MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
梅酒でおなじみのチョーヤが、初の常設BARを銀座にオープン!

梅酒でおなじみのチョーヤが、初の常設BARを銀座にオープン!

「今までにない梅との新しい出会い」を提案するというコンセプトで、梅酒カクテル専門BARが銀座にオープン。 本格梅酒「The CHOYA」を使用した梅酒カクテルや、日本ではここでしか飲めない免税店限定の、フレンチオーク樽熟成の梅酒などが楽しめる、『梅』専門のBARなのだ。

梅酒でおなじみのチョーヤが、初の常設BARを銀座にオープン!


「今までにない梅との新しい出会い」を提案するというコンセプトで、梅酒カクテル専門BARを銀座にオープンした。

日本で古来から健康のために食されてきた梅を梅文化として継承し、梅のもつ可能性を進化させてきたチョーヤ。

そのチョーヤが、梅の知識をフル活用してオープンした「The CHOYA 銀座 BAR」では、梅を使用したドリンクだけでなくフードも充実させ、梅酒カクテルと、それに合わせたペアリングフードを1つのお皿で表現するオリジナルメニューが大充実!

「The CHOYA」をベースにしたカクテルと、
それに合わせたペアリングフードを1つのお皿で表現した、
DISCOVERY COCKTAILに注目。


梅の質、量、熟成、ブレンド……。

チョーヤがもつ100年以上果実酒作りのノウハウをすべて注いで作り上げた贅沢な本格梅酒「The CHOYA」。

このThe CHOYA銀座BARでは、梅酒作りのプロが本気で取り組んだ「The CHOYA」を使ったさまざまなカクテルが楽しめるのが最大の魅力。


長年にわたる梅酒作りのノウハウから生まれた
傑作梅酒「The CHOYA」。
南高梅の華やかな香りと、重厚ななかにも
若さのあるキレのよい酸味が特徴。


開店に合わせ、チョーヤの梅酒作りのこだわりが詰まった本格梅酒「The CHOYA」を使用した梅酒カクテルだけでなく、ノンアルコールのモクテル、梅フードなど70種類以上を開発。

梅酒作りの専門家として『梅のちから』を新しいスタイルで発信するThe CHOYA銀座BAR。


ぜひ一度、梅との『初体験』を満喫してほしい!

The CHOYA銀座BAR(ザ・チョーヤ ギンザ バー)
[住所]東京都中央区銀座5-6-5 NOCO 7F
[TEL]03-3573-8015
[営業時間]17時〜23時半(23時L.O.)


このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
消費税が10%に上がり、仕事が終わってもまっすぐ帰宅。 家で飲むという方が増えたのではなかろうか。せっかくの家飲み、いつもより“いいお酒”でのんびりと過ごしたい。その思いに応えてくれるウイスキーが登場した。
1365views F&D 最新情報
焼酎甲類乙類混和売り上げNo.1のブランド「かのか」から、9月3日、新商品の芋焼酎が発売される。 新たに登場する「芋かのか」と、それに合う店舗ごとのオススメおつまみ1品が楽しめる“かのか散歩”が行われるということで、新宿にある思い出横丁へ向かった……。
11月15日は「おとなの週末」12月号の発売日です。今号は「鍋」を大特集!すき焼きからねぎまなどの「和鍋」、しゃぶしゃぶ、旨辛鍋といった、様々な三ツ星鍋をご紹介します。
パン好きで有名な女優、木南晴夏さんが「まだ見ぬ、東京新発見」をキーワードに、お気に入りのパン屋さんを集めた美味しいイベントを開催。 そのイベントは、西武渋谷店で9月22日(土)より開催される、パン祭りイベントの名は「木南晴夏の渋BREAD」。 おいしいパンが食べたい人、パンに興味のある人は、ぜひ西武渋谷店へ!
10120views F&D 最新情報
ビタクラフトは、全面多層構造のステンレス鍋など、ホーム&キッチンの優れたアイテムを発売するアメリカのメーカー。このビタクラフトが行った、「家庭料理で、調理を失敗する原因の約70%が火加減によるもの」というアンケート調査を元に、素材や調理にあった「温度の見える化」を実現したフライパンが登場した。
2320views F&D 最新情報
大正時代から続く老舗を若き5代目が継いだのは24歳の時。理由は先代の急逝だった。伝統を守りながらより高みを目指し、今35歳。
厳選の国産米を4時間以上かけて炊いたおかゆを12種類提供。看板商品の「POPEYE」(950円)は、ほうれん草のおかゆ。
かつての学芸大学から移って5年、白金高輪の地に隠れ家のような面持ちである店は、きれいな空気感がある。ほんのり甘くダシが品よく利いた玉子焼きしかり、プリッとしたエビとイカをサクッと軽く揚げたかき揚げしかり。
住宅街の奥深くに佇む『ターキー』。初めてでは見つけにくいけれど、各地から熱烈ファンが訪れる街中華の名店だ。
吉祥寺飲み&家飲みをしないおっさん女子だったが、最近では吉祥寺昼飲みを解禁した。 理由は“もーやってらんない”自分を、さらに甘やかすため。 休日の昼飲みは、居酒屋系のおっさん女子ですが、平日はオシャレ系です。しかもビールを飲んどります! 

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt