MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
大阪穴場グルメ_ワイン好き必見! 女性ソムリエの先駆者がオーナーのワインバー「Pinot Noir」は働く女性全員がソムリエ/大阪ローカル穴場メシ情報[68]

大阪穴場グルメ_ワイン好き必見! 女性ソムリエの先駆者がオーナーのワインバー「Pinot Noir」は働く女性全員がソムリエ/大阪ローカル穴場メシ情報[68]

レストランテのシェフやウェイターが常連。そんなお店がある。 彼らが足を運ぶ理由は通常より安価でワインを提供してくれるからだ。 そのお店こそが、大阪は東心斎橋にあるワインバー「Pinot Noir(ピノ・ノワール)」。 ワイン通の間では、実に知られたお店なのだ。

ワイン好き必見! 女性ソムリエの先駆者がオーナーのワインバー「Pinot Noir」は働く女性全員がソムリエ


レストランテのシェフやウェイターが常連。

彼らが足を運ぶ理由は通常より安価でワインを提供してくれるからだ。

そのお店こそが、大阪は東心斎橋にあるワインバー「Pinot Noir(ピノ・ノワール)」。

ワイン通の間では実に知られたお店で、オーナーの植野昌美さん(49)はソムリエとして25年のキャリアを持つ。

ワインバーを経営する女性ソムリエのフロンティア的存在だ。

リーズナブルにワインが楽しめるのは、大量にワインを仕入れるから。

店内に並ぶワインの数も相当なもの。


ところ狭しとワインが置かれている。


ボトルだけでなく、もちろんグラスワインやグラスのシャンパンも用意する。

値段は800円~となっていた。


もちろん先にビールを、という人のためにクラフトビールも。


最初にオーダーしたのは「ヴォルネイ 2014 ミッシェル・ラファルジュ」(1万1000円)。

「チェリーのような華やかな香りと豊かな果実味があり、とてもエレガントなワイン」とは植野さん。

確かに口に含んだ瞬間、一同美味しいと大絶賛。

特にワイン通の人からのウケが良い。

程よい渋みと酸味もあって、香りも豊かだ。


このワインは、屋号となったブルゴーニュのピノ・ノワール(ブドウの品種)。

店主が最も愛する品種でもある。

「日本の果実は糖度が重要視されますが、果実の本来は酸っぱさも甘みもあるもの」

若いから酸っぱさがあるのではなく、ワイン本来の持つ味であり、年数を置いた良いワインにも当然残る。

酸っぱさは悪いワインと勝手に決めつけていたが、いろいろと聞くうちに納得。

デキャンタによる酸化も、同じく味も香りも際立たせて滑らかにさせている。

次に注文したのは「グレ・バイ・コス・デストゥルネル 2014」(9000円)。



「力強いながらも滑らかなタンニンを持ち、熟した果実を思わせるふくよかなワインです」

口当たりは確かに力強さを感じさせる重めのワイン。

このワイン、好きかも……。

見ればカベルネなので納得。

好みは分かれるところか。

最後に出てきたのは「ル・プティ・リオン・デュ・マルキ・ド・ラス・カーズ 2013」(シャトー・レオヴィル・ラス・カーズのセカンドワイン)。

お値段1万1000円。

「あふれる果実味となめらかなタンニンを持ち、バランスのとれた豊潤なワインです」

なるほど、確かにバランスが良い。


「ファーストを知らずに、セカンドやサードを飲んでいる人はたくさんいる。
商売上、売れるからセカンドを出しているけど、造り手もプライドがあるので品質は間違いない。
プロ野球の一軍と二軍みたいな感じかな。サードはいわゆる洋服でも多いアウトレットのライン」
こう話すのは最近ソムリエを取得した友人。

高級と言われるワインはブドウの品質を保つため、不揃いのブドウはセカンドへ。

それ以下がサードに回されている。

手作業で避けているので、ファーストの値段が“それなり”なのは仕方ないのである。

安いワインは2、3年。

良いワインは5~10年が待つのが通例で、この日オーダーしたワインは後者にあたる。

ワイン通なら「こんな安くてええの?」と驚くような価格。

これからワインの勉強をしたいという人も親切丁寧に教えてもらえるので、ぜひ寄ってほしい。


ワインバーというと敷居が高く感じがちだが、植野さんはじめ女性のソムリエはいつも笑顔を絶やさない。

肩肘はらずに来訪してもらいたい。


ワインバー Pinot Noir(ピノ・ノワール)
[住所]大阪市中央区東心斎橋1-8-14
[TEL]06-6253-1167
[営業時間]18時~翌4時
[定休日]日曜








加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

このグルメ記事のライター
加藤慶@まとメシ

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
初めて訪れたときは、こんな場所に「お店が⁉」と正直驚いた。 言ってみれば鶴橋商店街のダンジョンから抜けてたどり着いた酒場という印象。 それが「よあけ食堂」だった……。 創業74年。長いカウンター席が特徴的で、一品料理から鍋、洋食など、さまざまな料理が楽しめる名店だ。
今から37年前、まだ大阪に餃子専門店と呼べる飲食店がなかった時代。先駆けて大阪で餃子を広めた人物がいた。 それが、関西でおなじみの有名CMソングを手掛ける作詞作曲家であり、ミュージシャンであり俳優の宇野山和夫さんだ。 そして、彼が37年前に開店した餃子専門店が「味奉行」なのだ……。
創業して52年目。 その老舗そば店は、京都洛北の大幸寺にルーツがある。 時代は江戸まで遡る。300年以上伝承されてきた「そば打ち秘伝」「つけ汁仕立て御式」を受け継いだのが「そばよし LINKS UMEDA店」だ。
新春1回目のルポなので、この日のために温存していた実に華やかな企画を送りたい。 米沢牛を愛してやまない1人の男の物語でもある。 男の名は、黒田辰巳さん(40)。 泉北高速鉄道「光明池駅」から車で約10分の場所にある「焼肉くろちゃん」のオーナーだ。
ホルモン料理がソウルフード。 そういっても過言ではないほど、いま大正ではホルモン店に脚光が再びあたっている。常に満席の人気店もあるなか、少し異質なホルモン店が今から1年と3ヵ月前にオープンした。 その名も「TAISHOU酒場1988」だ。
フルーツブランデーは果物から造られるヨーロッパの蒸留酒だが、日本では認知度の低い存在。世界的にも専門バーはほとんどないという。
創業は戦後間もなく。料亭からはじまり40年ほど前から、関西風うどんすきを出しはじめた。色とりどりの具材は、鶏肉、ハマグリ、湯葉、練り物、野菜など約20種類。
三軒茶屋のすずらん通り沿いにあるバー。3階はオーセンティックなバーだが、2階はクラフトジンを中心としたボタニカル・バーで、雰囲気も接客もカジュアル。
一歩入れば"榎本劇場"の始まりである。音楽は寿司屋らしからぬジャズ。目の前で活きエビを捌いて握るなどカウンターで熟練の技を魅せるのは店の主、榎本さんだ。軽妙な語りも加わり客の気分を盛り上げてくれる。
2016年に開業するや、『ミシュランガイド東京』で、2018、2019一ツ星を獲得した南俊郎シェフの店。テイクアウトで点心や中国茶を販売。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt