MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
小ざさ(テイクアウト・手土産/吉祥寺)|創業65年!「幻の羊羹」は行列覚悟の超人気商品!

小ざさ(テイクアウト・手土産/吉祥寺)|創業65年!「幻の羊羹」は行列覚悟の超人気商品!

早朝から並ばないと手に入らない吉祥寺の名物羊羹。1日150本(1人3本まで)限定なのは、小さな鍋を使い、木炭でじっくりと小豆を炊く製法で、作る量に限りがあるため。

小ざさ(最寄駅:吉祥寺駅)

伝統の手法を守る入手困難な羊羹は特別感のあるギフト

きめ細かく、ねっとりとした羊羹は、すっきりと上品な甘さで後味が心地よい。

羊羹
760円(1本)

小ざさの店舗情報

[住所]東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-8 [TEL]0422-22-7230 [営業時間]10時~19時半 [休日]火 [交通アクセス]JR中央線ほか吉祥寺駅北口から徒歩2分
●オンラインショップ/なし ●日持ち/常温で5ヶ月 ●予約/不可(朝8時15分から整理券配布)


電話番号 0422-22-7230

撮影/石井明和 文/井島加恵 スタイリング/タカハシユキ

2018年12月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
岩手県内で有数のぶどう産地を誇る紫波町のワイナリーが手掛ける100%ストレートジュース。秋に収穫したぶどう(キャンベル)を搾り6ヶ月間じっくり熟成。
取り扱うのはあんぱんのみ。シンプルなものも美味しいが、人気は写真の2品。東京駅外壁のレンガを模した「東京レンガぱん」の中は、こしあんと白あん入り特製ホイップクリーム。
包装紙に数字がプリントされ、No.1~12まで味は全12種類。無添加・無着色・無香料のキャラメルに異なるフレーバーが溶け合い、濃厚な風味ととろけるような甘さを楽しめる。
六本木「おつな寿司」の暖簾分けで1927年創業。当時から注ぎ足し使っている煮汁、半年間熟成させる合わせ酢や、香り高い高知産ユズで作られるおいなりさんは、まろやかで優しい味わい。
米粉を加えもっちりと仕上げた生地でつぶ、あずき、白いんげんの餡を挟んだ小ぶりのどら焼き「たいよう」。写真のしっとり生地のクッキーでプレーンと抹茶の餡を挟んだ「つき」。
今回はパスタについてのお話。なので、紹介する商品が必ずしもベストな選択ではないかもしれないけれど、「ダイエット中の炭水化物はパスタもおすすめですよ〜」、「パスタを選ぶときはここに注意しましょう!」といった話をしますので、ぜひ参考にしてください。
400views 脱メタボ
和食の安在さん、イタリアンの中澤さん。このふたりがキッチンから得意技を繰り出す、ちょっと個性的な店だ。
前身の醤油屋から合わせると120年以上の歴史を持つ老舗だ。だが、店構えにも店内にも堅苦しさはまったくない。
小学校時代、私はトーストしていない食パンが大嫌いだった……。 そして小学校を卒業する時に誓ったのでした……。「もうトーストしていない食パン(サンドイッチは除く)は二度と食べない!」と。 しかし、今は21世紀で、令和で、食パンブーム……。 最近、生で食べても美味しい“生食パン”っていうのがあるらしいじゃない……!
話題のブティックホテルの1階ラウンジにあるバーは、従来のホテルバーとは全く異なる開放的な空間。オリジナルカクテルはチーフバーテンダー・齋藤隆一さんと水岸直也さんによるもので、環境への配慮や地元貢献など、ホテルの5つのコンセプトに沿ってデザインされている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt