MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
吉祥寺グルメ情報_吉祥寺で“もう、やってらんない自分”を甘やかす! スイーツ編/おっさん女子の吉祥寺パトロール(120)

吉祥寺グルメ情報_吉祥寺で“もう、やってらんない自分”を甘やかす! スイーツ編/おっさん女子の吉祥寺パトロール(120)

日々の仕事の不条理から生じる“やってらんない”感は、食べ物にそれなりのお金を投入&満足度を加速させ、自分を甘やかす作戦のおっさん女子です。 吉祥寺にはケーキ屋、カフェ、喫茶店などがムダにたくさんあるため、スイーツ入手には事欠かないのですが、今回は、やってらんない感を解消するためのスイーツを紹介します!

吉祥寺で“もう、やってらんない自分”を甘やかす! スイーツ編


日々の仕事の不条理から生じる“やってらんない”感は、食べ物にそれなりのお金を投入&満足度を加速させ、自分を甘やかす作戦のおっさん女子です。

魚編(114回)、肉編(118回)に続いて、今回はスイーツ編だ! 


吉祥寺にはケーキ屋、カフェ、喫茶店などがムダにたくさんあるため、スイーツ入手には事欠かないのですが、やってらんない感を解消するには、東急吉祥寺デパートの3F、通称デパサン(連載68回参照)にある『果実園R』が激押しです。

なぜならケーキがあり得ない感じに高いからです(苦笑)。

しかも、“食べてやったぜ”という征服感があります(笑)。

イラスト/小豆だるま



おそらく、お店イチ押しの『いちごのズコット』は、1個1500円オーバーです。

ただし、デカイです。

デカいけど、いちごがてんこ盛りで、ケーキを食べているというより、いちごを食べている感覚。

スポンジとクリームに存在感はありません(関係者の方、すみません)。

その他のケーキも軒並み1個1000円超えです。

イートインで飲み物をつけると、2000円で収まるか、収まらないかの瀬戸際っていう感じ。

お店は常に混んでいるので私はテイクアウトをしますが、1個っていうワケにもいかず。

2個テイクアウトをすると3000円近くになります……。

ケーキはズコットという名称なので、イタリア系のケーキだと思うのですが、店にイタリア感はなく、むしろ店名はフランス系だよ(苦笑)。

しかし征服感があるケーキは、吉祥寺には他にないので、『果実園R』は、おすすめ。

イタリアとフランスを両方制覇した気分にもなります。

都心にある他の店舗では、フルーツ食べ放題とかやっているようで、吉祥寺店でもぜひやってほしいおっさん女子だ。


財布に優しい、絶妙な価格帯のタルトもご紹介!


しかし『果実園R』は、露骨に財布の中身を圧迫するので、押さえを用意したいところ。

そこでアトレ吉祥寺のタルトのお店『A』です。

ワイヤードカフェが撤退した跡地にできた店。

ここのタルトは、1個600~800円という絶妙の価格帯。

以前ご紹介したレモンパイ(連載61回)が、500~600円なのに対して吉祥寺では、やや強気の価格設定。

しかし、『果実園R』が、ケーキというよりフルーツを食べている感覚に対して、ここでは「高いケーキを食べているオレ」という満足感があります。

見た目もフルーツ満載でキレイ。

しかし、季節のタルトはけっこう攻めてます。

この夏はスイカのタルトがありました。

ス、スイカ? と思いましたが、いい感じにタルトとして成立していました(苦笑)。


私のイチ押しは、定番の『タルト・メリメロ』という、フランス語で“メリメロ=ごちゃまぜ”という名前を持つタルトです。

いちご、キウイ、レッドグレープフルーツ、桃、ブルーベリー、みかんなどなど。

フルーツ全部乗せ感&ウキウキ感があって、最高です。

フルーツ+カスタードクリームの甘さ控えめ&土台はバターの風味がある香ばしいパリッと系の生地。

ちなみにフルーツをホールドしている透明な寒天系のもの(名称不明)まで、なに気においしいです。

正直、2個くらいだったら、一気食いできます。


あとは、好みで季節限定のフルーツ系タルトを食べたらいいと思います。

ちなみに、いちごのタルトは、いちごが超みずみずしくって、土台がサクサク系のクッキー生地。

ここのタルトは、その種類によって土台+カスタードクリームの仕様違うの。

こだわってます。


季節限定の無花果のタルトは、2種類あって、生系と焼き系です(11月には店頭にないかも……)。

焼き系無花果の土台は、ザクザク系の香ばしい仕様で、シュークリームのおいしさを皮基準で決めている私(113回参照)としては、この土台が一番好きかも。


ただ、私はチーズ教の信者でもあるので(101回参照)、定番の『タルト・オ・フロマージュ』を激オシします。

ルックスがわりとジミ目ですが、クリームチーズ+カスタードはレモン味でちょっと他の店にはない大人の味わい。

タルトの土台はしっとりソフト系。

あとちょっと安い。

この『A』で、テイクアウトでタルトを2個買った場合、だいたい1500円で収まるはず。

私は定番&限定系をほぼ制覇していますが(日々のやってらんない頻度が高い証)、どれも美味しい&満足感高し!


2019年は、やってらんない度が非常に高かったので、やってらんない飯&スイーツの調査が捗りました……(涙)。


なんだかなぁ。

やれやれ(村上春樹風)。









天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。




小豆だるま
高校の国語教員を経てイラストレーター・漫画家になる。ギャグとシリアスを行ったり来たりする作風で雑誌・書籍・webなどで活躍中。著書は「日々ズレズレ」(小学館)その他。好物はタイ料理と辛いもの。

このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
2019年のトレンド鍋は“発酵鍋”に決まったそうだが、ちょっと無理がある気がするのは私だけでしょうか?  そもそもキムチやチーズも発酵食品なんで、たいして新しくもないワケですが……。発酵食品と言えば、私がひそかに注目しているのが、おやつである。 吉祥寺は発酵系のおやつが充実しているので、今回はココをチェック!
恥ずかしいことを告白するが、私はごはんを食べるときに頭を使うのが苦手なおっさん女子である。 そんな私なのだが、吉祥寺にこれは私に対する挑戦だろうか? という店が10月にできてしまった。北海道で人気のスープカレーの店『S』である……。
2019年、私が最も苦労した仕事は、毎日を丁寧に生きて、ナチュラル志向、食事や環境にも意識高い系、年齢を重ねても美しい……、みたいな女子向けの仕事でした。 “石田ゆり子を降臨させて書いて”という超無茶ぶり……。 おっさん女子の私が、石田ゆり子を降臨させるために、無理をして行った吉祥寺の店をご紹介しましょう……。
ご当地グルメ……。私の中では宮崎県が最強だと思っていた。 冷や汁、肉巻きおにぎり、そしてマンゴーも美味しい……。そんな宮崎県LOVEの私だが、この夏、ライバルが吉祥寺に登場した。栃木県である! 
白飯史上主義の私だが、小腹が空いたときに食べたいのは、サンドイッチである。 吉祥寺にも、さまざまなオリジナリティを出したサンドイッチがあるけど、意外に魚系サンドイッチってないよね、ということで、今回は吉祥寺の魚系サンドイッチをご紹介だ!
サラリーマンがホッピーを酌み交わすここは、どう見ても大衆酒場。だがしかし、しかしですよ、テーブルには焼きとんとビストロ料理が共に並び、手渡される手書きリストにはレアなワインまでズラリ。
ユニークな素材をそれぞれ異なる餡で包んだ菓子9種類。抹茶餡+黒糖焼酎に漬け込んだレーズン、生姜入り白餡+蜂蜜餡など斬新な組み合わせだが、素材の味が餡と見事に馴染んでいる。
「マグロが好きで寿司職人になった」と話す店主の本多さんが頑なにこだわり続けるのは、大間をはじめ日本近海で獲れる天然物の生本マグロ。色、艶、弾力、脂のり、それらを納得して仕入れる築地一の上物は神々しいまでに美しく、部位に切り分けて丁寧に処理を施す柵取りは「自分でやらなきゃ気が済まない」と笑う。
JR東日本を利用している人にはおなじみのコンビニ、ニューデイズで購入したのが、今回紹介するアマタケの「サラダチキン ランチ」シリーズ。 目指したのは「主食になるサラダチキン!」で、ピザ味、鶏めし味といった炭水化物系のフレーバーを採用することで、主食を食べている気分になれるというものだ。
323views 脱メタボ
『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt