MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
【渋谷・焼き鳥】グルメライターが唸るほど旨いおすすめ4軒

【渋谷・焼き鳥】グルメライターが唸るほど旨いおすすめ4軒

飲食店がひしめく渋谷駅周辺で、本当に美味しい焼き鳥が食べたい時にぜひ訪れてほしいお店を、厳選してご紹介!安いことが魅力なところ、おしゃれでデートにもぴったりのところ、こだわりの鶏肉を使っているところなど、各店こだわり満載です!

はじめに

手軽に食べられて、お酒に良く合う焼き鳥は、いつの時代も多くの人に親しまれています。昔ながらの赤ちょうちんのお店から、おしゃれで高級なお店まで、多種多様に広がりを見せる焼き鳥屋。今回は東京の中でも、昼夜問わず多くの人で賑わう渋谷に焦点をあて、一度は行ってほしいおすすめの焼鳥屋をご紹介していきます!

渋谷の焼き鳥マップ

まずは分かりやすく各お店の場所を地図でご紹介します!

『とり茶太郎』(渋谷駅西口 徒歩8分)

▲おまかせ串6本コース 2700円(税別)

焼き鳥屋では珍しい「ほろほろ鳥」や、深い旨みの「一黒シャモ」(仕入れで変わる)など常時4、5種類の地鶏と鴨の串焼きが、初心者はもちろん通の舌をも唸らせている。

おまかせ串6本コースから・写真は銀杏、ささみ、おたふく(鴨の胸腺)、血肝、手羽先、特撰もも肉(ほろほろ鳥)あぶり焼き(+216円)。内容は日によって変わる。

賑やかな渋谷にありながら、落ち着いた佇まいで、ゆったりと過ごすことができる“大人の焼鳥屋”です。一人で訪れる人も多く、気軽に座れるカウンターが人気席。

こちらでは、刺身、レア焼きの串、しっかり香ばしく焼き上げた串、〆の手羽ご飯など、鶏肉を様々な状態のフルコースで食べることができます。珍しいほろほろ鳥や比内地鶏などの数種類の鶏や、鴨の串焼きも堪能できます。希少部位も揃っているので焼き鳥好きにはたまりません!

また、自家製の燻製も絶品で、日本酒やワインのお供に絶対注文したい逸品です。

▲『とり茶太郎』外観

■『とり茶太郎』
[住所]東京都渋谷区鶯谷町7-12
[TEL]03-6416-0364
[営業時間]18時~24時、日17時~23時
[休日]月曜日(月2回は日曜日休み)
[座席]カウンター8席、掘りごたつ式個室4名×1室、半個室テーブル2席×1卓、計14席/全席禁煙/要予約/カード可(1万円以上)/サなし、お通し648円別
[アクセス]JR山手線ほか渋谷駅西口から徒歩8分

『ヤキトリテツ』(渋谷駅 ハチ公口 徒歩3分)

▲大山 砂肝

新鮮な大山鶏を使用した串焼きは、部位ごとの種類も豊富で味も抜群。
串焼き、ロースト、絶品鶏料理が目白押し!

「美味しい!安い!個性的!」そんな3拍子がそろった焼鳥屋が、道玄坂にあり!活気のある店内でいただけるのは、こだわりの「大山鶏」の焼き鳥!たくさんの部位があるので、ついあれこれ食べたくなります!

そして焼鳥屋でありながら、洋食メニューが多いのもここのお店の特徴。ローズマリーの華やかな香りが付いた、ふっくらしとジューシーな「ローストチキン」や、コクのある「佐助豚のパテ」などは、洋食屋顔負けの美味しさです。

▲『ヤキトリテツ』外観

■『ヤキトリテツ』
[住所]東京都渋谷区道玄坂2-7-3 三喜ビル2F
[TEL]03-3462-7262
[営業時間]17時〜23時(22時LO)
[休日]無休
[アクセス]JR山手線他 渋谷駅 ハチ公口から徒歩3分

『鳥福』(東京メトロ半蔵門線渋谷駅7番口 徒歩1分)

▲秋田の高原比内地鶏のねぎ間、水郷赤鶏のレバーなど、どの串も大ぶり。

昭和7年から屋台をひき、焼き鳥ひと筋に暖簾を守ってきた。日替わりで約10種のブランド鶏を揃え、紀州備長炭でジューシーに焼いてくれる。

渋谷のんべえ横丁にある老舗焼鳥屋。今も昔も大人気のお店で、広くない店内は開店から間もなく満席になります!
大ぶりの身を串に刺して焼き上げていて、お腹いっぱいになります!どのネタもみずみずしく、食感もしっかりしていて、焼き鳥本来の旨さを堪能できます♪
比内地鶏などが日替わりで常時10種類ほど置いてあり、人気のレバーやねぎま、さらには鴨やぎんなんなども味わえます!
売切れ次第終了なので、早めの来店がおすすめです!

■『鳥福』
[住所]東京都渋谷区渋谷1-25-10
[TEL]03-3499-4978
[営業時間]16時~21時、土16時~20時 ※素材がなくなり次第終了
[休日]第3土、日・祝

『GALLO NERO(ガッロネロ)』(JRほか渋谷駅南口 徒歩6分)

▲レバー

道玄坂の裏通りにひっそり佇む店。部位によって地鶏を変える焼き鳥は、備長炭でじっくりと焼き上げ、頬張ると口の中で凝縮された旨みがジュワッと広がる。

ここは本当に焼き鳥屋なのかと一瞬疑うようなおしゃれお店は、隠れ家のような雰囲気の良さで、デートにも最適です。
備長炭でじっくりと焼いて水分をとばし、旨味をぎゅっと凝縮させた串焼きと、フランスやイタリアをメインに250種類もあるというワインがこのお店の売り!
深夜まで開いているので、ちょっと飲み足りないときにもおすすめです。

■『GALLO NERO(ガッロネロ)』
[住所]東京都渋谷区道玄坂1-19-6 道玄坂OKビルB2
[TEL]03-3770-5225
[営業時間]18時〜翌3時(翌1時LO)
[休日]日曜日
[アクセス]JRほか渋谷駅南口から徒歩6分

おわりに

時々無性に食べたくなる、焼き鳥!今回は、グルメ雑誌「おとなの週末」のグルメライターが調査した、渋谷エリアのおすすめ店をご紹介してきましたが、いかがでしたか?ランキング常連の人気店から、隠れ家的なお店までありましたが、知っているお店は載っていましたか?
さっそく目的に応じて、訪れてみてくださいね。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
東京都内の「居酒屋激戦区」の1つとして知られる上野。実際にグルメライターが調査したところ、確かにガード下や駅の周辺に、見逃せない安ウマ店をたくさん発見!その中でも特におすすめしたいお店の情報を、厳選してご紹介します!
品川の居酒屋を人気グルメ雑誌のライターが調査!実際に足を運んで、本当に美味い店を厳選しました。ゆったり出来る個室のあるお店やリーズナブルに楽しめる安くて美味しいお店、イチオシのおすすめ店などシーンに合わせてご紹介します!
人気グルメ雑誌のライターが実際に食べ歩いて見つけた有楽町の絶品ランチを厳選してご紹介!安くて美味しいコスパ抜群のお店や土日営業のお店、お洒落なお店などシーンに合わせてご利用いただけますので、ぜひご利用ください。
新宿から近く、人気のエリア「高円寺」で、雑誌「おとなの週末」のグルメライターが実際に食べ歩いて見つけた絶品ランチの中から、おすすめ店を厳選してご紹介!お昼の時間帯にしか食べられないメニューや、安いと評判のコスパがいい定食もありますよ♪
神楽坂で男ひとりでも平気な喫茶&甘味。しっとり大人の美味巡り。かつては文豪も多く暮らし、趣ある石畳の小道や料亭には今も花街の風情が残る、神楽坂。グルメライターがしっかり歩いて神楽坂の魅力探ってきました。
サラリーマンがホッピーを酌み交わすここは、どう見ても大衆酒場。だがしかし、しかしですよ、テーブルには焼きとんとビストロ料理が共に並び、手渡される手書きリストにはレアなワインまでズラリ。
ユニークな素材をそれぞれ異なる餡で包んだ菓子9種類。抹茶餡+黒糖焼酎に漬け込んだレーズン、生姜入り白餡+蜂蜜餡など斬新な組み合わせだが、素材の味が餡と見事に馴染んでいる。
「マグロが好きで寿司職人になった」と話す店主の本多さんが頑なにこだわり続けるのは、大間をはじめ日本近海で獲れる天然物の生本マグロ。色、艶、弾力、脂のり、それらを納得して仕入れる築地一の上物は神々しいまでに美しく、部位に切り分けて丁寧に処理を施す柵取りは「自分でやらなきゃ気が済まない」と笑う。
JR東日本を利用している人にはおなじみのコンビニ、ニューデイズで購入したのが、今回紹介するアマタケの「サラダチキン ランチ」シリーズ。 目指したのは「主食になるサラダチキン!」で、ピザ味、鶏めし味といった炭水化物系のフレーバーを採用することで、主食を食べている気分になれるというものだ。
308views 脱メタボ
『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt