MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
大阪穴場グルメ_CMでおなじみの“あのミュージシャン”が手掛けた大阪初の餃子専門店「味奉行」/大阪ローカル穴場メシ情報[70]

大阪穴場グルメ_CMでおなじみの“あのミュージシャン”が手掛けた大阪初の餃子専門店「味奉行」/大阪ローカル穴場メシ情報[70]

今から37年前、まだ大阪に餃子専門店と呼べる飲食店がなかった時代。先駆けて大阪で餃子を広めた人物がいた。 それが、関西でおなじみの有名CMソングを手掛ける作詞作曲家であり、ミュージシャンであり俳優の宇野山和夫さんだ。 そして、彼が37年前に開店した餃子専門店が「味奉行」なのだ……。

CMでおなじみの“あのミュージシャン”が手掛けた大阪初の餃子専門店「味奉行」


今から37年前、まだ大阪に餃子専門店と呼べる飲食店がなかった時代。

世に先駆けて大阪で餃子を広めた人物がいた。

それがミュージシャンであり俳優の宇野山和夫さん(74)。

関西でおなじみの有名CMソングを手掛ける作詞作曲家であり、現在は「味奉行」という芸名で「やんちゃな高齢者」をリリース。

「三田佳子さんとは20年近く、土佐鶴のCMをやってました」という、大阪の大御所ミュージシャンなのだ。


エレベーターを降りると、宇野山さんと交友のある芸能人などの写真が飾られていて、左手が餃子専門店「味奉行」となる。


入り口も実にユニークだ。

とにかく宇野山さんはアイデアマン。

「このお店は37年になります。
ちょうど37歳の時に餃子専門店を始めたんですが、そのキッカケはハデな業界の表も裏も見てきたから。
周りの先輩方を見ると50代で仕事がなくなる人が多かったんです。
そうすると自分も将来を考えるじゃないですか。
それで飲食をやろうと思って。
大阪には餃子専門店がそれまでなかったから一からレシピを考えてスタートしたんです」

こうして生まれた焼き餃子。

一口サイズというのも当時の大阪では珍しく、値段も10個430円と安い。

当然ながら、すぐに話題となった。


「メニューもバラエティ豊かにしないとお客さんが来なくなると思ったんです。
それに、味も一ひねりを加えた。
流行ったら大阪では必ずマネされるからね。
マネができないように秘伝の味を作ったんです。
私以外、息子でも知らない味(笑)」

こうして生まれたのが「チーズ餃子」(8個・450円)。


チーズを厳選。

なおかつ、さまざまな相性を確かめて、揚げ餃子にした。

塩で食すのだが、これがまた旨い。

女性客に大ヒットしたメニューとなった。


パリッとした食感と、中のチーズの柔らかさがちょうど良い。

それでいて黒ゴマともマッチする。


宇野山さんには、次々と餃子のアイデアは浮かぶ。

「揚げ餃子」(8個・450円)も同店のオリジナルだ。


串に刺した餃子で上には花鰹がのる。

言うならば和餃子。


海苔で巻いて、それを揚げる。

いやはや、こちらもビールとこの上なく合う旨さだ。

「今までにホンマにいろんなことがありました。
お店の周りにも類似店がたくさんできましたけど、今ではどこも残っていない。
正直いえば、成功したというより生き残ったという感じですね」

味と値段にうるさい大阪で飲食店を成功させるのは非常に難しい。

長く続くには必ず“理由”があるのだ。

ちなみに冬季限定「ぶりしゃぶ餃子鍋」なんてメニューもある。

店内は83席と広々。

宴会、打ち上げでも利用できるので、ありがたいお店だ。


餃子専門店「味奉行」
[住所]大阪市北区西天満6-9-2RITYビル3階
[TEL]06-6365-8421
[営業時間]17:00~翌2:00
[定休日]不定休










加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

このグルメ記事のライター
加藤慶@まとメシ

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
初めて訪れたときは、こんな場所に「お店が⁉」と正直驚いた。 言ってみれば鶴橋商店街のダンジョンから抜けてたどり着いた酒場という印象。 それが「よあけ食堂」だった……。 創業74年。長いカウンター席が特徴的で、一品料理から鍋、洋食など、さまざまな料理が楽しめる名店だ。
創業して52年目。 その老舗そば店は、京都洛北の大幸寺にルーツがある。 時代は江戸まで遡る。300年以上伝承されてきた「そば打ち秘伝」「つけ汁仕立て御式」を受け継いだのが「そばよし LINKS UMEDA店」だ。
レストランテのシェフやウェイターが常連。そんなお店がある。 彼らが足を運ぶ理由は通常より安価でワインを提供してくれるからだ。 そのお店こそが、大阪は東心斎橋にあるワインバー「Pinot Noir(ピノ・ノワール)」。 ワイン通の間では、実に知られたお店なのだ。
新春1回目のルポなので、この日のために温存していた実に華やかな企画を送りたい。 米沢牛を愛してやまない1人の男の物語でもある。 男の名は、黒田辰巳さん(40)。 泉北高速鉄道「光明池駅」から車で約10分の場所にある「焼肉くろちゃん」のオーナーだ。
ホルモン料理がソウルフード。 そういっても過言ではないほど、いま大正ではホルモン店に脚光が再びあたっている。常に満席の人気店もあるなか、少し異質なホルモン店が今から1年と3ヵ月前にオープンした。 その名も「TAISHOU酒場1988」だ。
大正時代から続く老舗を若き5代目が継いだのは24歳の時。理由は先代の急逝だった。伝統を守りながらより高みを目指し、今35歳。
厳選の国産米を4時間以上かけて炊いたおかゆを12種類提供。看板商品の「POPEYE」(950円)は、ほうれん草のおかゆ。
かつての学芸大学から移って5年、白金高輪の地に隠れ家のような面持ちである店は、きれいな空気感がある。ほんのり甘くダシが品よく利いた玉子焼きしかり、プリッとしたエビとイカをサクッと軽く揚げたかき揚げしかり。
住宅街の奥深くに佇む『ターキー』。初めてでは見つけにくいけれど、各地から熱烈ファンが訪れる街中華の名店だ。
吉祥寺飲み&家飲みをしないおっさん女子だったが、最近では吉祥寺昼飲みを解禁した。 理由は“もーやってらんない”自分を、さらに甘やかすため。 休日の昼飲みは、居酒屋系のおっさん女子ですが、平日はオシャレ系です。しかもビールを飲んどります! 

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt