MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
撮り鉄の「食」の思い出(68)復興進む石巻線女川駅でカキ三昧/2005年~2019年

撮り鉄の「食」の思い出(68)復興進む石巻線女川駅でカキ三昧/2005年~2019年

石巻線は東北本線と接続する小牛田(こごた)駅を基点に海に面した石巻駅を経由して海沿いを進み、女川駅を繋いでいます。 東日本大震災でたいへんな被害を受けた宮城県の女川市と石巻線。 あの日から約8年の歳月が過ぎました。 女川駅と駅前は、新たな街として復興。名産のカキもたっぷりと味わうことができました。

復興進む石巻線女川駅でカキ三昧/2005年~2019年


東日本大震災でたいへんな被害を受けた宮城県の女川市と石巻線。

あの日から約8年の歳月が過ぎました。

女川駅と駅前は、新たな街として復興。

名産のカキもたっぷりと味わうことができました。


石巻線は、東北本線と接続する小牛田(こごた)駅を基点に海に面した石巻駅を経由して海沿いを進み、女川駅を繋いでいます。

この石巻駅~女川駅間の車窓から見える海が、女川湾から続く万石浦(まんごくうら)です。

外海と繋がっているのは少しだけで、地図で見ると湖のように見えます。

万石浦は、波は穏やかで、ワカメとカキの養殖が盛ん。

特にカキは現地の名産としての出荷はもちろん、ホタテの貝殻につけた稚貝が全国に送られている、カキのふるさとの海です。

万石浦に沿って走る石巻線の列車(2019年撮影)

万石浦はカキの養殖が盛んな海(2005年撮影)


万石浦に面した浦宿駅を過ぎると列車はいったん山の中を進み、女川市街に入っていきます。

終点は、港に向かって行き止まりの女川駅です。
 
かつての女川駅は現在より少し海側にあり、懐かしい感じの駅でした。

行き止まりのために、ホームからまっすぐに進むと改札と駅舎があるという、ちょっと珍しいタイプです。
 

かつての女川駅の駅舎(2005年撮影)


現在の駅は、以前の駅のやや山側に作られています。

駅舎には温泉もある新しい駅になりました。

新しい女川駅。中には日帰り温泉もある(2019年撮影)

女川駅。ホームの先に駅舎が見える(2019年撮影)


女川駅の駅舎を出ると、正面には少し遠く海が見えます。

駅前ロータリーから海の方向へ、レンガ造り広い道と左右にきれいな建物が並んでいます。

これが新しくできた商業施設のシーパルピア女川。


駅に近いエリアには飲食店やバー、土産物店から花屋、果物屋、肉屋、理容店……など、31もの店舗が並ぶ商店街。

おしゃれな店が多くて、楽しい街歩きができます。

シーパルピア女川のレンガ道。
正面に見えるのが駅舎(2019年撮影)


海に近いエリアには『ハマテラス』があります。

ハマテラスは女川の地元市場として作られていて、鮮魚店や水産加工品の販売から、魚介類などの食事も楽しめます。

女川駅には朝のうちに着いたのですが、開店し始めたお店を見て歩いているうちに、昼に近づいてしまいました。

そこで入ったのがハマテラス。

しっかり、焼きガキを出している店も見つけました。

ハマテラスの店内。
市場のような雰囲気がある(2019年撮影)

焼きガキを出すお店、
『Gozasinn(ございん)』発見!(2019年撮影)


まずは生ガキです。

レモンをちょっちょと絞って一気にほうばります。

口の中は、もう海そのもの。

さわやかな味がいっぱいに広がります。

まずは生ガキ(2019年撮影)

カキのしずる感がたまらない(2019年撮影)


続いて焼きガキ。

出てきたサイズに大小はあるのですが、大きいものは見事なサイズです。

焼いたカキの香りも抜群で、食欲を誘います。

まずは大きめから。

ふっくらとした身で、味も濃厚。

最高です。

続いて小さ目のもの。

こちらは少し焦げ目がついていて香ばしさが増して、これまたおいしいです。

ダイレクトにカキの味を楽しめて、大満足です。

ふっくらした焼きガキ(2019年撮影)

あがいんステーションで見つけた極上オイスターソースを使い、車内食を満喫!


カキを食べたハマテラスの斜め向かいに、お土産を売る『あがいんステーション』があります。

実は、このあたりに旧女川駅がありました。

お店の形も、旧女川駅をイメージして作られています。
(上にある旧駅舎の写真と比べるとよくわかります)


お土産を売る、あがいんステーション(2019年撮影)

店内は、宮城県のおいしいものが
いっぱい!(2019年撮影)


店内には女川をはじめ、三陸のおいしそうなものがいっぱいです。

目についたのは気仙沼完熟牡蠣のオイスターソース。

宮城県産のカキがいちばんおいしい時期に作られたというソースで、見ているだけで濃厚さが感じられます。

気仙沼完熟牡蠣の
オイスターソース(2019年撮影)


常温保存できるので、お土産にと購入したのですが……。

我慢できず、その夜の車内食に登場です。

まずは、ビンを開けたて。

新鮮なうちに、ストレートにカナッペにしてみました。

バゲットを切って、スライスチーズを乗せて、オイスターソースを少し。

そのままいただきます。

う、うまい!!

いつも使っているオイスターソースももちろんおいしいのですが、もっと濃厚にカキを感じます。

それも、なぜかフレッシュな印象まであります。

本当にクセになりそうです。

バゲット、チーズにオイスターソース。これだけで十分おいしい(2019年撮影)


さて、車内料理です。

オイスターソースの料理といえば、スープ、海鮮炒め、焼きそば……。

スーパーマーケットの売り場でいりいろ悩んで、やっぱりド真ん中で牛肉のオイスターソース炒めに決めました。


具材はシンプルに、牛肉、アスパラ、ブロッコリー。

アスパラとブロッコリーを軽くゆでて牛肉に合わせます。

味付けもシンプルに、たっぷりのオイスターソース。

これに、酒、塩コショウで味の調整だけ。

炒めることでカキの香りはより立って、なんとも贅沢。

牛肉にも負けないカキの味、最高でした。

牛肉、アスパラ、
ブロッコリーを炒めて……(2019年撮影)

牛肉のオイスターソース炒め完成(2019年撮影)


ちなみに2020年1月現在、おとなの週末の通販サイトでこの気仙沼完熟牡蠣のオイスターソースを扱っています。

ぜひ!


女川でカキを味わってからの帰り道、石巻の町に近い道の駅『上品(じょうぼん)の郷』に寄りました。

ここでも、カキが待っています。

まずは、カキの佃煮。

これまた濃厚で、お酒が進みそうな味。

要冷蔵ですが日持ちもするのでお土産にもなります。

道の駅で見つけたカキの佃煮(2019年撮影)

濃厚な味でがっつり楽しめる(2019年撮影)


次は、かきあめです。

道の駅で購入したかきあめ(2019年購入)


この飴は、見たことはあったのですが、購入するのは初めて。

購入してから調べてみると、歴史のあるお菓子でした。

作り始められたのは、1918年。

実に100年以上前。

残念ながら、津波で被災して製造できなくなっていたものの、石巻の珈琲工房を営む方が引き継いで復活を模索。

2018年に、再発売にこぎつけたそうです。

ここにも復興が進んでいるのを感じます。

 
食べてみると、淡い甘さから始まって、徐々に広がるカキの味。

しっかりとカキです。

見た目とのギャップも楽しいお菓子でした。


次回は女川の続きで、ホヤ編です。









佐々倉実(ささくら みのる)
 鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、初めて鉄道写真を撮ったのが小学生のころ、なんやかんやで約50年経ってしまいました。鉄道カメラマンなのに撮影の8割はクルマで移動、列車に乗ってしまうと、走るシーンを撮影しにくいので、いたしかたありません。そんなワケで年間のかなりの期間をクルマで生活しています。趣味は料理と酒! ヨメには申し訳ないのですが、日々食べたいものを作っています。
 鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、いろいろとお付き合いください。
 ちなみに、鉄道の他に“ひつじ”の写真もライフワークで撮影中、ときどきおいしいひつじの話も出てきます。なにとぞご容赦ください。

このグルメ記事のライター
佐々倉実@まとメシ

鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、お付き合いください。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
石巻線は東北本線と接続する小牛田駅を起点とする単線、非電化のローカル線です。 2015年までは国鉄時代から走り続けるディーゼルカーも走っていました。 白と緑色に塗られた車両で、田舎の風景によく合っていて、これを目当てに撮影に出かけました……。 今回は、大震災以降の石巻線と女川駅付近で出会ったホヤのお話です。
冬の朝は雨戸を開けて、ちょっとだけ見える富士山を眺めるのが自宅にいるときの日課です。 富士山が美しく見えていて、その日急ぎの予定がないと、反射的に出かけてしまうのが富士急行の撮影。 目覚めてから最初のシャッターまで2時間くらいと、近くて美しいのが魅力です。 この鉄道富士急行は多彩な列車が走る路線で、車内ではスイーツも楽しめます。
季節も冬になって山々が美しく見える季節になってきました。 もちろん富士山も白い雪をまとった姿で迎えてくれます。 数多くある、富士山を眺めて旅のできる路線から、今回は山梨県側を走る富士急行を紹介します。
鹿児島本線の門司港駅、現在も建っている駅舎が完成したのは大正初期のこと。 2019年の春、門司港駅がリニューアルしてグラウンドオープンとなりました。 特に駅舎2階にある旧貴賓室は、赤いじゅうたんや調度品がうっとりするほど。 駅舎の内部も、以前よりレトロ感、高級感が増して、これまた美しくなっています……。
いやぁラグビーW杯2019日本大会、面白かったですねぇ。 日本戦はもちろん、ほかの国の試合も、できるだけ見せてもらい、楽しみました。 それにしても、すごかったのが南アフリカ。 で、思い出したのが南アフリカの鉄道。 10年以上前に乗った、プレトリアからケープタウンまでを走る豪華寝台列車ロボスレイルです……。
フルーツブランデーは果物から造られるヨーロッパの蒸留酒だが、日本では認知度の低い存在。世界的にも専門バーはほとんどないという。
創業は戦後間もなく。料亭からはじまり40年ほど前から、関西風うどんすきを出しはじめた。色とりどりの具材は、鶏肉、ハマグリ、湯葉、練り物、野菜など約20種類。
三軒茶屋のすずらん通り沿いにあるバー。3階はオーセンティックなバーだが、2階はクラフトジンを中心としたボタニカル・バーで、雰囲気も接客もカジュアル。
一歩入れば"榎本劇場"の始まりである。音楽は寿司屋らしからぬジャズ。目の前で活きエビを捌いて握るなどカウンターで熟練の技を魅せるのは店の主、榎本さんだ。軽妙な語りも加わり客の気分を盛り上げてくれる。
2016年に開業するや、『ミシュランガイド東京』で、2018、2019一ツ星を獲得した南俊郎シェフの店。テイクアウトで点心や中国茶を販売。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt