MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
樂醉くばら(居酒屋/池袋)|駅徒歩5分!蔵元に29年勤めた店主が選ぶ旨い酒と酒呑みのハートを掴むアテ♪

樂醉くばら(居酒屋/池袋)|駅徒歩5分!蔵元に29年勤めた店主が選ぶ旨い酒と酒呑みのハートを掴むアテ♪

龍力という日本酒をご存知だろうか? 酒米の王者山田錦の主産地・播州平野の西にある酒蔵。

樂醉くばら(最寄駅:池袋駅)

姫路おでんに龍力で一杯の至福

その山田錦にとことんこだわり、米の旨みがあるしっかりした酒だ。店主の久原さんは、その蔵元に29年、長年県外での営業販売に努めたあと、一昨年に独立してこの店をオープン。お酒は日本酒中心。龍力の揃えはもちろん、お酒を知り尽くした久原さんが選ぶ旨い酒が揃っている。そして、ぜひ合わせたいのが「姫路おでん」だ。鰹と昆布に牛すじから出たコクのあるダシが染みた具材に、生姜醤油をかけて食べるのが特徴。さっぱりして杯が進む。ほかにも、噛むほどに鶏の旨みが広がる播州名物「ひねぽん」など、酒呑みのハートを掴むアテが揃う。穏やかで明るいご主人と奥さんの笑顔もいい空気感で、きっとまた来ようと思うはずだ。

姫路おでん 牛すじ、エビだんご、だいこん、とうふ
410円、378円、162円、172円

牛すじからのコクに生姜醤油がさっぱりして旨い

樂醉唐揚げ
648円

桜のチップで燻製して揚げた唐揚げは日本酒とよく合う

鯖と大根のなます、ひねぽん
410円、518円

にんにくと生姜が利いたポン酢で食べるひね(親鳥)は播州名物。久原さんの「小さい頃からの家の味」という〆サバと大根のなますは鉄板のアテ

左・渋旨の山廃純吟「旦」。中・すっきりした酸味「五橋 fiveイエロー」。右・特上山田錦を使う純米大吟醸「龍力 米のささやき 上東條」

お店からの一言

店主 久原公雄さん、明子さん

「季節ごとその時々の日本酒もおすすめです」

樂醉くばらの店舗情報

[住所]東京都豊島区西池袋3-27-3 中根ビル地下1階 [TEL]03-5927-9688 [営業時間]17時~23時(料理22時LO、酒22時半LO)、日・祝13時~21時(料理20時LO、酒20時半LO) [休日]火 [席]カウンターあり、全19席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし、お通し代540円別 [交通アクセス]JR山手線ほか池袋駅西口から徒歩5分


電話番号 03-5927-9688

撮影/鵜澤昭彦 取材/池田一郎

2018年12月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
和食の安在さん、イタリアンの中澤さん。このふたりがキッチンから得意技を繰り出す、ちょっと個性的な店だ。
前身の醤油屋から合わせると120年以上の歴史を持つ老舗だ。だが、店構えにも店内にも堅苦しさはまったくない。
ビルの2階という立地ながら、連日満席という人気店がこちら。理由は明快だ。
ホントは内緒にしておきたい下町の隠れ家。フレンチ仕込みの料理人・篠原さんがテリーヌからマカロニグラタン、焼きそばまで、食いしん坊の心をわし摑みにする。
 日常使いでふらりと寄りたくなる佇まいの日本酒居酒屋とはこんなところだ。「美しい日本酒をおいしく呑んでほしい」というご主人・北原さんが選ぶ日本酒は、生のお酒を中心に常時40種類ほど。
今回はパスタについてのお話。なので、紹介する商品が必ずしもベストな選択ではないかもしれないけれど、「ダイエット中の炭水化物はパスタもおすすめですよ〜」、「パスタを選ぶときはここに注意しましょう!」といった話をしますので、ぜひ参考にしてください。
377views 脱メタボ
和食の安在さん、イタリアンの中澤さん。このふたりがキッチンから得意技を繰り出す、ちょっと個性的な店だ。
前身の醤油屋から合わせると120年以上の歴史を持つ老舗だ。だが、店構えにも店内にも堅苦しさはまったくない。
小学校時代、私はトーストしていない食パンが大嫌いだった……。 そして小学校を卒業する時に誓ったのでした……。「もうトーストしていない食パン(サンドイッチは除く)は二度と食べない!」と。 しかし、今は21世紀で、令和で、食パンブーム……。 最近、生で食べても美味しい“生食パン”っていうのがあるらしいじゃない……!
話題のブティックホテルの1階ラウンジにあるバーは、従来のホテルバーとは全く異なる開放的な空間。オリジナルカクテルはチーフバーテンダー・齋藤隆一さんと水岸直也さんによるもので、環境への配慮や地元貢献など、ホテルの5つのコンセプトに沿ってデザインされている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt