MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
ほていや(そば/三軒茶屋)|創業当時からあるラーメンは絶対食べて欲しい逸品!

ほていや(そば/三軒茶屋)|創業当時からあるラーメンは絶対食べて欲しい逸品!

大正14年創業で現ご主人は三代目。3人の娘さんがチームワークも抜群に働くという何ともアットホームな雰囲気がいい。

ほていや(最寄駅:三軒茶屋駅)

三茶で愛され続けるほっこり感抜群の味

創業当時からあるというラーメンは、まずスープが秀逸。鶏ガラで取るスープで焼豚も煮るゆえ豚肉からもエキスが。蕎麦屋の和風ダシも加わっている。きれいにしてほどよいコク。ここに細めの縮れ麺がいい感じに絡む。ズズズっとやれば直球が投げ込まれた感じ。中華そばっていいなあってほっこりする。「昔はストレート麺。和ダシも入れてなかったんだけどね」という話で、徐々に改良された完成形がこの味だ。ぜひしみじみと味わっていただきたい。

ラーメン
550円

スッキリしつつコクがあり、ほんのりダシの風味があるスープをまずはすすって。麺がよく絡み全体にやさしい味

カツカレーライス
950円

こちらも大人気メニュー。肉たっぷり。実はここにもスープが使われ、旨みとスパイシーさのバランスが抜群。バクバクいけてしまうこと必至

お店からの一言

渡辺友子さん(左)、原由美子さん、原直子さん

「心を込めてお迎えして心を込めて作ってます!」

ほていやの店舗情報

[住所]東京都世田谷区太子堂2-32-3 [TEL]03-3413-5701 [営業時間]11時45分~15時(14時半LO)、17時半~20時半(20時15分LO)※ランチタイム有 [休日]火、第4火・水 [席]小上がりあり、全38席/全席禁煙/予約可(土日は昼12時まで、夜18時までの入店のみ可)/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]東急田園都市線三軒茶屋駅北口から徒歩7分


電話番号 03-3413-5701

撮影/小澤晶子 取材/池田一郎

2019年2月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
かつての学芸大学から移って5年、白金高輪の地に隠れ家のような面持ちである店は、きれいな空気感がある。ほんのり甘くダシが品よく利いた玉子焼きしかり、プリッとしたエビとイカをサクッと軽く揚げたかき揚げしかり。
鎌倉は由比ヶ浜で人気の古民家の蕎麦屋『鎌倉 松原庵』。その趣と味を持ち込み、表参道のけやき並木を見下ろす空間は、一瞬どこにいるか忘れる風情だ。
山形は蕎麦の名産地であるとともに、滋味深い食材と風土に育まれた食文化がある。ゆるゆるとその地酒を味わいながら、ならではの旨さを堪能できるのがここの魅力だ。
店主は蕎麦懐石の名店「無庵」出身。料理長を経て、2017年に、この店をオープンした。
 2018年7月オープン。蕎麦の固定概念にとらわれず、ダシは鰹節、昆布のほか、煮干し、アサリ、玉ネギなどで煮出す。
大正時代から続く老舗を若き5代目が継いだのは24歳の時。理由は先代の急逝だった。伝統を守りながらより高みを目指し、今35歳。
厳選の国産米を4時間以上かけて炊いたおかゆを12種類提供。看板商品の「POPEYE」(950円)は、ほうれん草のおかゆ。
かつての学芸大学から移って5年、白金高輪の地に隠れ家のような面持ちである店は、きれいな空気感がある。ほんのり甘くダシが品よく利いた玉子焼きしかり、プリッとしたエビとイカをサクッと軽く揚げたかき揚げしかり。
住宅街の奥深くに佇む『ターキー』。初めてでは見つけにくいけれど、各地から熱烈ファンが訪れる街中華の名店だ。
吉祥寺飲み&家飲みをしないおっさん女子だったが、最近では吉祥寺昼飲みを解禁した。 理由は“もーやってらんない”自分を、さらに甘やかすため。 休日の昼飲みは、居酒屋系のおっさん女子ですが、平日はオシャレ系です。しかもビールを飲んどります! 

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt