MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
和牛創作 四一一(すき焼き・しゃぶしゃぶ/恵比寿)|贅沢で豪華なしゃぶしゃぶを食べたい人にオススメ!

和牛創作 四一一(すき焼き・しゃぶしゃぶ/恵比寿)|贅沢で豪華なしゃぶしゃぶを食べたい人にオススメ!

鍋に入るのは白濁の濃厚スープ。何のダシだと思います?

和牛創作 四一一(最寄駅:恵比寿駅)

恍惚の牛テールのスープで黒毛和牛の各種部位を食べ比べ

答えは牛テール。そう、煮込んだ牛テールと香味野菜に鰹ダシを加えたスープで味わうレアな牛しゃぶがコレなのだ。淡路の玉ネギをどっさり入れ、その甘みと共に楽しむ肉の旨さといったらもう絶句。しかもイチボやブリスケなどA4・A5ランクの黒毛和牛の希少部位を食べ比べできると聞けば、がぜん胃袋も興奮する。次第にとろみが増すスープは一滴残さず飲み干したくなるほど溺愛必至だ。てことでお替わりする客続出。普通の牛しゃぶに飽きたら恵比寿へ急げ!

牛テールスープしゃぶしゃぶ上(写真は2人前)
1人前 2980円

牛テールスープは約10種類の野菜と共に10時間以上煮込んだもの。牛肉に軽く火を通し、スープと一緒に味わう。味変で「パクチーだれ」などのせダレも

炙り牛といくらの肉寿司
1貫 600円

軽く炙ったイチボでイクラと酢飯を巻く人気の品

牛肉ぎょうざ
500円

牛モモ肉を使う餡には牛テールスープのジュレを入れてジューシーに仕上げる

〆の麺

500円

定番の〆はラーメン。ちぢれの太麺でスープがよく絡む

お店からの一言

総料理長 大堀悟さん(右)、スタッフ 中園健一さん

「同じ恵比寿に昨年オープンしたはなれもあります」

和牛創作 四一一の店舗情報

[住所]東京都渋谷区恵比寿3-29-16 ABC ANNEXビル5階 [TEL]03-6277-4429 [営業時間]17時~翌2時(1時LO) [休日]無休(年末年始は休み) [席]カウンターあり、個室あり、全40席/喫煙可/予約可/カード可/サなし、お通し代500円別 [交通アクセス]JR山手線ほか恵比寿駅東口から徒歩8分


電話番号 03-6277-4429

撮影/鵜澤昭彦 取材/肥田木奈々

2018年12月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
8年ほど前から提供しているという名物の「雲丹しゃぶしゃぶ」は今も変わらずこの店の代名詞。目にも鮮やかなオレンジ色のウニスープで、鯛やホタテなど海鮮を味わう鍋。
柔らかな肉と多彩な野菜類に心浮き立つが、特筆すべきはそれらを引き立てる季節限定を含む7種類の鍋スープ、6種類ほどのタレと10種類以上揃う薬味たち。様々な組み合わせを試せて多様な味を楽しめる。
「食べ放題だから行く」ではなく、「ここのしゃぶしゃぶが食べたいから行く」。そう言い切れるのが、この『鍋ぞう』だ。
京都寺町三条と打てば、自動的に『すき焼き 三嶋亭』と続くぐらいに知られた名店。ここでは熟達の仲居さんが一枚ずつ選び抜かれた牛肉を調理してくださいます。
割り下を鍋に少量注ぎ、肉を一枚ずつ焼いて焼き目をほんのりつけながら、割り下の味がまとわりつくように加熱していく。この案配に一切の狂いがない。
今回はパスタについてのお話。なので、紹介する商品が必ずしもベストな選択ではないかもしれないけれど、「ダイエット中の炭水化物はパスタもおすすめですよ〜」、「パスタを選ぶときはここに注意しましょう!」といった話をしますので、ぜひ参考にしてください。
404views 脱メタボ
和食の安在さん、イタリアンの中澤さん。このふたりがキッチンから得意技を繰り出す、ちょっと個性的な店だ。
前身の醤油屋から合わせると120年以上の歴史を持つ老舗だ。だが、店構えにも店内にも堅苦しさはまったくない。
小学校時代、私はトーストしていない食パンが大嫌いだった……。 そして小学校を卒業する時に誓ったのでした……。「もうトーストしていない食パン(サンドイッチは除く)は二度と食べない!」と。 しかし、今は21世紀で、令和で、食パンブーム……。 最近、生で食べても美味しい“生食パン”っていうのがあるらしいじゃない……!
話題のブティックホテルの1階ラウンジにあるバーは、従来のホテルバーとは全く異なる開放的な空間。オリジナルカクテルはチーフバーテンダー・齋藤隆一さんと水岸直也さんによるもので、環境への配慮や地元貢献など、ホテルの5つのコンセプトに沿ってデザインされている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt