MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
大阪穴場グルメ_即席のライブで生歌披露!? 阿倍野で見つけたロックンロールな酒場『橘屋』の湯豆腐が旨すぎた!/大阪ローカル穴場メシ情報[63]

大阪穴場グルメ_即席のライブで生歌披露!? 阿倍野で見つけたロックンロールな酒場『橘屋』の湯豆腐が旨すぎた!/大阪ローカル穴場メシ情報[63]

阿倍野といえばお洒落でちょっとセレブリティな街のイメージがあるが、そのなかで友人に紹介された、昭和な佇まいの酒場がある。 見た目がもう……雰囲気満点。 実はこのお店、ライブ居酒屋としても知られるが、店主自らギターを片手に即興もある。ロックな酒場なのだ。

即席のライブで生歌披露!? 阿倍野で見つけたロックンロールな酒場『橘屋』の湯豆腐が旨すぎた!


阿倍野といえばお洒落でちょっとセレブリティな街のイメージがあるが、そのなかで友人に紹介された昭和な佇まいの酒場がある。

見た目がもう……雰囲気満点やないの。


聞けばそのハズ。

「阿倍野で2番目に古い飲食店です」
と居酒屋「橘屋」の店主〆野弘靖さん(56)がこう説明する。

同店は創業71年、今の店主は3代目である。


「うちのオヤジに無理矢理継がされたんです(笑)。次はもうないですよ」

店主は饒舌。

冗談交じりに初見のお客でも、すぐなじむ。

実はこのお店、ライブ居酒屋としても知られるが、店主自らギターを片手に即興も。

「湯豆腐はそろそろ終わりにして冬場はおでんにしてます。けども、湯豆腐はうちのおススメですね」


カウンター前に置かれた湯豆腐を見ていると、我慢しろというのが無理がある。

さっそく、件の「湯豆腐」(300円)を注文。


大阪は、湯豆腐をポン酢で食せず、出汁で食う。

そして煮詰まったこの出汁の濃さがクセになる。

上にのったコブもまた旨いやないかい。

これロックや~。

続けて「日替わり4種盛り」(700円)も追加。

見よ、この豪華さを。


チジミに鶏チャーシュー、鶏チキンのトマト煮、牛たたきの4品。

これ1品頼んだら腹いっぱいになるヤツやんか。

さらに周りのお客さんとも盛り上がると即席のライブがスタート。

客が歌ったり、店主が歌ったり。


音楽好きにはタマらない酒場。


今夜もロックだぜ~。



居酒屋 橘屋
[住所]大阪市阿倍野区阿倍野元町4-10
[TEL]06-6622-4906
[営業時間]16:30~22:00
[定休日]日曜








加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

このグルメ記事のライター
加藤慶@まとメシ

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
南森町からほど近くの大阪天満宮にある鉄板焼きの店「gump(ガンプ)」は、「いま旨い店が多い」と評判の飲食店激戦区にある。 シェフの2名はフレンチ出身で、特に“ねらい目”はお手頃価格のランチだ。
新規オープンの飲食店が相次ぐ西成は、街全体が大きく変貌を遂げようとしている。 あいりん地区を代表するエリア、三角公園の前にはなんと立ち呑み屋まで出現……。 そんな噂を聞きつけ、いざ潜入してみた!
生野区の新今里で有名な「ブルボン」は、創業47年になる老舗純喫茶だ。 なにを隠そうこの喫茶店、いろいろと“スゴイ”のだ! なかでも日替わりランチの“あるメニュー”は凄まじい人気。 驚きの安さだけでなく、フライものの美味さが破格なのだ。
そろそろ鍋が恋しくなる時期だろう。 悩んだ末、訪れたのは今里にある韓国炉端「万宝家」(マンボーチップ)。生野で家庭的な韓国料理が食せる名店だ……。
とにかくガツガツ食べて、グイグイ飲んでも実にお手ごろ価格。 大阪は日本橋の黒門市場にあるサムギョプサル専門店「黒門豚美人」は、日本在住の外国人やK-POP好きな女子から人気のお店だ……。
サラリーマンがホッピーを酌み交わすここは、どう見ても大衆酒場。だがしかし、しかしですよ、テーブルには焼きとんとビストロ料理が共に並び、手渡される手書きリストにはレアなワインまでズラリ。
ユニークな素材をそれぞれ異なる餡で包んだ菓子9種類。抹茶餡+黒糖焼酎に漬け込んだレーズン、生姜入り白餡+蜂蜜餡など斬新な組み合わせだが、素材の味が餡と見事に馴染んでいる。
「マグロが好きで寿司職人になった」と話す店主の本多さんが頑なにこだわり続けるのは、大間をはじめ日本近海で獲れる天然物の生本マグロ。色、艶、弾力、脂のり、それらを納得して仕入れる築地一の上物は神々しいまでに美しく、部位に切り分けて丁寧に処理を施す柵取りは「自分でやらなきゃ気が済まない」と笑う。
JR東日本を利用している人にはおなじみのコンビニ、ニューデイズで購入したのが、今回紹介するアマタケの「サラダチキン ランチ」シリーズ。 目指したのは「主食になるサラダチキン!」で、ピザ味、鶏めし味といった炭水化物系のフレーバーを採用することで、主食を食べている気分になれるというものだ。
307views 脱メタボ
『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt