MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
銀座 篝[かがり](ラーメン/銀座)|行列の絶えない人気ラーメン店

銀座 篝[かがり](ラーメン/銀座)|行列の絶えない人気ラーメン店

都内でも指折りの人気ラーメン店に成長した。看板メニューは「鶏白湯SOBA」「煮干醤油SOBA」※ランチタイム有

銀座 篝(最寄駅:銀座駅)

2013年のオープン以来、瞬く間に都内でも指折りの人気ラーメン店に成長した。看板を張るのが、丸鶏やすねつきモミジ、豚の背脂などを煮込んだクリーミーな「鶏白湯SOBA」と、煮干しやゲンコツに加え、香味野菜の甘みをじっくり引き出した「煮干醤油SOBA」(900 円)だ。どちらも繊細かつ洗練された極上の1杯で、開店前から行列するのも納得だ。

鶏白湯SOBA(並)
950円

マイルドなスープはポタージュのように濃厚でトロリとした舌触りだ

焼ごはん&ふき味噌&明太子
380円

ふき味噌のほろ苦さが焼きおにぎりと相性抜群。煮干しダシをかけてお茶漬け風にしても

銀座 篝

■『銀座 篝(かがり)』
[住所]東京都中央区銀座6-4-12 1F ※2018年12月27日に移転
[TEL]非公開
[営業時間]11時〜15時半、17時半〜
[休日]火曜日、不定休
[アクセス] 銀座駅A9出口から徒歩2分

電話番号 非公開

銀座 篝の関連記事

2016年3月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
噛んだ瞬間に野菜の旨みが広がる“あおば餃子”とともに、ジューシーで肉の割合が6割以上という「一番焼餃子」が人気。これをちょっぴり辛い自家製味噌ダレでいただく。
ラーメン×かき氷のスタイルを業界に広めたパイオニア『ねいろ屋』が神保町に出店。瀬戸内界隈の厳選素材で作る無化調ラーメンと自家製シロップのかき氷を提供する。
博多豚骨で使用する麺と同程度の低加水麺でありながら、小麦が香るもちもち、つるつるの極上麺を開発。見目麗しいつけ麺で、その美味しさを魅せる。
鯛ラーメンで人気を博す錦糸町『麺魚』が、“鴨”をテーマにした新ブランドをオープン。本店の“鯛”同様、一杯で存分に“鴨”が楽しめる造りを目指した。
最初はほどよく甘く、後からじわじわ辛さや花椒の痺れがやってくる。豊かで刺激的な香りが鼻に抜け、後からじんわり汗が出る。
前身の醤油屋から合わせると120年以上の歴史を持つ老舗だ。だが、店構えにも店内にも堅苦しさはまったくない。
小学校時代、私はトーストしていない食パンが大嫌いだった……。 そして小学校を卒業する時に誓ったのでした……。「もうトーストしていない食パン(サンドイッチは除く)は二度と食べない!」と。 しかし、今は21世紀で、令和で、食パンブーム……。 最近、生で食べても美味しい“生食パン”っていうのがあるらしいじゃない……!
話題のブティックホテルの1階ラウンジにあるバーは、従来のホテルバーとは全く異なる開放的な空間。オリジナルカクテルはチーフバーテンダー・齋藤隆一さんと水岸直也さんによるもので、環境への配慮や地元貢献など、ホテルの5つのコンセプトに沿ってデザインされている。
ここではグルメライターが厳選した「銀座のおすすめカフェ」の情報をお届けします。ショッピングや食事を楽しんだら、ちょっと一息つきたくなるも。おいしいスイーツや甘味はもちろん、ランチタイムや夜にも利用できる、魅力の詰まったお店ばかりです!
店に入ると左手にカウンター、右手にゆったりしたテーブル席。気楽に居酒屋使いもできるのがうれしいところだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt