MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
話題の調理グッズCHECK[37]きんぴら作りに! 「ささがきちゃんWスライサー」と「プログレード スピードキンピラピーラー」を比較!

話題の調理グッズCHECK[37]きんぴら作りに! 「ささがきちゃんWスライサー」と「プログレード スピードキンピラピーラー」を比較!

なぜか突然、きんぴらごぼうを作りたくなった私。 ごぼうピーラーを検索したら、いくつか商品があるみたいなので、今回は、「ささがきちゃんWスライサー」と「スピードキンピラピーラー」の2品を比べてみました。

きんぴら作りに! 「ささがきちゃんWスライサー」と「プログレード スピードキンピラピーラー」を比較!


なぜか突然、きんぴらごぼうを作りたくなった私。

ごぼうピーラーを検索したら、いくつか商品があるみたいなので、今回は、「ささがきちゃんWスライサー」と「スピードキンピラピーラー」の2品を比べてみました。

「ささがきちゃんWスライサー」(株式会社コジット)
ステンレス鋼
中国製

「ささがきちゃんWスライサーの特徴」
(ささがき&皮むき)2way
皮むき部分/内側と片側のエッジにヤスリ付き。
ささがき部分/両サイドの刃で力いらず。

「プログレード スピードキンピラピーラー」(下村工業株式会社)
刃:ステンレス刃物鋼
クシ刃:ステンレス鋼
フレーム:18‐8ステンレス
日本製

「プログレード スピードキンピラピーラーのこだわり」
プロの調理道具の切れ味や機能にこだわりながら
使いやすさとデザインを追求。
クシ刃1本1本に刃付けをし、つまらず軽くきれ、
切れ味鋭い国産刃を使用。
約3mm幅で切れます。
芽取り付き。

まずは「ささがきちゃんWスライサー」から使い心地をチェック!


それぞれ、特徴もあり、形状もちがうごぼうのスライサー。

まずは、「ささがきちゃんWスライサー」をつかって皮むきからやってみました。

輪になっているほうを上にして外側から握りしめ、ヤスリ付きやけん、ヤスリの角をごぼうの皮にあて、前後に動かして、すり~すり~と皮をこそげ落とす。

ごぼうの皮むきをするときの
持ち方。

やすりの角をごぼうにあてて
皮をこそげ落とす。


きれいに落ちたばい。

次に、ささがき。

輪になっているほうを下にして、外側から握りごぼうを挟み、前後に動かしてささがきします……。

スライス(ささがきも)するときの
持ち方。


すり~すり~とカットできるかと思ったら……。

あら~。

まったくスムーズにいかん。

ごぼうを挟んで、
前後に動かすことでスライスカット。


「軽く握ってそそぐのが上手にささがくコツ!」と書いてあるのに……。

意外と力がないと、ごぼうを挟めない。

前後動かす前に、ごぼうが挟めないから、カットできん!

けっこう力を入れてやっと挟め、ごぼうがスライスできたばい。

これ、縦ピーラーが2本ついているのと同じ?

挟むのをやめて、縦ピーラーと同じようにやったほうが、スライスできるばい。

以前、紹介したOXOの縦ピーラーのほうがスムーズかも……。

どうにかスライスしたごぼう。


試行錯誤した結果、縦ピーラーの方ほうでカットしてみたばい。

スムーズにすり~すり~とカットできる!!

ただ、細かくなってしまう……。

そして時間もかかるわ~。

スライス後の
ごぼうの残り。


ささがきちゃんWスライサーで、なんとかやってできたけど……。

ごぼうをスライスしていくとだんだん先端が細長くなることで、ごぼうを挟むことができないし、ささがきができない。

握る力も必要でした。

「ささがきちゃんWスライサー」で作ったきんぴらごぼう


これって、包丁でやったほうがよかばい。

皮むき付いてスライサーできるならと思ったばってん、皮むきは、包丁の背側でそいでいけば綺麗にできるし~。


人参もやってみたけど、人参はまったくできない……。

けっきょく、ごぼうだけのきんぴらごぼうになってしまった。


正直これは、イマイチだった!!


次は「プログレード スピードキンピラピーラー」に挑戦!


まな板にごぼうを置き、ピーラーでスライス。

すり~すり~と調子よくスライスできた!!

調子よく、すり~すり~とスライスしていると。

イイ調子で、スライスが始まった!


あれ??

「詰まらないように、特殊製法の国産刃を使用」したことで詰まらずスライスできるはずが、たまに、詰まってしまう。

こんな感じで、
ときどき詰まる……!


たまに、詰まってしまうのは仕方ないのかぁ?

ごぼうのスライスはこんな感じ。

まずまず、キレイにできた
こぼうのスライス。


ごぼうは、包丁使わず、最後までスライスできました!!


続けて人参に挑戦!!

今度は人参もきちんとすり~すり~とスライスができるばい。

力もそんなにいらない。

すり~すり~とスライスできて、気持ちよかぁ~。


プログレード スピードキンピラピーラーの
独特な刃の形状は、こんな感じ。


約3mmの千切りにカットできるので、均等にスライスできます。

細さは、イイ感じばい。

スライスが終了した人参。

ただし、人参は最後まで
スライスできなかったば~い。


だけん、けっきょく最後は包丁を使って、人参をスライス。

そして、きんぴらごぼうの完成。

「プログレード スピードキンピラピーラー」で作ったきんぴらごぼう。


切れるときは、気持ちよくスライスできるけど、詰まるときにちょっとイラっとしてしまいます。

たまに、詰まるだけですなんですけどね~。

「プログレード スピードキンピラピーラー」で作った紅白なます。


紅白なますも作ってみました。

大根もスライスできるときは気持ちいいのですが、やっぱり、たまに詰まってしまいます。

大根も、最後までスライスできなかった……。

ほとんどのスライサーは、どうしても最後は包丁は必要になるのかなぁ~?

でも、ごぼうは、最後までスライスできたし……。

とはいえ、このスライサーを使うことで、確かに時短できんぴらごぼうが完成しました。


今回比較した2品では、「プログレード スピードキンピラピーラー」のほうがおススメかな。







田中moko mokoくま3
九州生まれ。特技はアクリルたわし作り。本業は雑誌やカタログなどで活躍するスタイリストだが、現在、絶賛婚活中のアラフォー女子。お裁縫はもちろん、料理も掃除もきっちりこなすのに、なぜか「◎婚」に縁がない……moko mokoくま3が、気になる調理具を、実際に使ってレポートしていきます。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
あるデパートのキッチン用品売り場で、接客してくれた店員さん曰く「気づいたら売れている」商品が、Microplaneのゼスターグレーターというおろし金。 アメリカ製で、ほかにはない「切れ味」の商品らしい……。 さっそく購入して、チェキってみたばい!
なんに使うのかなぁ~? この形……。 よく行くキッチングッズ屋さんで、ずっ~と気になっていたキッチンツールがあります。 じ〜っと手に取って見ていたらお店の方が、「これ、『泡立て器』ですよ~!!」だって。 え~、これで混ぜる?? さっそく、チェキってみたばい……!
ぶら〜っと入ったお店で、電気ハンバーガーグリルなるものを発見!  その名も「デリデリダイナー 電気ハンバーガーグリル」。 溝付プレートだから余分な脂が落ちてヘルシー、肉等を焼いてもほとんど油はねしない、フタ部分はバンズを温められるウォーマー付き……。 これは、試してみるしかなかばい!
『チンしてキャラメルポップコーン』。 ポップコーン作りに必要な道具が、まとまったキャラクター。 ポップコーンだけでなく、キャラメルソースも作れちゃうという、かわいいおじさんを、チェックしてみました。
 明治10年に魚市場で開業し、市場の移転と共に現在の場所へ。代々築いてきた信頼のもとに、厳選された旬の魚介を優先的に仕入れられるのが強みだ。
日々の仕事の不条理から生じる“やってらんない”感は、食べ物にそれなりのお金を投入&満足度を加速させ、自分を甘やかす作戦のおっさん女子です。 吉祥寺にはケーキ屋、カフェ、喫茶店などがムダにたくさんあるため、スイーツ入手には事欠かないのですが、今回は、やってらんない感を解消するためのスイーツを紹介します!
兵庫県西宮市で12年、関西のうどん好きを唸らせた店が東京進出。「青山ビルヂング」のレストランフロア「青山一番街」に出店を果たした。
 父親が中国人、母親が日本人という店主の揚原さんにとって、身近な存在だった水餃子。「もっと気軽に水餃子を食べてほしい」と、昨年8月にカフェスタイルでオープン。
おしゃれで色んなジャンルの飲食店が集まっている神楽坂エリアの「お得ランチ」を一挙ご紹介!おとなの週末のグルメライターが実食調査した結果、夜は敷居が高いけれど、お昼になら入りやすい和食店、高級な肉、イタリアンなどがたくさん見つかりました!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt