MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
エチェガライ(バル/五反田)|シェリー酒の豊富なバル!店主こだわりの丁寧なタパスとも合う♪

エチェガライ(バル/五反田)|シェリー酒の豊富なバル!店主こだわりの丁寧なタパスとも合う♪

エチェガライとはマドリードにある通りの名前で、そこに店主の大森さんが好きなシェリー専門のバルがある。そんな現地の雰囲気で、シェリーと、それに合うスペイン料理を楽しむことができるのだ。

エチェガライ(最寄駅:五反田駅)

現地感満載のシェリー&スパニッシュ

50種は揃い、グラスで頼めるシェリーは、大量生産ではない小さなボデガ(酒蔵)で丁寧に造られたものが多い。そこにさまざまな前菜や煮込み、フライドポテトと生ハムをスクランブルエッグで和えたひと皿など、現地感満載な料理を合わせるのが実に愉快。最初の一杯にいいすっきり系から熟成感のあるものまで、シェリーの魅力にすっかりハマるかも。

前菜盛り合わせ5種
1180円

左上からイワシの酢漬け、豚レバーのスパイシーマリネ、生ハムとモッツァレラ、アボカドのマリネ、ひよこ豆とベーコンのアリオリ。スッキリめなフィノタイプと一緒に

ウエボス エストレージャ
800円

トロっとした卵とポテトにからすみをかけたスペインらしい料理。少し茶色く色づいた、熟成感やコクのあるシェリーと合わせると最高!

左/ラ ハンダ グラス、中/ベルトラ グラス、右/サングレ イ トラバハデロ
700円、880円、グラス950円

シェリーはボトルでも。いろいろなタイプがあるので、おすすめを聞くのが一番

お店からの一言

店主 大森栄治さん

「軽くつまんでシェリーというのもいいですよ」

エチェガライの店舗情報

[住所]

東京都品川区西五反田1-32-4 田中ビル2階 [TEL]03-3492-2778 [営業時間]18時~翌1時半 [休日]無休(不定休あり) [席]カウンターあり、全17席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、チャージ代200円別 [交通アクセス]JR山手線ほか五反田駅西口から徒歩7分


電話番号 03-3492-2778

撮影/西﨑進也 文/池田一郎

2018年12月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 1932年(昭和7年)創業の老舗酒問屋が営む小さなバルが、1年のブランクを経て先月リニューアルオープンした。つまみは生ハムに、チーズ、そしてタパスが少々。
ジビエが苦手な人ほど食べてほしいのがここのイノシシ肉。柔らかな肉と甘みたっぷりの脂が驚くほどの美味しさなのだ。
店主の今村さんが本場スペインで体感したバルの魅力をそのまま神楽坂で再現したような店だ。肉、魚、野菜と目移りする多彩なタパスは美味炸裂のオンパレード。
目の前で揚げる本格天ぷら、そして手の込んだ和食、その両方が同時に楽しめるバル……気になるでしょ?その注目の一軒がココ。
千駄木『スパイスバル コザブロ』|スパイスを利かせたつまみや焼き物などが豊富に揃うバル。4種類あるカレーの中で注目すべきは「サメのカレー」。
サラリーマンがホッピーを酌み交わすここは、どう見ても大衆酒場。だがしかし、しかしですよ、テーブルには焼きとんとビストロ料理が共に並び、手渡される手書きリストにはレアなワインまでズラリ。
ユニークな素材をそれぞれ異なる餡で包んだ菓子9種類。抹茶餡+黒糖焼酎に漬け込んだレーズン、生姜入り白餡+蜂蜜餡など斬新な組み合わせだが、素材の味が餡と見事に馴染んでいる。
「マグロが好きで寿司職人になった」と話す店主の本多さんが頑なにこだわり続けるのは、大間をはじめ日本近海で獲れる天然物の生本マグロ。色、艶、弾力、脂のり、それらを納得して仕入れる築地一の上物は神々しいまでに美しく、部位に切り分けて丁寧に処理を施す柵取りは「自分でやらなきゃ気が済まない」と笑う。
JR東日本を利用している人にはおなじみのコンビニ、ニューデイズで購入したのが、今回紹介するアマタケの「サラダチキン ランチ」シリーズ。 目指したのは「主食になるサラダチキン!」で、ピザ味、鶏めし味といった炭水化物系のフレーバーを採用することで、主食を食べている気分になれるというものだ。
307views 脱メタボ
『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt