシもあり、まるでラーメン専門店で食すような完成度の高さに、ついついオカワリ! 好みで薬味の青ネギやモミジおろしを添えて

お店からの一言

店長 藤岡誠治さん(左)、スタッフ 髙橋創次さん

「自慢の鶏スープで身体もポカポカお肌もツルツル」

水炊き 鼓次郎の店舗情報

[住所]東京都港区芝浦1-14-17 布川ビル [TEL]03-6435-4840 [営業時間]17時~23時(22時LO) [休日]日 [席]カウンターあり、全33席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し代432円~ [交通アクセス]JR山手線ほか田町駅東口から徒歩5分


電話番号 03-6435-4840

撮影/小島 昇 取材/菜々山いく子

2018年12月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 大将が炭火を微調整しながら焼き上げる姿に見惚れてしまった。コースでオーダーした焼鳥の「ささみ」や「砂肝」の絶妙な塩気、「もも肉」や「ねぎ巻」などはしっかりめの焼き具合で供され、熱々を頬張ればあふれ出てくる旨さに感動。
この店の真骨頂を知るならば、まずはコースを注文したい。和食で経験を積んだ店長が腕によりをかけた前菜や一品料理は、食材の滋味を引き出した繊細な味わい。
「肉は骨付きがウマい」が店主・水野さんの信条だ。身の柔らかなひな鳥を米油でじっくり火入れした素揚げが看板のひとつ目。
筋肉質な食感を楽しんでほしいと、使用するのは熊野地鶏のオスのみ。炭火でパリッと焼かれた皮の歯ざわり、高反発な肉質に驚かされる。
坊主頭にねじり鉢巻きが清々しい、店主の阿部友彦さん。目黒の名店「鳥しき」で修業を積み、2016年に独立。
大正時代から続く老舗を若き5代目が継いだのは24歳の時。理由は先代の急逝だった。伝統を守りながらより高みを目指し、今35歳。
厳選の国産米を4時間以上かけて炊いたおかゆを12種類提供。看板商品の「POPEYE」(950円)は、ほうれん草のおかゆ。
かつての学芸大学から移って5年、白金高輪の地に隠れ家のような面持ちである店は、きれいな空気感がある。ほんのり甘くダシが品よく利いた玉子焼きしかり、プリッとしたエビとイカをサクッと軽く揚げたかき揚げしかり。
住宅街の奥深くに佇む『ターキー』。初めてでは見つけにくいけれど、各地から熱烈ファンが訪れる街中華の名店だ。
吉祥寺飲み&家飲みをしないおっさん女子だったが、最近では吉祥寺昼飲みを解禁した。 理由は“もーやってらんない”自分を、さらに甘やかすため。 休日の昼飲みは、居酒屋系のおっさん女子ですが、平日はオシャレ系です。しかもビールを飲んどります! 

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt