MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
おーどぶるハウス(居酒屋/町屋)|内緒にしたい下町の隠れ家。フレンチ料理人の店主による絶品料理に舌鼓♪

おーどぶるハウス(居酒屋/町屋)|内緒にしたい下町の隠れ家。フレンチ料理人の店主による絶品料理に舌鼓♪

ホントは内緒にしておきたい下町の隠れ家。フレンチ仕込みの料理人・篠原さんがテリーヌからマカロニグラタン、焼きそばまで、食いしん坊の心をわし摑みにする。

おーどぶるハウス(最寄駅:町屋駅)

遠くても行く価値ありの下町の名店

日本酒とナチュラルなワインのセレクト眼も頼もしく、酒好き達がわざわざ遠くから足を運ぶほど。しかも「料理はおひとり様サイズもご用意します」なんてまさに天国!

しいたけと鶏のテリーヌ(S)、奥深い生もと純米の燗
700円、800円

ムースのように滑らかな舌触り、でも噛み応えのあるテリーヌは「群馬泉」のお燗で。椎茸を炒めたバターの香りが、暖かい日本酒によって蘇りふわりと口の中でふくらむ

牛ハツステーキポン酢ソース(S)、旨み凝縮のピュアな赤ワイン
800円、900円

イタリアの赤「モンテプルチャーノ・ダブルッツォ・ル・クンタデン」は優しい中にも凝縮感がある。ポン酢とバルサミコのソースやバターナッツとじゃがいものピュレと絶妙

日本酒、ワイン、クラフトビールがオンリスト

お店からの一言

店主 篠原立樹さん

「美味しいお燗とワインで楽しんで!」

おーどぶるハウスの店舗情報

[住所]東京都荒川区町屋3-10-11 [TEL]03-3892-3104 [営業時間]17時~24時 [休日]水 [席]カウンターあり、全22席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし、お通し代300円別 [交通アクセス]地下鉄千代田線町屋駅から徒歩9分


電話番号 03-3892-3104

撮影/貝塚 隆 文/岡本ジュン

2018年12月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
和食の安在さん、イタリアンの中澤さん。このふたりがキッチンから得意技を繰り出す、ちょっと個性的な店だ。
前身の醤油屋から合わせると120年以上の歴史を持つ老舗だ。だが、店構えにも店内にも堅苦しさはまったくない。
ビルの2階という立地ながら、連日満席という人気店がこちら。理由は明快だ。
龍力という日本酒をご存知だろうか? 酒米の王者山田錦の主産地・播州平野の西にある酒蔵。
 日常使いでふらりと寄りたくなる佇まいの日本酒居酒屋とはこんなところだ。「美しい日本酒をおいしく呑んでほしい」というご主人・北原さんが選ぶ日本酒は、生のお酒を中心に常時40種類ほど。
今回はパスタについてのお話。なので、紹介する商品が必ずしもベストな選択ではないかもしれないけれど、「ダイエット中の炭水化物はパスタもおすすめですよ〜」、「パスタを選ぶときはここに注意しましょう!」といった話をしますので、ぜひ参考にしてください。
385views 脱メタボ
和食の安在さん、イタリアンの中澤さん。このふたりがキッチンから得意技を繰り出す、ちょっと個性的な店だ。
前身の醤油屋から合わせると120年以上の歴史を持つ老舗だ。だが、店構えにも店内にも堅苦しさはまったくない。
小学校時代、私はトーストしていない食パンが大嫌いだった……。 そして小学校を卒業する時に誓ったのでした……。「もうトーストしていない食パン(サンドイッチは除く)は二度と食べない!」と。 しかし、今は21世紀で、令和で、食パンブーム……。 最近、生で食べても美味しい“生食パン”っていうのがあるらしいじゃない……!
話題のブティックホテルの1階ラウンジにあるバーは、従来のホテルバーとは全く異なる開放的な空間。オリジナルカクテルはチーフバーテンダー・齋藤隆一さんと水岸直也さんによるもので、環境への配慮や地元貢献など、ホテルの5つのコンセプトに沿ってデザインされている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt