MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
名古屋グルメ_青森の行列ラーメン店『長尾中華そば』が東海地区初登場!/名古屋エリア限定情報(88)

名古屋グルメ_青森の行列ラーメン店『長尾中華そば』が東海地区初登場!/名古屋エリア限定情報(88)

札幌や函館、喜多方、名古屋、博多など日本各地のご当地ラーメンを名古屋駅構内に集めた『名古屋驛麺通り』に、この11月、青森の人気店『長尾中華そば』がオープンした。 名古屋では東北のラーメンにあまりなじみがないがゆえに、早くも行列店になっている。

青森の行列ラーメン店『長尾中華そば』が東海地区初登場!


札幌や函館、喜多方、名古屋、博多など日本各地のご当地ラーメンを名古屋駅構内に集めた『名古屋驛麺通り』。

2019年11月に、青森の人気店『長尾中華そば』がオープンした。

名古屋では東北のラーメンにあまりなじみがないがゆえに、早くも行列店になっている。


『長尾中華そば』は、東京や神奈川の中国料理店で修業した長尾大さんが2004年、青森市の浜田地区で開店させた店。

津軽地方で親しまれていたあっさり味の煮干しラーメンを改良し、煮干しをガツンときかせた新・津軽ラーメンを考案。

“津軽煮干しの雄”としての地位を確立させたのだ。



この日、店主の長尾さんが味のチェックに訪れていたので話を聞いてみた。

「名古屋には青森や東北の物産展に何度か出展したことがあります。
そのとき、お客さんにとても喜んでいただけたので、名古屋でも受けいれられるのではと思いました。
青森の美味しいラーメンを全国に広めることが私の夢であり、名古屋驛麺通りの店舗がその足がかりになればと思っています」と、長尾さん。


看板メニューは、新・津軽ラーメンと呼ばれる「こく煮干し」(880円)。

3日間かけて仕込むスープは、鶏ガラと豚骨でじっくりととった白湯スープを1日冷蔵庫で寝かせて、厳選した3種類の煮干しをブレンド。


ガツンと濃厚だが、煮干しの旨みが伝わるスッキリとした味わい。

煮干しラーメンにありがちなえぐみやくさみは皆無。

鶏ガラと豚骨、煮干し、それぞれの旨みだけを見事なまでに抽出している。


もう1つの定番は、水と煮干しだけでとった澄んだスープで味わう「あっさり」(750円)。

昔ながらのやさしい味わいは、まさしく『長尾中華そば』の定番。

飲んだ後の〆にもぴったりの一杯だ。


「あっさり」か「こく煮干し」かどちらにしようか迷うところ。

そんな方にオススメなのが、「あっこく麺」(820円)。

その名の通り、「あっさり」と「ごく煮干し」のダブルスープ。

煮干しの風味をしっかりと感じられるちょうど良い中間の味。


麺はうどんのようなもっちりとした食感の手打ち麺とスープがよく絡み、コシのある縮れ麺の2種類を用意。

国産小麦を使い、かんすいを極力抑えてあり、煮干しの風味を損ねない製法で作っている。

「あっさり」と「あっこく麺」は、好みでいずれかを選べる。


青森の醤油をベースに、厳選した青森県産のりんごやにんにく、玉ネギ、生姜などを合わせた青森では定番の「源たれ」で炒めたチャーシューをのせた「上北丼」(350円・写真)。

海の幸と山の幸を醤油漬けにした青森では知らない人はいない「ねぶた漬け」をのせた「ねぶた漬け丼」(300円)など、サイドメニューも充実している。


これからラーメンが美味しい季節を迎えるだけに、青森の人気店『長尾中華そば』の新・煮干しラーメンで身も心も暖まろう。



長尾中華そば
[住所]愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 名古屋駅構内 名古屋うまいもん通り
[TEL]052-588-5517
[営業時間]11:00~22:00(21:30L.O.)
[定休日]無休









永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。


このグルメ記事のライター
永谷正樹@まとメシ

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「僕の行きつけの店のカレーラーメンを紹介しますよ」と言うのは、『異世界駅舎の喫茶店』や『うみゃーがね!名古屋大須のみそのさん』など、名古屋めしをテーマとした小説や漫画原作を手がける作家兼名古屋めし専門料理研究家のSwind(スインド)さん。 その店は、愛知県・知多半島の付け根あたりに位置する東浦町にある『あっ晴れノ山は高らか!!緒川店』だった……。
今回紹介する創作系ひつまぶしは、うなぎを使った元祖を凌ぐ完成度かもしれない。 しかも、そのひつまぶしを作った店は名古屋駅からすぐ。全国から訪れる人々に新たな名古屋名物として発信するにはぴったりの立地。それが名古屋駅太閤通口から徒歩1分の『名駅 宴処 花かるた』である。
5、6年前、名古屋では空前のビストロブームが巻き起こった。 その後、そのブームはひと段落していたのだが、名古屋駅の近くに比較的新しい、話題のビストロがあると聞いて、食べに行ってきた。 名古屋市西区名駅2丁目にある『BISTRO Ciel (ビストロ シエル)』がそれだ。
穴場店は都心よりも郊外にある、というのが私の持論。ってことで、またまた穴場店を見つけてしまった。 今年7月、名古屋市北部に隣接する北名古屋市にオープンした『うなぎの中庄』がそれだ。ここは創業90余年の老舗うなぎ卸問屋『中庄商店』の直営店。 ゆえに、確かな目利きで仕入れたうなぎには絶対の自信を持っている……。
1759views 名古屋めし
数ヵ月前、一度引退を宣言した寿司職人から電話があった。 「60歳になって、もう一度、寿司職人として仕事ができたらと思って……」。 また、あの人が握る寿司が食べられると思うと、わくわくした。 そして、今年7月1日。中区錦3丁目に『鮨 古川』はオープンした。 メニューは「おまかせ」(8000円)のみ……。
サラリーマンがホッピーを酌み交わすここは、どう見ても大衆酒場。だがしかし、しかしですよ、テーブルには焼きとんとビストロ料理が共に並び、手渡される手書きリストにはレアなワインまでズラリ。
ユニークな素材をそれぞれ異なる餡で包んだ菓子9種類。抹茶餡+黒糖焼酎に漬け込んだレーズン、生姜入り白餡+蜂蜜餡など斬新な組み合わせだが、素材の味が餡と見事に馴染んでいる。
「マグロが好きで寿司職人になった」と話す店主の本多さんが頑なにこだわり続けるのは、大間をはじめ日本近海で獲れる天然物の生本マグロ。色、艶、弾力、脂のり、それらを納得して仕入れる築地一の上物は神々しいまでに美しく、部位に切り分けて丁寧に処理を施す柵取りは「自分でやらなきゃ気が済まない」と笑う。
JR東日本を利用している人にはおなじみのコンビニ、ニューデイズで購入したのが、今回紹介するアマタケの「サラダチキン ランチ」シリーズ。 目指したのは「主食になるサラダチキン!」で、ピザ味、鶏めし味といった炭水化物系のフレーバーを採用することで、主食を食べている気分になれるというものだ。
308views 脱メタボ
『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt