MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
牡蠣と、和食。 イッコク。(和食/渋谷)|ふっくら牡蠣をダシにくぐらせれば舌に伝わる旨みがさらに広がる!

牡蠣と、和食。 イッコク。(和食/渋谷)|ふっくら牡蠣をダシにくぐらせれば舌に伝わる旨みがさらに広がる!

オイスターバーから、和食に特化して牡蠣を楽しめるようにしたお店。生牡蠣や焼き牡蠣の他、牡蠣しゃぶや牡蠣のすき焼きなどの鍋物を気軽に楽しめる。

牡蠣と、和食。 イッコク。(最寄駅:渋谷駅)

しゃぶしゃぶには、熱を通しても身が固くなりすぎない特殊な冷凍技術を施した兵庫県産牡蠣を使用。カツオ節や昆布などのダシにさっとくぐらせ、日向夏使用のポン酢で味わう。口の中で牡蠣やブリ、ホッケから出た旨みがぶわっと広がり、九条ネギとの相性も抜群。牡蠣に合う日本酒は常時30種あり、少量から楽しめるので杯を置く暇もないかも⁉︎

牡蠣と天然ブリと天然ホッケのしゃぶしゃぶ
2000円

熱々のダシにくぐらせても、身の端まで柔らかでジューシー

秋田稲庭うどん
500円

残ったダシは、蕎麦猪口に入れてうどんのつけ汁に。滑らかな麺に風味豊かなダシがよく合う

牡蠣と黒毛和牛の一口すき焼き
750円

牡蠣を黒毛和牛の布団で包んだ、贅沢な一品。甘辛いタレが、牡蠣と牛肉の味わいを際立たせる

お店からの一言

店長 秋山康平さん

「新鮮な牡蠣と広口グラスで楽しむお酒の組み合わせをぜひお試しください」

牡蠣と、和食。 イッコク。の店舗情報

[住所]東京都渋谷区円山町6-3 サンハイツ道玄坂102 [TEL]03-6416-9281 [営業時間]11時45分~14時半LO(月~金)、月・火17時~23時半LO、水~土17時~翌4時、日・祝17時~22時LO ※ランチタイム有 [休日]不定休 [席]カウンターあり、全18席/全席禁煙/予約可(ディナーのみ)/カード可/サ300円、お通し代500円別 [交通アクセス]井の頭線ほか渋谷駅道玄坂上マークシティー出口から徒歩2分


電話番号 03-6416-9281

撮影/瀧澤晃一 取材/赤谷まりえ

2018年12月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
約40年前の創業時からの看板料理があんこう鍋。毎年10月から始まるこの鍋を、今や遅しと待ち構える客の予約が殺到するのだ。
毎朝仕入れる地魚を使った料理に定評あり。なかでも、鎌倉で水揚げされたしらすをたっぷりのせた海鮮丼が名物で、3~12月は生しらすも味わえる。
荒木町のスナックビルの2階奥にある、小さな和食屋。10席のこぢんまりした店内で、秋田出身の亭主が温かくもてなす。
店に入ると目に飛び込んでくるのが、じっくり煮込まれた「和牛黒煮込み」の大鍋。ビロードのような美しい光沢感にノドが鳴ること間違いなし。
低カロリー、低コレステロールで注目のラム肉。それもあってか、ここ1、2年でジンギスカン店や専門店が増え、ブーム再燃の兆しだ。
大正時代から続く老舗を若き5代目が継いだのは24歳の時。理由は先代の急逝だった。伝統を守りながらより高みを目指し、今35歳。
厳選の国産米を4時間以上かけて炊いたおかゆを12種類提供。看板商品の「POPEYE」(950円)は、ほうれん草のおかゆ。
かつての学芸大学から移って5年、白金高輪の地に隠れ家のような面持ちである店は、きれいな空気感がある。ほんのり甘くダシが品よく利いた玉子焼きしかり、プリッとしたエビとイカをサクッと軽く揚げたかき揚げしかり。
住宅街の奥深くに佇む『ターキー』。初めてでは見つけにくいけれど、各地から熱烈ファンが訪れる街中華の名店だ。
吉祥寺飲み&家飲みをしないおっさん女子だったが、最近では吉祥寺昼飲みを解禁した。 理由は“もーやってらんない”自分を、さらに甘やかすため。 休日の昼飲みは、居酒屋系のおっさん女子ですが、平日はオシャレ系です。しかもビールを飲んどります! 

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt