MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
鮒佐(テイクアウト・手土産/浅草橋)|文久2年創業、佃煮専門店の老舗!大切な方への贈り物に…♪

鮒佐(テイクアウト・手土産/浅草橋)|文久2年創業、佃煮専門店の老舗!大切な方への贈り物に…♪

文久2(1862)年創業の一子相伝で伝統製法を守り続ける佃煮専門店。詰め合わせは昆布、ごぼう、アサリや海老、シラスが入る。

鮒佐(最寄駅:浅草橋駅)

ご飯の甘みが増すほど、キリッと醤油が利いた江戸の味

単品もあり、注文は50gごとに可能。本物の味がわかる粋な方にお持ちしたい。

佃煮・曲1号
2264円~(80g)

鮒佐の店舗情報

[住所]東京都台東区浅草橋2-1-9 [TEL]03-3851-7043 [営業時間]9時~17時 [休日]日・祝 [交通アクセス]JR総武線浅草橋駅東口から徒歩3分 ●オンラインショップ/なし ●日持ち/購入から20日。冷蔵で長期保存可 ●予約/可


電話番号 03-3851-7043

撮影/石井明和 文/市村幸妙 スタイリング/タカハシユキ

2018年12月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ユニークな素材をそれぞれ異なる餡で包んだ菓子9種類。抹茶餡+黒糖焼酎に漬け込んだレーズン、生姜入り白餡+蜂蜜餡など斬新な組み合わせだが、素材の味が餡と見事に馴染んでいる。
イタリア産を中心に、店主・新町さんが選び抜いた質・味わいともに群を抜く生ハム&サラミを取り揃える。12ヶ月熟成のクラテッロやローマにある有名店のコッパなど、その時々に食べ頃の6種を超薄切りで盛り合わせに。
抹茶の水羊羹とほうじ茶のゼリーで夏の夕べを表現!
サラリーマンがホッピーを酌み交わすここは、どう見ても大衆酒場。だがしかし、しかしですよ、テーブルには焼きとんとビストロ料理が共に並び、手渡される手書きリストにはレアなワインまでズラリ。
ユニークな素材をそれぞれ異なる餡で包んだ菓子9種類。抹茶餡+黒糖焼酎に漬け込んだレーズン、生姜入り白餡+蜂蜜餡など斬新な組み合わせだが、素材の味が餡と見事に馴染んでいる。
「マグロが好きで寿司職人になった」と話す店主の本多さんが頑なにこだわり続けるのは、大間をはじめ日本近海で獲れる天然物の生本マグロ。色、艶、弾力、脂のり、それらを納得して仕入れる築地一の上物は神々しいまでに美しく、部位に切り分けて丁寧に処理を施す柵取りは「自分でやらなきゃ気が済まない」と笑う。
JR東日本を利用している人にはおなじみのコンビニ、ニューデイズで購入したのが、今回紹介するアマタケの「サラダチキン ランチ」シリーズ。 目指したのは「主食になるサラダチキン!」で、ピザ味、鶏めし味といった炭水化物系のフレーバーを採用することで、主食を食べている気分になれるというものだ。
306views 脱メタボ
『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt