威南記海南鶏飯 日本本店|本場人気No.1のチキンライスが初上陸、シンガポール政府御用達(シンガポール料理/田町)

威南記海南鶏飯 日本本店|本場人気No.1のチキンライスが初上陸、シンガポール政府御用達(シンガポール料理/田町)

威南記海南鶏飯(ウィーナムキー ハイナンチキンライス)はシンガポール政府御用達としても名高い店。チキンスープで炊いたご飯と、しっとりゆで上げた鶏肉からなる「スチームチキンライス」は現地でも随一の味と評判。 ※ランチタイム有


威南記海南鶏飯 日本本店(最寄駅:田町駅)

シンガポール政府御用達としても名高い店。チキンスープで炊いたご飯と、しっとりゆで上げた鶏肉からなる「スチームチキンライス」は現地でも随一の味と評判。 15年9月には日本2号店となる『銀座EXITMELSA店』もオープンしている。

威南記海南鶏飯 日本本店

東京都港区芝浦3-4-1 田町グランパーク1階 ☎03-5439-9120 [営]11時~14時半LO、17時半~22時LO ※土・日・祝は~21時半LO [休]無休

電話番号 03-5439-9120
2016年3月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


本格的な海南鶏飯やラクサが【お得に】丸の内のホテルブッフェで楽しめる!

本格的な海南鶏飯やラクサが【お得に】丸の内のホテルブッフェで楽しめる!

日本でのシンガポール料理の先鞭をつけた『シンガポール海南鶏飯』が手がける、2017年3月にオープンしたホテルの新店「アスコット丸の内東京 トリプルワン シンガポール&チャイニーズキュイジーヌ」。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(62) 残暑の吉祥寺で食べるアジア飯もやっぱり米だよ、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(62) 残暑の吉祥寺で食べるアジア飯もやっぱり米だよ、の件

私は、白いご飯至上主義だが、国産米原理主義ではない。どこで作られた米でも、基本的に美味しいと思っているおっさん女子である。 実は、隠していたが、私は鶏肉至上主義でもあったのである。牛よりも、豚よりも、鶏。鶏肉、万歳! な人間であった。 そして、そんな私の残暑の元気メニューは、アジア系チキンライスである……。


「三田 ランチ」大盛り四天王!グルメライターおすすめ4選!

「三田 ランチ」大盛り四天王!グルメライターおすすめ4選!

三田エリアのランチをグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめ店、三田、学生街ランチは安い・旨い・大盛りランチの激戦区!!舌も胃袋も両方満たす、“腹十二分目”の極上店を4店まで大厳選。そんなにサービスして大丈夫なの?と不安になるほど、メシをワシワシと掻き込める。


焼鳥 嘉とう(焼き鳥/三田)のグルメ取材記事と写真

焼鳥 嘉とう(焼き鳥/三田)のグルメ取材記事と写真

三田エリアの焼き鳥店「焼鳥 嘉とう」のおすすめメニューのグルメ取材記事と写真のページ。「焼鳥 嘉とう」の店主の加藤さんは北千住の名店『バードコート』出身。弾力があり味わい深い奥久慈しゃもをメインに扱い、紀州備長炭で丁寧に焼き上げる。[焼鳥 嘉とう 住所]東京都港区三田3-3-2


並ぶ価値は本当にあるの!?行列店で行列してみた!(名古屋編)

並ぶ価値は本当にあるの!?行列店で行列してみた!(名古屋編)

美味しい店あり!と情報が流れれば、たちまちできる長い列。しかし、列の先に待つ味は、本当に美味しいのか。情報に踊らされているだけなのでは?行列店に並び、その価値を調べてきた!最後は「名古屋編」3店をご紹介!


最新の投稿


東京駅を大調査!北町ダイニングで厳選の三ツ星店2店!

東京駅を大調査!北町ダイニングで厳選の三ツ星店2店!

エリア別東京駅の三ツ星店【北町ダイニング編】!飲食店が数多くひしめく東京駅では、どこに入ればいいか迷いがち。時間があればいいが、急いでいるときにアレコレ言ってなんていられない!そこで、編集部スタッフがエリア毎にくまなく調査。食べまくって見つけた三ツ星店をご紹介します!


麻布十番『とんかつ 都』が奏でる【特選豚&繊細な衣】の絶品ハーモニー!

麻布十番『とんかつ 都』が奏でる【特選豚&繊細な衣】の絶品ハーモニー!

とんかつ 都のトンカツは、うおぉ~と心の声が漏れる感動の分厚さ。繊細でクリスピーな衣から顔を出すのは、経営する肉卸会社が日々厳選する特選豚だ。とんかつ 都 [住所]東京都港区麻布十番3-9-6


池袋の【肉厚ロース定食】は驚きの安さ!嬉嬉豚とんかつ『君に、揚げる。』

池袋の【肉厚ロース定食】は驚きの安さ!嬉嬉豚とんかつ『君に、揚げる。』

池袋のトンカツ店「嬉嬉豚とんかつ 君に揚げる」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「小さな養豚農家さんが一生懸命育てている本当に旨い肉をブランド化して応援したいんです」とは社長の言葉。肉卸の直営店だからこそ、プロが認める上質な肉を安く提供できるという訳で、群馬県産「嬉嬉豚」を使った肉厚ロースが何と850円!


必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

巣鴨のトンカツ店「亀かわ」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名の『亀かわ』とは?の問いに返ってきたのは店で扱う「甘熟豚南国スイート」の養豚家の名前。南九州で生産に取り組む亀川さんの育てた肉を使っているから名付けたのだそう。[住所]東京都豊島区巣鴨4-19-8


とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

高田馬場のトンカツ店「とんかつ ひなた」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「とんかつは、ご馳走だ」。このコンセプトこそが「とんかつ ひなた」の特徴そのものだろう。[住所]東京都新宿区高田馬場2-13-9


ランキング


>>総合人気ランキング