MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
にほん酒と肴 酔音(居酒屋/元住吉)|川崎市にある美味い酒が飲めるお店!酒に合う和の肴と一緒に楽しんで♪

にほん酒と肴 酔音(居酒屋/元住吉)|川崎市にある美味い酒が飲めるお店!酒に合う和の肴と一緒に楽しんで♪

何よりうれしいのは、カウンター内でせっせと働く店主夫妻の、誠実で、謙虚で、一生懸命な姿勢が見えること。だからだろうか、「日本酒を美味しく味わってほしい」との想いが詰まったこの小さな酒場は、常に客足の絶えない人気店だ。

にほん酒と肴 酔音(最寄駅:元住吉駅)

細く長く通いつづけたい幸せの酒場

3か所の酒屋から仕入れる酒はどっしり系から爽やかな味まで、古酒や味醂のハイボールもあったりして何とも心くすぐられる品揃えだし、料理も酒呑みが小躍りするものばかり。鴨の焼き浸しなど確かな技術の本格派があるかと思えば、唐揚げなど庶民派もあって振り幅は広い。が、あくまでも基本は酒に合う和の肴。目移りしながら「鶏シウマイもいってみようか」なんて迷うのも、幸せ。銘柄のラベル文字を模した酒の品書きを眺めてニンマリも、幸せ。小さな幸せがいくつも。これぞ通いたくなる名居酒屋だ。

シャインマスカットの白和え、合カモとねぎの焼き浸し、穴子ととうふの重ね蒸し
650円、750円、1200円

肴はどれも魅力的。熟成味醂を隠し味にした「シャインマスカットの白和え」はナッツも入って食感も楽しい。果物は季節で変わる。「合カモとねぎの焼き浸し」は低温調理で柔らかく仕上げた。アンティークの器も素敵

ブリと柚子胡椒の土鍋ごはん
1200円

鰹と昆布のダシで炊いた土鍋ご飯にブリを入れて余熱で火を通す。さっくり混ぜ、三つ葉を添えていただく。脂ののったブリの旨みが美味。土鍋ご飯は季節により数種類の味を用意。注文があってから炊き上げる

燗におすすめの穏やかな「丹澤山」など日本酒は約20種類。90ml450円~でも注文可

「達磨正宗3年熟成」の古酒や「小笠原味醂」を使ったまろやかな旨みのハイボール、「生酛のどぶ」のソーダ割りも人気

お店からの一言

店主 吉田一生さん・悦子さん夫妻

「基本は和で、酒に合う旬の肴を作っています」

にほん酒と肴 酔音の店舗情報

[住所]神奈川県川崎市中原区木月1-10-5 [TEL]044-387-4701 [営業時間]18時~24時(23時LO) [休日]月 [席]カウンターあり、全16席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし、お通し代300円別 [交通アクセス]東急東横線ほか元住吉駅西口から徒歩3分


電話番号 044-387-4701

撮影/鵜澤昭彦、大西尚明 取材/肥田木奈々

2018年12月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
鷹匠小路を折れた先にある「たぬき小路」。大通りほどの行き来はないが、多くの人が目指す店がある。
旬を大切にし、素材の持ち味を生かした魚介料理を楽しませてくれる店。そのための魚介は神津島直送の鮮魚をメインに使い、丁寧に端正に仕上げる。
和食の安在さん、イタリアンの中澤さん。このふたりがキッチンから得意技を繰り出す、ちょっと個性的な店だ。
前身の醤油屋から合わせると120年以上の歴史を持つ老舗だ。だが、店構えにも店内にも堅苦しさはまったくない。
フルーツブランデーは果物から造られるヨーロッパの蒸留酒だが、日本では認知度の低い存在。世界的にも専門バーはほとんどないという。
創業は戦後間もなく。料亭からはじまり40年ほど前から、関西風うどんすきを出しはじめた。色とりどりの具材は、鶏肉、ハマグリ、湯葉、練り物、野菜など約20種類。
三軒茶屋のすずらん通り沿いにあるバー。3階はオーセンティックなバーだが、2階はクラフトジンを中心としたボタニカル・バーで、雰囲気も接客もカジュアル。
一歩入れば"榎本劇場"の始まりである。音楽は寿司屋らしからぬジャズ。目の前で活きエビを捌いて握るなどカウンターで熟練の技を魅せるのは店の主、榎本さんだ。軽妙な語りも加わり客の気分を盛り上げてくれる。
2016年に開業するや、『ミシュランガイド東京』で、2018、2019一ツ星を獲得した南俊郎シェフの店。テイクアウトで点心や中国茶を販売。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt