MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
話題の調理グッズCHECK[39]ダイソー『レンジで簡単 オムライス』2枚のお皿とレンジだけで作るオムライスに挑戦!

話題の調理グッズCHECK[39]ダイソー『レンジで簡単 オムライス』2枚のお皿とレンジだけで作るオムライスに挑戦!

またまた、ダイソーで気になる商品を見つけました。 なんと『レンジで簡単 オムライス』。 2枚のお皿で、レンジだけでオムライスができちゃうという、夢のようなモノ! 包丁も、フライパンも使わず、お皿2枚だけでオムライス作りに挑戦です!!

ダイソー『レンジで簡単 オムライス』2枚のお皿とレンジだけで作るオムライスに挑戦!


またまた、ダイソーで気になる商品を見つけました。

なんと『レンジで簡単 オムライス』。

2枚のお皿で、レンジだけでオムライスができちゃうという、夢のようなモノ!

包丁も、フライパンも使わず、約2分間チンするだけ。

さっそく、オムライス作りに挑戦です!!

『レンジで簡単 オムライス』

サイズ:重ねた時のサイズ/(約)幅161×奥行232×高さ46mm

上容器
原料樹脂:ポリプロピレン
耐熱温度:140度
耐冷温度:-20度
容量:500mL

下容器
原料容器:ポリプロピレン
耐熱温度:140度
耐冷温度:-20度
容量:600mL



まずは、基本ということで、裏面に書いてあるレシピでオムライスに挑戦!!

<材料>
たまご(M)・・・1個
油・・・小さじ1
ミックスベジタブル・・・25g
ソーセージ・・・1本
ケチャップ・・・適量
塩・・・少々
コショウ・・・少々
ごはん・・・150g


① たまごと油を溶き合わせ、黄色い容器に入れる。


このとき、黄色い容器に、たまご・油を入れて混ぜ合わせちゃえば、洗い物が減るね~!!(笑)

でも、容器に深さがないから、
こぼれそうで不安だったりして……。
(その場合は、
別容器で混ぜてから、入れる感じかな)


② 上容器と下容器をゆっくり重ねる。

カチッと音がして、
2枚が重なったことを確認。


「カチッ!」
(音がちゃんと鳴る)

なるほど~。


③ 上容器にごはんと具材を入れ、ケチャップと塩・コショウを入れる。

*ごはんは温かいものを使用。
*ソーセージは小さく切ってください。


ソーセージ1本、ごはん150gって、けっこうボリューミ~??


ここで、混ぜたくなるけど、混ぜないみたい。


④ 容器を重ねた状態で、ごはんを混ぜずに電子レンジに入れて加熱。

加熱時間の目安
500W 約2分30秒
600W 約2分
*700W以上では使用しない。



ウチのレンジでは、500Wで2分30秒の加熱。

「チン!」となって、チラッと見てみたら。

あら?


たまごが、まだ半熟以下ばぁ~い。


思い切って、500Wでもう1分やることにしたよ。

たまごは、いい感じになったみたい……。


⑤ 電子レンジから取り出し、ごはんをよくかき混ぜる。

シャカシャカシャカ~♪


上容器を外し、ごはんをお皿に盛りつけます。

下容器付けたまま、お皿に盛ったばい。


たまごが垂れて、お皿にちょこっと!!

わお!

⑥下容器のたまごを、ケチャップライスにかぶせてできがり!!

「とぅる~ん~」と。


たまごがごはんの上にかぶさり、ケチャップをつけ、完成!

『レンジで簡単 オムライス』で作ったオムライス


やっぱりごはんの量が多く、このレシピは私にとって、味も量もいまいちでした。

でも、お皿2枚だけ使って、オムライスができるって考え方は面白い……。



私なりのアレンジ系オムライスに挑戦したばい!


しばらく考えて、ごはんに油分のあるものにしたら、いいのかなぁ~?

たまごも、ふんわりしたほうがいいのでは??ってことで……。

いつもスクランブルエッグはレンジで作っているので、そのときと同じく、具はツナ缶にしてみたばい。

<私のオリジナルレシピ>

◎下の皿(オム部分)
たまご(M)・・・1個
牛乳・・・大さじ1
バター・・・適量

◎上の皿(ケチャップライス部分)
ソーセージをシーチキンに変更。
ミックスベジタブル・・・15g
ケチャップ・・・適量
コショウ・・・少々
塩・・・少々
ごはん・・・100g(少なめに)


① 下容器(卵用)に、たまご・牛乳・バターを入れ混ぜ合わせる。

シャカシャカシャカ~。


② 上容器(ごはん用)にごはんとミックスベジタブル、ツナ缶を入れ、塩、コショウ、ケチャップと入れたら、2枚を重ねる。


「カチッ!」


ケチャップライス部分の仕込みは、
こんな感じ。


③ 電子レンジ、500W 2分30秒でセット。



「チン♪」

 今度はいい感じのような~。


④ ごはんと具を混ぜ合わせる。

油分のあるツナ缶にしたことで、ごはんと具のなじみがよかばい。


シャカシャカシャカ~と。


⑤ たまごをごはんにかぶせる。

ミルクの効果(?)で、
少し、ふんわりできた気がする!!


ケチャップをかけて完成!!


「ツナケチャップライスのオムライス」が完成!


(もうちょっと『映える』ようににケチャップでデコればよかったけど……)

今度は、味もしっかりしてできている!!

お皿2枚使って、オムライスがレンジでできるのは、すごかばい。

でも、この容器セットでは、1人前しか作れない。

未来のダンナ様と2人分作るなら、これを2回繰り返すのね〜。

なんだかそれも、ラク(手抜き?)しすぎで、あまりよろしくないような……。


誰でも簡単にできるから、将来子どもができたら、冷凍のミックスベジタブルやツナ缶などを使い、いっしょに楽しみながらオムライスを作るとかなら、包丁も火も使わないから安全だし、アリかもな〜と思いました。







田中moko mokoくま3
九州生まれ。特技はアクリルたわし作り。本業は雑誌やカタログなどで活躍するスタイリストだが、現在、絶賛婚活中のアラフォー女子。お裁縫はもちろん、料理も掃除もきっちりこなすのに、なぜか「◎婚」に縁がない……moko mokoくま3が、気になる調理具を、実際に使ってレポートしていきます。


このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
ずっと前から気になっていたドイツ製のマルチ鍋の「WMF フュージョンテック ミネラル マルチポット」。 正規の製品の販売元が変わり、新たに売り出されたということで、奮発して購入しちゃいました〜!
100円ショップのセリアで見つけたのが、簡単にアイスクリームが作れるという、アイスクリーマー。冬の暖かい部屋で食べるアイスって最高! というわけで、さっそくチェキってみました〜♡
なぜか突然、きんぴらごぼうを作りたくなった私。 ごぼうピーラーを検索したら、いくつか商品があるみたいなので、今回は、「ささがきちゃんWスライサー」と「スピードキンピラピーラー」の2品を比べてみました。
あるデパートのキッチン用品売り場で、接客してくれた店員さん曰く「気づいたら売れている」商品が、Microplaneのゼスターグレーターというおろし金。 アメリカ製で、ほかにはない「切れ味」の商品らしい……。 さっそく購入して、チェキってみたばい!
なんに使うのかなぁ~? この形……。 よく行くキッチングッズ屋さんで、ずっ~と気になっていたキッチンツールがあります。 じ〜っと手に取って見ていたらお店の方が、「これ、『泡立て器』ですよ~!!」だって。 え~、これで混ぜる?? さっそく、チェキってみたばい……!
前身の醤油屋から合わせると120年以上の歴史を持つ老舗だ。だが、店構えにも店内にも堅苦しさはまったくない。
小学校時代、私はトーストしていない食パンが大嫌いだった……。 そして小学校を卒業する時に誓ったのでした……。「もうトーストしていない食パン(サンドイッチは除く)は二度と食べない!」と。 しかし、今は21世紀で、令和で、食パンブーム……。 最近、生で食べても美味しい“生食パン”っていうのがあるらしいじゃない……!
話題のブティックホテルの1階ラウンジにあるバーは、従来のホテルバーとは全く異なる開放的な空間。オリジナルカクテルはチーフバーテンダー・齋藤隆一さんと水岸直也さんによるもので、環境への配慮や地元貢献など、ホテルの5つのコンセプトに沿ってデザインされている。
ここではグルメライターが厳選した「銀座のおすすめカフェ」の情報をお届けします。ショッピングや食事を楽しんだら、ちょっと一息つきたくなるも。おいしいスイーツや甘味はもちろん、ランチタイムや夜にも利用できる、魅力の詰まったお店ばかりです!
店に入ると左手にカウンター、右手にゆったりしたテーブル席。気楽に居酒屋使いもできるのがうれしいところだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt