MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
飯田橋「あおもり北彩館」で、サバの聖地「八戸」のサバグルメに感動!/至福の鯖百選[22]

飯田橋「あおもり北彩館」で、サバの聖地「八戸」のサバグルメに感動!/至福の鯖百選[22]

11月2日、3日に開催されるサバグルメの祭典「鯖サミット2019In八戸」。 会場となる青森県八戸市は、「サバ缶としめさばの聖地」でもある。 そんな八戸の珠玉のサバグルメが一堂に会するのが、飯田橋の青森県アンテナショップ「あおもり北彩館」だ……。

飯田橋「あおもり北彩館」で、サバの聖地「八戸」のサバグルメに感動!



11月2日、3日に開催されるサバグルメの祭典「鯖サミット2019In八戸」。

会場となる青森県八戸市は、「サバ缶としめさばの聖地」でもある。

日本全国のサバ缶の半数は八戸で製造されている!

日本全国のしめさばの大半は八戸で製造されている!!

サバファンのみなさん、どれだけ八戸にお世話になっていることか!

ありがとう! 八戸!(涙)


そんな八戸の珠玉のサバグルメが一堂に会するのが、飯田橋の青森県アンテナショップ「あおもり北彩館」。



「あおもり北彩館」。
店内に入れば全開で青森モード! ねぶた、ねぶた、りんご、りんご、サバ!!


「最近のサバブームで、サバを目指してやってくるお客様も増えました」と語るのは店長の長谷川一己さん。

好評につき、店内に「サバ商品がどんどん増加していった」そうだ。


サバ缶の聖地・八戸ですもの。

目にとびこんできたのは、これまでもたびたびご紹介してきた、今いちばん青森でホットなサバ缶・マルヌシ「八戸サバ缶バー」。

ブランドサバ・八戸前沖さばを使った「津軽海峡の塩」「ゆずこしょう」「グリーンカレー」「アヒージョ」「トムヤムクン」「ハバネロ」「スタミナ源たれ」7種類の全ラインアップがそろう。



ズラリと並んだマルヌシ「八戸サバ缶バー」。
あおもり北彩館では、「アヒージョ」が人気だそう。


そして、ジェンヌさんが『マツコの知らない世界』で絶賛させていただいた、味の加久の屋「味わい鯖 水煮」♪

「目利きマイスター」が八戸港で選び抜いた高鮮度、高脂質のサバを、徹底的に血合いを除いて下処理。

さらに、10年以上経験を積んだ「手詰めマイスター」がひとつひとつていねいに缶に手詰めした逸品。

洗練した味わいは、「サバ缶のマエストロ」たちだからこそ成せる技!

味の加久の屋「味わい鯖 水煮」。
洗練された味わいにいつもうっとり。


聖地のしめさばもしっかりチェック!

前回もご紹介した、武輪水産のしめさばを発見! 

あおもり北彩館では、
「しめさば 青森県産」
「昆布じめ しめさば」を販売。


そして、マルヌシの「八戸銀鯖 しめさば」。

八戸前沖さばのなかでも大型サイズ「銀鯖」……のなかでもさらに800g以上の「超大型の銀鯖」を使用!

水揚げ全体の1%以下という希少なものだ。


マルヌシ「八戸銀鯖」みるからにムッチリしたしめさば。

マルヌシ「八戸銀鯖」。ナイスバディ!


酸味が少なめの締め加減。

だからこそ、より八戸前沖さばの最大の魅力である「脂」の味わいをストレートに堪能できる。

てりてりジューシー。

身体に染み渡る「ピュアな麗しい脂」。

その味わいはまるで霜降りのブランド牛のよう。


恐るべし、まるで「肉のようなしめさば」!

ほとばしる脂! ときめきの脂ギッシュ♪ 
世の中に肉は不要とすら思う瞬間。


マルヌシの「銀鯖一夜干し」も人気。でかい! 
ジューシーな脂がスパークする、ホクホクな身にむせび泣くこと間違いなし!

ちなみに、
八戸前沖さばにぴったりの
八戸酒造「陸奥八仙」もあるよ!


ワインにぴったりのしめさばグルメもありますよー。


ヤマヨ「3種の野菜とさばのサラダ」。

伝統の技によるしめさばが人気のヤマヨが、野菜とさばを組み合わせてマリネサラダに仕上げた商品だ。


ヤマヨ「3種の野菜とさばのサラダ」。
見た目もカラフルで気分がアガる♪


旨みしっかり。

食感も確かなしめさばに、こちらもまたシャキシャキ感いっぱいのたまねぎ、にんじん、ピーマンをプラス。

いっさいクセがなく、とんでもなくさわやかな風味。

その味わいは、デパ地下や高級スーパーのデリレベル! 

白ワインや泡に最高!

カラフルでホムパにもぴったり!


そして、とってもキュートなサバグルメが♪  

八戸市のポルトガル田舎料理レストラン「BAR SAUDE(バール・サウーヂ)」の「「手造りサバパテ」。

「女性に大人気です」と長谷川さん。

BAR SAUDE「「手造りサバパテ」。
缶入りと、紙パック入りがある。かわいすぎるよ、サバ(涙)


「HACHINOHE」の文字が入った愛くるしいサバのイラストが施された缶詰の中には、特製のパテ。

サバにジャガイモ、オリーブオイル、隠し味にバルサミコ酢などを加えて仕上げたパテは、サバの旨みをいかしながら、マイルドでやさしい味わい。

パンに塗って食べると、なんだか懐かしい味わいで、ほっこり。

ジェンヌは、
ライ麦パンにつけていただくのが好き♪


ときに肉々しく、ときに癒される。

醸し出す味わいの「触れ幅の広さ」は、八戸のサバポテンシャルに加えて、聖地ならではの「サバテクニック」あってこそ!!


八戸のサバグルメを満喫しにぜひ、飯田橋へ!!

そしてサバファンなら、鯖サミットも兼ねてぜひ、「聖地へ巡礼」を!!

■鯖サミット
http://38summit.jp/


■あおもり北彩館
https://www.hokusaikan.com/








池田陽子(いけだ ようこ)
サバファンの集い「鯖ナイト」や、日本中のサバ好きが集まる「鯖サミット」などの活動を担う「全さば連(全日本さば連合会)」広報担当/サバジェンヌとして活躍。本業は薬膳アテンダント/食文化ジャーナリスト。著書に『ゆる薬膳。』(日本文芸社)、『缶詰deゆる薬膳。』(宝島社)、『春夏秋冬ゆる薬膳。』(扶桑社)、「ゆる薬膳。」はじめたらするっと5kgヤセました!(青春出版社)、『サバが好き!』(山と渓谷社)など。

このグルメ記事のライター
池田 陽子@まとメシ

サバファンの集い「鯖ナイト」や、日本中のサバ好きが集まる「鯖サミット」などの活動を担う「全さば連(全日本さば連合会)」広報担当/サバジェンヌとして活躍。本業は薬膳アテンダント/食文化ジャーナリスト。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
サバが古来より郷土料理として身近なのが「鯖街道」を有する福井県若狭地方。 「行き腐れ」といわれるほど足がはやい鯖の鮮度保持のために、独自の加工技術が発達した。代表的なものが「サバのへしこ」(サバのぬか漬け)。この地域ならではの保存食だ。
全国の多彩なサバ料理が楽しめる「鯖サミット」。全さば連が事務局となって、2014年から毎年、秋に産地およびサバに力を入れている地域を巡回して開催、毎年数万人の来場者で大にぎわい!! 今年は、11月2、3日に開催される「鯖サミット2019in八戸」の情報を紹介します。
銀座の福井県アンテナショップ「食の國 福井館」は、鯖街道を有する福井だけあって、サバグルメもラインナップが豊富! 店内には、まるで夜空に輝く星のように珠玉のサバ商品が多数販売されている、まさに「サバ王国」なのだ!
「 ăn di(アンディー)」は、ベトナムスタイルのサンドイッチ「バインミー」の専門店。 ベトナム独特のやわらかなバケットに、肉や魚、大根とにんじんのなます(甘酢漬け)、パクチーなどをはさんだバインミーに魅了された島田孝子さんが、2013年にオープン。現地の味を学んだこだわりのバインミーが大人気。そしてサバファンのハートをわしづかみにしているのが「サバのバインミー」だ。
食べ歩きグルメが豊富な、東京都品川区「戸越銀座商店街」。 テレビの取材は引きも切らず、日本中ばかりか、いまや世界各国からも観光客が訪れる人気商店街は、じつはサバグルメも充実!  そんなジェンヌ注目の「サバ商店街」で、「サバデート」をすることになりました。ふふふ……。
 明治10年に魚市場で開業し、市場の移転と共に現在の場所へ。代々築いてきた信頼のもとに、厳選された旬の魚介を優先的に仕入れられるのが強みだ。
日々の仕事の不条理から生じる“やってらんない”感は、食べ物にそれなりのお金を投入&満足度を加速させ、自分を甘やかす作戦のおっさん女子です。 吉祥寺にはケーキ屋、カフェ、喫茶店などがムダにたくさんあるため、スイーツ入手には事欠かないのですが、今回は、やってらんない感を解消するためのスイーツを紹介します!
兵庫県西宮市で12年、関西のうどん好きを唸らせた店が東京進出。「青山ビルヂング」のレストランフロア「青山一番街」に出店を果たした。
 父親が中国人、母親が日本人という店主の揚原さんにとって、身近な存在だった水餃子。「もっと気軽に水餃子を食べてほしい」と、昨年8月にカフェスタイルでオープン。
おしゃれで色んなジャンルの飲食店が集まっている神楽坂エリアの「お得ランチ」を一挙ご紹介!おとなの週末のグルメライターが実食調査した結果、夜は敷居が高いけれど、お昼になら入りやすい和食店、高級な肉、イタリアンなどがたくさん見つかりました!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt