MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
TurnTable(郷土料理/神泉)|駅徒歩2分☆徳島の絶品料理を存分に堪能できる隠れ家レストラン♪

TurnTable(郷土料理/神泉)|駅徒歩2分☆徳島の絶品料理を存分に堪能できる隠れ家レストラン♪

2018年2月、徳島県が情報発信拠点として開業。レストラン、バー、マルシェ、宿泊施設が揃うなど、充実の内容だ。

TurnTable(最寄駅:神泉駅)

ホステル利用で手軽に徳島尽くしの一泊二日

チェックインした後は、徳島産一枚板のテーブルやカウンターも立派な、天井の高い2階レストランで食事。
メニューも徳島尽くしで、鳴門の漁師で『情熱大陸』に登場した村公一さんの釣った鯛を、カルパッチョに。イカのコンフィのサラダ、自家製ニョッキ、阿波牛の薪火グリルと、徳島の幸を思う存分堪能できる。聞けば徳島食材に惚れ込んだオーストラリア人のマクラウド氏がヘッドシェフなのだとか。

また、徳島県のクラフトビール『RISE & WIN Brewing』や、特産のすだちサワー、グラスワインはロゼや泡など含め、自然派を中心に約10種が揃う。そして、1階のバーでもこれらドリンクは楽しめる。


客室はドミトリーでもタオルなどのアメニティ込み。枕元にセーフティボックスがあるのも便利だ。洗面所などの共有スペースも清潔そのもの。加えて徳島食材満載の朝食ブッフェも無料!1泊5000円以上と高めだが、その価値は十分にある。

村さんの釣った鮮魚のカルパッチョなど、徳島の豊かな魚種を堪能できるメニュー。ディナーはアラカルトとコース(6500円~)を用意

RISE & WIN KAMIKATZ IPA
1200円

朝食ブッフェから徳島豚と大根の煮付け、フィッシュカツを選択。徳島茶もいただける

TurnTableの店舗情報

[住所]東京都渋谷区神泉町10-3 [TEL]03-3461-7733 チェックイン:15時~24時/チェックアウト:11時 料金:ドミトリー5400円~ [交通アクセス]京王井の頭線神泉駅から徒歩2分 https://turn-table-hostel-jp.book.direct/ja-jp


電話番号 03-3461-7733

撮影・文/岡野孝次

2019年2月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
関連記事
芳醇な旨みのスープで食す博多風水炊きと宮崎の郷土料理・かご焼きを看板に、2018年5月にオープンした。使用するのは千葉県産の水郷赤鶏。
新潟県のアンテナショップ『表参道・新潟館ネスパス』に新たにオープンした立ち飲みスペース。ここがなかなかおもしろい。
麦焼酎の発祥といわれる壱岐焼酎。大麦2に対し米麹1の割合で仕込まれ、スッキリと飲みやすいものからウイスキーを思わせるものまで多種多様だ。
宮崎の焼酎を常時50種ほどを揃え、おすすめはクラッシュアイスでいただくロック。宮崎焼酎の魅力は、芋をはじめ、麦、蕎麦、栗、トウモロコシなど豊富な原料があること。
 日本で一番人口の少ない村・青ヶ島。約160人のうち10人が杜氏という、呑んべえにとって魅惑的な東京の秘境だ。
大正時代から続く老舗を若き5代目が継いだのは24歳の時。理由は先代の急逝だった。伝統を守りながらより高みを目指し、今35歳。
厳選の国産米を4時間以上かけて炊いたおかゆを12種類提供。看板商品の「POPEYE」(950円)は、ほうれん草のおかゆ。
かつての学芸大学から移って5年、白金高輪の地に隠れ家のような面持ちである店は、きれいな空気感がある。ほんのり甘くダシが品よく利いた玉子焼きしかり、プリッとしたエビとイカをサクッと軽く揚げたかき揚げしかり。
住宅街の奥深くに佇む『ターキー』。初めてでは見つけにくいけれど、各地から熱烈ファンが訪れる街中華の名店だ。
吉祥寺飲み&家飲みをしないおっさん女子だったが、最近では吉祥寺昼飲みを解禁した。 理由は“もーやってらんない”自分を、さらに甘やかすため。 休日の昼飲みは、居酒屋系のおっさん女子ですが、平日はオシャレ系です。しかもビールを飲んどります! 

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt