MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
大阪穴場グルメ_釜ヶ崎の三角公園前にできた噂の立ち呑み屋『成り屋』に潜入! こんな安くてホンマにええの!?/大阪ローカル穴場メシ情報[62]

大阪穴場グルメ_釜ヶ崎の三角公園前にできた噂の立ち呑み屋『成り屋』に潜入! こんな安くてホンマにええの!?/大阪ローカル穴場メシ情報[62]

新規オープンの飲食店が相次ぐ西成は、街全体が大きく変貌を遂げようとしている。 あいりん地区を代表するエリア、三角公園の前にはなんと立ち呑み屋まで出現……。 そんな噂を聞きつけ、いざ潜入してみた!

釜ヶ崎の三角公園前にできた噂の立ち呑み屋『成り屋』に潜入! こんな安くてホンマにええの!?


新規オープンの飲食店が相次ぐ西成は、街全体が大きく変貌を遂げようとしている。

あいりん地区を代表するエリア、三角公園の前にはなんと立ち呑み屋まで出現……。

そんな噂を聞きつけ、いざ潜入してみた!

屋号は『成り屋』。

実はこのお店、西成では2店舗目ながら1号店も約2年前にできたばかり。

「実は僕が成り屋の常連客やったんです。板前やったりしてたんで2号店をやらしてもらったんです」

8月13日にオープンしたばかり。

大将の田中正志さん(38歳)はこう教えてくれた。



とにかくこのお店、飲み物が安い。

生ビールやサワー、ハイボールが280円。

ハイボールに至っては2杯目になると230円、3杯目で180円となる。


注文を迷っていると大将が「刺身の盛り合わせをしましょうか?」

お言葉に甘えて「お造りの盛り合わせ」(480円)を注文。

いわし、まぐろ、タコ、かつおのたたきが入ってこの値段。

薬味もニンニクと生姜まで付いて、実にお値打ちだ。


西成は、もう安いだけの立ち呑みでは通用しない。

客層も劇的に変化し、成り屋のように味も保証できなければ客は入らへん!

「最近は、お客さんで若い子も増えてますね」

4、5年前では考えられなかった客層が西成に訪れるようになっているのだ。

若者に人気といえば「からあげ」(380円)。

こちらも冗談抜きで美味だ。


続けて限定メニューにも食指を。

「金玉」(280円)と「やみつきつくね」(380円)をオーダー。


このつくね、単なるダンゴとは大違い。

軟骨入りで歯ごたえがあって噛みしめるほどに旨みがジュワ~。

そして金玉は、見た目も超豪華。


こちらも限定で、売切れたらオシマイのメニュー。

金玉は、通常の玉子よりも旨みが満載。

カラを割ると、おでんの玉子のような濃い肌色をしていた。

これが旨みで、ひと口噛めばその美味しさの違いがすぐにわかる。

今宵も西成のはしご酒でグデングデン。

またしてもええお店、発見したわ~。


立ち飲み西成酒場 成り屋
[住所]大阪市西成区萩之茶屋3丁目2-5
[TEL]06-6648-8186
[営業時間]8:00~20:00
[定休日]水曜









加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

このグルメ記事のライター
加藤慶@まとメシ

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
南森町からほど近くの大阪天満宮にある鉄板焼きの店「gump(ガンプ)」は、「いま旨い店が多い」と評判の飲食店激戦区にある。 シェフの2名はフレンチ出身で、特に“ねらい目”はお手頃価格のランチだ。
阿倍野といえばお洒落でちょっとセレブリティな街のイメージがあるが、そのなかで友人に紹介された、昭和な佇まいの酒場がある。 見た目がもう……雰囲気満点。 実はこのお店、ライブ居酒屋としても知られるが、店主自らギターを片手に即興もある。ロックな酒場なのだ。
生野区の新今里で有名な「ブルボン」は、創業47年になる老舗純喫茶だ。 なにを隠そうこの喫茶店、いろいろと“スゴイ”のだ! なかでも日替わりランチの“あるメニュー”は凄まじい人気。 驚きの安さだけでなく、フライものの美味さが破格なのだ。
そろそろ鍋が恋しくなる時期だろう。 悩んだ末、訪れたのは今里にある韓国炉端「万宝家」(マンボーチップ)。生野で家庭的な韓国料理が食せる名店だ……。
とにかくガツガツ食べて、グイグイ飲んでも実にお手ごろ価格。 大阪は日本橋の黒門市場にあるサムギョプサル専門店「黒門豚美人」は、日本在住の外国人やK-POP好きな女子から人気のお店だ……。
サラリーマンがホッピーを酌み交わすここは、どう見ても大衆酒場。だがしかし、しかしですよ、テーブルには焼きとんとビストロ料理が共に並び、手渡される手書きリストにはレアなワインまでズラリ。
ユニークな素材をそれぞれ異なる餡で包んだ菓子9種類。抹茶餡+黒糖焼酎に漬け込んだレーズン、生姜入り白餡+蜂蜜餡など斬新な組み合わせだが、素材の味が餡と見事に馴染んでいる。
「マグロが好きで寿司職人になった」と話す店主の本多さんが頑なにこだわり続けるのは、大間をはじめ日本近海で獲れる天然物の生本マグロ。色、艶、弾力、脂のり、それらを納得して仕入れる築地一の上物は神々しいまでに美しく、部位に切り分けて丁寧に処理を施す柵取りは「自分でやらなきゃ気が済まない」と笑う。
JR東日本を利用している人にはおなじみのコンビニ、ニューデイズで購入したのが、今回紹介するアマタケの「サラダチキン ランチ」シリーズ。 目指したのは「主食になるサラダチキン!」で、ピザ味、鶏めし味といった炭水化物系のフレーバーを採用することで、主食を食べている気分になれるというものだ。
306views 脱メタボ
『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt