MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
こうぜん(居酒屋/下北沢)|下北沢駅徒歩4分にある日本酒居酒屋!日本酒の揃えが良く、もちろん肴も旨い!

こうぜん(居酒屋/下北沢)|下北沢駅徒歩4分にある日本酒居酒屋!日本酒の揃えが良く、もちろん肴も旨い!

 日常使いでふらりと寄りたくなる佇まいの日本酒居酒屋とはこんなところだ。「美しい日本酒をおいしく呑んでほしい」というご主人・北原さんが選ぶ日本酒は、生のお酒を中心に常時40種類ほど。

こうぜん(最寄駅:下北沢駅)

目利きの店主が選ぶ日本酒は冴えた味わい

どれも状態がよく、個性の伝わる安心の旨さ。料理もどう見ても日本酒が進むとしか思えないラインナップだ。力を入れているという「本日のお魚」は刺身も焼き物もよし。かと思えば日本酒に合う仕立ての「自家製レバーパテ」も人気。好みの一杯を探しながらゆったり楽しみたい。

お刺身盛り合わせ(2人前)、ふろふき玉ねぎ肉味噌がけ
1800円、600円

鰹ダシで炊かれたトロッとした玉ネギの上にピリッと山椒が利いた肉味噌がのる。ピンと身の立った本日の刺身は、〆サバ、コチ、シマアジ、マグロ(トロ)

小アジ唐揚げ(3本)
600円

カラリと揚げられた小アジは2度揚げされて骨まで柔らかく頭からイケる

左からどっしりしつつキレのいい「黒牛 純米 槽口直汲み」(和歌山)、まろやかな旨口の「みむろ杉 純吟ひやおろし」(奈良)、フルーティでさわやかな「林 純米吟醸」(富山)。日本酒は半合のぐい呑みか、一合徳利で注文できる

お店からの一言

店主 北原宣明さん、真知子さん

「遠慮なく好みをお伝えください」

こうぜんの店舗情報

[住所]東京都世田谷区北沢2-33-2 第二周和ビル1階 [TEL]03-3485-1642 [営業時間]18時~24時LO [休日]火 [席]カウンターあり、全25席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サなし、お通し代500円別 [交通アクセス]小田急線・京王線下北沢駅北口から徒歩4分


電話番号 03-3485-1642

撮影/瀧澤晃一 取材/編集部

2018年12月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
鷹匠小路を折れた先にある「たぬき小路」。大通りほどの行き来はないが、多くの人が目指す店がある。
旬を大切にし、素材の持ち味を生かした魚介料理を楽しませてくれる店。そのための魚介は神津島直送の鮮魚をメインに使い、丁寧に端正に仕上げる。
和食の安在さん、イタリアンの中澤さん。このふたりがキッチンから得意技を繰り出す、ちょっと個性的な店だ。
前身の醤油屋から合わせると120年以上の歴史を持つ老舗だ。だが、店構えにも店内にも堅苦しさはまったくない。
一心不乱にエビが食べたい。そんなアナタに朗報。何とエビでお腹いっぱいになる「海老しゃぶ」があるんです。使用するのは大きさと新鮮さを厳選した赤エビで、その量2人前で約1kg。
フルーツブランデーは果物から造られるヨーロッパの蒸留酒だが、日本では認知度の低い存在。世界的にも専門バーはほとんどないという。
創業は戦後間もなく。料亭からはじまり40年ほど前から、関西風うどんすきを出しはじめた。色とりどりの具材は、鶏肉、ハマグリ、湯葉、練り物、野菜など約20種類。
三軒茶屋のすずらん通り沿いにあるバー。3階はオーセンティックなバーだが、2階はクラフトジンを中心としたボタニカル・バーで、雰囲気も接客もカジュアル。
一歩入れば"榎本劇場"の始まりである。音楽は寿司屋らしからぬジャズ。目の前で活きエビを捌いて握るなどカウンターで熟練の技を魅せるのは店の主、榎本さんだ。軽妙な語りも加わり客の気分を盛り上げてくれる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt