MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
365日と日本橋(パン/日本橋)|大人気パン店!スイーツパン「チョコクロカン」は美味しすぎて絶対ハマる♪

365日と日本橋(パン/日本橋)|大人気パン店!スイーツパン「チョコクロカン」は美味しすぎて絶対ハマる♪

サンドイッチやサラダボウルのほか、購入したパンも店内で食べられる。オリジナルブレンドコーヒー(378円)のほか、自然派ワインやクラフトビールなども。

365日と日本橋(最寄駅:日本橋駅)

人気パン店の焼きたてが楽しめる

14時~19時限定の「わらび餅×酒種パン」(1080円)もあるが、昼頃にはなくなるパン同様、売り切れ必至だ。

オープンサンドイッチ アボカドサーモン×ディンケル小麦
1188円

365日と日本橋の店舗情報

[住所]東京都中央区日本橋2-5-1 日本橋髙島屋 S.C. 新館(専門店) 1F[TEL]03-5542-1178 [営業時間]7時半~20時(19時LO)、土・日・祝10時半~20時(19時LO)※ランチタイム有


電話番号 03-5542-1178

取材・撮影/市村幸妙

2019年2月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
レストラン『ドンピエール』の人気メニュー、カレーに特化した店舗だ。店内ではフレンチの技法を使ったカレーライスを、店頭ではテイクアウト用カレーパンを提供している。
自社のパンと共に都内の名ベーカリーの品を揃え、パンのセレクトショップとしても営業するベーカリーカフェ。パンマニア憧れの品が一同に集まるので、パン好きならば一度は足を運びたいと言われる店だ。
鎌倉・雪ノ下に本店があるドイツパンと洋菓子の店。長谷店はカフェがメインで、本店から1日2回届く焼きたてパンを使ったサンドイッチやケーキが味わえる。
ご紹介するのは長野県の南にそびえる横手山。山頂に個性的な2軒のレストランがあると聞いてやってきた。
あっさりの中に感じるほんのりとした甘さ。2軒隣にある姉妹店『トロパンサンドハウス』のフィッシュバーガーは、昆布〆したアジフライがユニーク。
大正時代から続く老舗を若き5代目が継いだのは24歳の時。理由は先代の急逝だった。伝統を守りながらより高みを目指し、今35歳。
厳選の国産米を4時間以上かけて炊いたおかゆを12種類提供。看板商品の「POPEYE」(950円)は、ほうれん草のおかゆ。
かつての学芸大学から移って5年、白金高輪の地に隠れ家のような面持ちである店は、きれいな空気感がある。ほんのり甘くダシが品よく利いた玉子焼きしかり、プリッとしたエビとイカをサクッと軽く揚げたかき揚げしかり。
住宅街の奥深くに佇む『ターキー』。初めてでは見つけにくいけれど、各地から熱烈ファンが訪れる街中華の名店だ。
吉祥寺飲み&家飲みをしないおっさん女子だったが、最近では吉祥寺昼飲みを解禁した。 理由は“もーやってらんない”自分を、さらに甘やかすため。 休日の昼飲みは、居酒屋系のおっさん女子ですが、平日はオシャレ系です。しかもビールを飲んどります! 

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt