MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
そばと酒 えもり(そば/代々木上原)|素材本来の風味を味わえる十割そばがオススメ!

そばと酒 えもり(そば/代々木上原)|素材本来の風味を味わえる十割そばがオススメ!

カウンターで一心に料理をする主人と、きびきびした接客の奥様。若い夫婦が営むこの店は、開店して約3か月とホヤホヤながら、早くも街に溶け込んでいる。

そばと酒 えもり(最寄駅:代々木上原駅)

料理と蕎麦がつなぐ豊かな時間の過ごし方

せいろは十割、この日は栃木県・益子の農家から届いたという新蕎麦で、フレッシュな蕎麦の香りと瑞々しい甘みが際立っていた。人気の和食店や蕎麦店で修業した榎森さんは、蕎麦だけでなく料理にも力を注ぐ。「料理を食べてもらったあとの蕎麦なのでのど越しがよくツルリと入るのが理想」という。夜は、9時までがコース、その後は単品もOKで、どちらも価格はいたって気軽なのがうれしい。

せいろ
972円

せいろはやや細めでしゃっきり。するりと胃におさまる

昼の蕎麦前盛り合わせ
1080円

昼でもゆっくり飲んで欲しいと酒肴セットを用意。穴子の煮凝り、南蛮漬け、ひでん豆と蕎麦の実と山形の食用菊"もってのほか"

かけそば
972円

上品なかけつゆのダシは、和食と同様の薄削りの鰹節、羅臼昆布、どんこを使う

お店からの一言

店主 榎森俊司さん

「お酒に合うお料理もご用意しております」

そばと酒 えもりの店舗情報

[住所]東京都渋谷区元代々木町10-10 [TEL]03-3469-7422 [営業時間]12時~14時、18時~22時半(木は夜のみ)※ランチタイム有 [休日]水、1/1 [席]カウンターあり、全16席/全席禁煙/予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]小田急小田原線ほか代々木上原駅東口から徒歩5分


電話番号 03-3469-7422 

撮影/貝塚 隆 文/岡本ジュン

2019年1月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
かつての学芸大学から移って5年、白金高輪の地に隠れ家のような面持ちである店は、きれいな空気感がある。ほんのり甘くダシが品よく利いた玉子焼きしかり、プリッとしたエビとイカをサクッと軽く揚げたかき揚げしかり。
大正14年創業で現ご主人は三代目。3人の娘さんがチームワークも抜群に働くという何ともアットホームな雰囲気がいい。
鎌倉は由比ヶ浜で人気の古民家の蕎麦屋『鎌倉 松原庵』。その趣と味を持ち込み、表参道のけやき並木を見下ろす空間は、一瞬どこにいるか忘れる風情だ。
山形は蕎麦の名産地であるとともに、滋味深い食材と風土に育まれた食文化がある。ゆるゆるとその地酒を味わいながら、ならではの旨さを堪能できるのがここの魅力だ。
店主は蕎麦懐石の名店「無庵」出身。料理長を経て、2017年に、この店をオープンした。
フルーツブランデーは果物から造られるヨーロッパの蒸留酒だが、日本では認知度の低い存在。世界的にも専門バーはほとんどないという。
創業は戦後間もなく。料亭からはじまり40年ほど前から、関西風うどんすきを出しはじめた。色とりどりの具材は、鶏肉、ハマグリ、湯葉、練り物、野菜など約20種類。
三軒茶屋のすずらん通り沿いにあるバー。3階はオーセンティックなバーだが、2階はクラフトジンを中心としたボタニカル・バーで、雰囲気も接客もカジュアル。
一歩入れば"榎本劇場"の始まりである。音楽は寿司屋らしからぬジャズ。目の前で活きエビを捌いて握るなどカウンターで熟練の技を魅せるのは店の主、榎本さんだ。軽妙な語りも加わり客の気分を盛り上げてくれる。
2016年に開業するや、『ミシュランガイド東京』で、2018、2019一ツ星を獲得した南俊郎シェフの店。テイクアウトで点心や中国茶を販売。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt