MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
東京あんぱん 豆一豆(テイクアウト・手土産/東京)|東京駅構内のあんぱん専門店!バリエーション豊富で大人気

東京あんぱん 豆一豆(テイクアウト・手土産/東京)|東京駅構内のあんぱん専門店!バリエーション豊富で大人気

取り扱うのはあんぱんのみ。シンプルなものも美味しいが、人気は写真の2品。東京駅外壁のレンガを模した「東京レンガぱん」の中は、こしあんと白あん入り特製ホイップクリーム。

東京あんぱん 豆一豆(最寄駅:東京)

東京あんぱん 豆一豆|和洋の風味を楽しむ、あんぱん専門店

4個入りのボックス(1250円)は手土産に最適だ。側面の小豆の粒が大迫力な「東京あんパンケーキ」は、甘さ控えめのあんにバターの塩気が利いて、後を引く味。あんこ好きはぜひ。

東京レンガぱん
287円

東京あんパンケーキ
480円

東京あんぱん 豆一豆の店舗情報の店舗情報

[住所]東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東日本東京駅構内 エキュート東京 [TEL]03-3211-9051 [営業時間]8時~22時、日・祝8時~21時半 ※ランチタイム有 [休日]エキュート東京に準ずる [交通アクセス]丸の内中央口改札から徒歩2分


電話番号 03-3211-9051

撮影/小澤晶子 取材/松岡芙佐江

2019年1月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
2016年に開業するや、『ミシュランガイド東京』で、2018、2019一ツ星を獲得した南俊郎シェフの店。テイクアウトで点心や中国茶を販売。
フランス各地で修業した菅又亮輔さんがシェフパティシエを務める人気パティスリー。レモンの香りが豊かなコキーユや、それぞれ異なる味わいが楽しいサブレ類など、香り・鮮度・食感にこだわって作られた焼き菓子が常時20種類以上並ぶ。
しっとりとした生地で、艶やかでほどよい甘さの粒あんを挟んだどら焼き。その表面におそらく日本一どら焼きが好きなことで有名な、ドラえもんの焼印が施された一品。
ハーブの清涼感を感じる「スペイン産ローズマリー」、すっきりとした香りとミルキーな味わいの「イタリア産ルリジシャ」、柑橘の爽やかさが魅力の「スペイン産オレンジ」。体を気遣う方へ贈りたい。
本葛粉や和三盆糖、牛乳、生クリーム、抹茶などを火にかけながら練り上げ、冷やして固めたもの。もっちりとした舌触りで、口の中に入るとスーッと溶けていく。
フルーツブランデーは果物から造られるヨーロッパの蒸留酒だが、日本では認知度の低い存在。世界的にも専門バーはほとんどないという。
創業は戦後間もなく。料亭からはじまり40年ほど前から、関西風うどんすきを出しはじめた。色とりどりの具材は、鶏肉、ハマグリ、湯葉、練り物、野菜など約20種類。
三軒茶屋のすずらん通り沿いにあるバー。3階はオーセンティックなバーだが、2階はクラフトジンを中心としたボタニカル・バーで、雰囲気も接客もカジュアル。
一歩入れば"榎本劇場"の始まりである。音楽は寿司屋らしからぬジャズ。目の前で活きエビを捌いて握るなどカウンターで熟練の技を魅せるのは店の主、榎本さんだ。軽妙な語りも加わり客の気分を盛り上げてくれる。
2016年に開業するや、『ミシュランガイド東京』で、2018、2019一ツ星を獲得した南俊郎シェフの店。テイクアウトで点心や中国茶を販売。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt