MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
パーク ハイアット 東京 デリカテッセン(テイクアウト・手土産/新宿)|拘り食材の絶品サンドイッチ&惣菜!

パーク ハイアット 東京 デリカテッセン(テイクアウト・手土産/新宿)|拘り食材の絶品サンドイッチ&惣菜!

程よい塩気と絶妙な肉の食感が特長のリエットは、バゲットにのせるだけで手軽に贅沢な一品に。軽く火を入れても美味で、ワインが欲しくなる味わいだ。

パーク ハイアット 東京 デリカテッセン(最寄駅:新宿駅)

上質な味はもちろん、可愛い容器も高ポイント!

差し入れや持ち寄りパーティーにもぴったり。

ポークリエット
2400円(1瓶・120g入)

パーク ハイアット 東京 デリカテッセンの店舗情報

[住所]

東京都新宿区西新宿3-7-1-2 パーク ハイアット 東京1階 [TEL]03-5323-3635 [営業時間]11時~19時 [休日]無休 [交通アクセス]JR山手線ほか新宿駅南口から徒歩12分 ●オンラインショップ/なし ●日持ち/製造日から冷蔵で2週間 ●予約/可


電話番号 03-5323-3635

撮影/石井明和 文/市村幸妙 スタイリング/タカハシユキ

2018年12月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
岩手県内で有数のぶどう産地を誇る紫波町のワイナリーが手掛ける100%ストレートジュース。秋に収穫したぶどう(キャンベル)を搾り6ヶ月間じっくり熟成。
取り扱うのはあんぱんのみ。シンプルなものも美味しいが、人気は写真の2品。東京駅外壁のレンガを模した「東京レンガぱん」の中は、こしあんと白あん入り特製ホイップクリーム。
早朝から並ばないと手に入らない吉祥寺の名物羊羹。1日150本(1人3本まで)限定なのは、小さな鍋を使い、木炭でじっくりと小豆を炊く製法で、作る量に限りがあるため。
包装紙に数字がプリントされ、No.1~12まで味は全12種類。無添加・無着色・無香料のキャラメルに異なるフレーバーが溶け合い、濃厚な風味ととろけるような甘さを楽しめる。
六本木「おつな寿司」の暖簾分けで1927年創業。当時から注ぎ足し使っている煮汁、半年間熟成させる合わせ酢や、香り高い高知産ユズで作られるおいなりさんは、まろやかで優しい味わい。
前身の醤油屋から合わせると120年以上の歴史を持つ老舗だ。だが、店構えにも店内にも堅苦しさはまったくない。
小学校時代、私はトーストしていない食パンが大嫌いだった……。 そして小学校を卒業する時に誓ったのでした……。「もうトーストしていない食パン(サンドイッチは除く)は二度と食べない!」と。 しかし、今は21世紀で、令和で、食パンブーム……。 最近、生で食べても美味しい“生食パン”っていうのがあるらしいじゃない……!
話題のブティックホテルの1階ラウンジにあるバーは、従来のホテルバーとは全く異なる開放的な空間。オリジナルカクテルはチーフバーテンダー・齋藤隆一さんと水岸直也さんによるもので、環境への配慮や地元貢献など、ホテルの5つのコンセプトに沿ってデザインされている。
ここではグルメライターが厳選した「銀座のおすすめカフェ」の情報をお届けします。ショッピングや食事を楽しんだら、ちょっと一息つきたくなるも。おいしいスイーツや甘味はもちろん、ランチタイムや夜にも利用できる、魅力の詰まったお店ばかりです!
店に入ると左手にカウンター、右手にゆったりしたテーブル席。気楽に居酒屋使いもできるのがうれしいところだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt