MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
スカイグリルブッフェ武藏|できたて にこだわるライブ感満点のブッフェ(ブッフェ/浅草)

スカイグリルブッフェ武藏|できたて にこだわるライブ感満点のブッフェ(ブッフェ/浅草)

店内に入ってまず目を引くのは窓からのこの絶景だ。浅草を一望するこちらのブッフェは、スカイツリーの開業に合わせてオープン。観光客を含め連日賑わいを見せるが、人気の理由はそのロケーションだけではない。他にはない独特なブッフェスタイルだ。スカイグリルブッフェ武藏[交]つくばエクスプレス「浅草駅」 直結 ※ランチタイム有

スカイグリルブッフェ武藏(最寄駅:浅草駅)

こちらではほぼすべての料理がライブキッチンで作られている。店内で立ち働く料理人は数十名。和・洋・中・スイーツのどのジャンルも専門の料理人が目の前で調理しているため、客側はまるで厨房にお邪魔しているような感覚だ。まさにライブ感満点。特に炎がたぎるグリル釜は一番の見どころで、数百℃の釜で肉が香ばしく焼かれるシーンを見ると、思わずテンションが上がってしまう。できたての味わいにとりわけこだわるこのブッフェは、食べ放題以上の刺激や満足感を与えてくれる。

ランチ
1人3480円 土・日・祝/3980円

手前はグリル釜で色よく焼かれた牛肉・魚介・野菜の盛り合わせ、奥はピッツァ・パスタ・マリネのイタリアン盛り合わせ。

白ワイン・グラス
850円

炒め物や焼きそばなどの中華料理もすぐ横の火元で調理

富士の溶岩石を使用した特注のグリル釜(内部は約400℃)で焼く牛肉は、釜の遠赤外線効果もあってふんわり柔らか。担当は依田卓也料理長

昔ながらのおばんざいが数々並ぶ和食ジャンルも人気

華やかに盛り付けられたスイーツ

スカイグリルブッフェ武藏

東京都台東区西浅草3-17-1 浅草ビューホテル26F ☎03-3842-6341 [営]7時~10時、ランチブッフェ:1部11時半~13時、2部13時15分~14時45分(土・日・祝のみ3部15時15分~16時45分)、17時半~21時45分 [休]無休 [席]200席(プレミアムペアシート、半個室は有料席)/全席禁煙(喫煙ルームあり)/予約可/カード可/サ10% [交]つくばエクスプレス浅草駅に直結、東京メトロ田原町駅より徒歩7分

電話番号 03-3842-6341
2016年3月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ホテル雅叙園東京 ニューアメリカングリル カナデテラスのランチブッフェに関するグルメ取材記事と写真のページ。店内のグリルで常時焼かれているのは、塩水に漬け込み、全体が均等な味になるよう下ごしらえされた牛肉、淡白さを青山椒の風味で包んだ鶏肉。さらに肉のショーキッチン前のブッフェ台にはスペアリブまで。
更新: 2018-10-15 17:10:18
ホテル前の柘榴坂を店名に冠し、2017年4月に『グランドプリンスホテル新高輪』がニューオープン。シェフが切り分けるローストビーフ、ライブで焼かれる魚介と野菜の網焼きグリル、パティシエが盛り付けるジェラートと、ショーキッチンは圧巻だ。圧巻のショーキッチン
更新: 2018-10-06 12:00:00
グルメライターが[アスコット丸の内東京 トリプルワン シンガポール&チャイニーズキュイジーヌ]を実食レポート。日本でのシンガポール料理の先鞭をつけた『シンガポール海南鶏飯』が手がける、2017年3月にオープンしたホテルの新店。[住所]東京都千代田区大手町1-1-1 22階
更新: 2018-12-04 17:00:24
三井ガーデンホテル銀座プレミア レストラン スカイ|天井から床までの大きな窓から望める浜離宮恩賜庭園や銀座の街並み。ホテルの16階に店を構える眺望抜群のこちらは、2017年6月末に前菜のみだったブッフェを、すべてブッフェにしてリニューアルオープンした。
更新: 2018-09-24 18:00:00
最新の投稿
手軽につまめるファストフード感覚の〈いなり寿司〉。基本がシンプルなだけに、その組み合わせはある意味無限大!ぜひ色々取り揃えて、食べ比べたい。ニューウェイブが増えている東京都内のいなり寿司をご紹介!
更新: 2019-03-22 12:35:23
手軽につまめるファストフード感覚の〈太巻き〉。基本がシンプルなだけに、その組み合わせはある意味無限大!ぜひ色々取り揃えて、食べ比べたい。具だくさんが楽しい東京都内の太巻きをいろいろご紹介!
更新: 2019-03-22 11:28:17
 “バーの街”吉田町を、大きな窓から見下ろすようにたたずむこの店のテーマは「バー未経験の女性がひとりで安心して来られる店」。それもそのはず、オーナーは女性バーテンダー!ならではの洗練された空間だ。
更新: 2019-03-21 18:00:00
 昼夜で名称こそ異なるが、このコースが昼夜共に1620円という衝撃価格!メインは週替わりで、ポークのコルドン・ブルーや肉汁あふれるハンバーグなど、フレンチの技法を駆使した実直な仕事が伺える料理が登場する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
吉祥寺の街をカオスに巻き込む花見シーズンがやってきました。 今年も店を求めて路頭に迷う人々が多そうです……。 桜のシーズンの井の頭公園はとても美しいですが、実は公園には謎なものがけっこうあります。今回は、そこにフォーカスしてみたいと思います……。
更新: 2019-03-19 16:05:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt