MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
ちゃんこ 浅瀬川(ちゃんこ鍋/本郷三丁目)|ウマい鍋はひとりでつついてもやっぱりウマい

ちゃんこ 浅瀬川(ちゃんこ鍋/本郷三丁目)|ウマい鍋はひとりでつついてもやっぱりウマい

おとなの週末「男のひとりめし」特集掲載店舗「ちゃんこ 浅瀬川」。鍋に火が通ってからの火加減調節は、丁寧にお店の人が対応してくれる。沸騰させず、かつ冷まさずの完璧さ!店主は、技能賞も受賞した元前頭筆頭・浅瀬川関。まさしく鍋も見事な技能賞であった。嗚呼、ごっちゃんです。[交]本郷三丁目駅より徒歩7分

ちゃんこ 浅瀬川(最寄駅:本郷三丁目駅)

“みんなでひとつの鍋をつつく”という言葉があるくらい、ひとりめしとはもっとも遠い銀河に光り輝く「ちゃんこ鍋」。 しかし『浅瀬川』の店頭に置かれたメニューには、しっかりとこう書いてある。「御一人様でもちゃんこ鍋できます。お気軽にご来店下さい(原文ママ)」。もうこれだけで、全米が泣いたといってもいいだろう。 アッサリしているが、鋭いままでエッジの効いた鶏ガラスープは、最後のおじやでも酒が呑める怒濤ぶり。 鍋に火が通ってからの火加減調節は、丁寧にお店の人が対応してくれる。沸騰させず、かつ冷まさずの完璧さで、もう己の中の鍋奉行の登場、余地無し! 店主は、技能賞も受賞した元前頭筆頭・浅瀬川関。まさしく鍋も見事な技能賞であった。嗚呼、ごっちゃんです。

鶏ガラスープ+鶏肉。王道のソップ鍋

〆のおじや!! 鍋とおじやに下写真の突き出しとさつま揚げが付く「さつま揚げコース」が1人前2700円。一人で席を予約する場合は、予約段階でコースの予約が必要。予約なしの場合は単品注文も可能

薩摩揚げの概念破る必食の「自家製さつま揚げ」(単品550 円) とコースに付く突き出し三点盛り

ちゃんこ 浅瀬川

[住所]東京都文京区本郷5-26-8 [TEL]03-3818-3918 [営業時間]17時~23時(22時半LO)土17時~22時(21時半LO) [休日]日・祝 [席]47席(カウンター7席)/カード不可/予約可/サなし [交通アクセス]東京メトロ本郷三丁目駅から徒歩7分

電話番号 03-3818-3918
2015年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
福岡市高砂エリアの居酒屋[相撲茶屋 大塚] のおすすめメニューのグルメ記事と写真。福岡場所の力士たちのお目当てのひとつが、あら(くえ)鍋。こちらのあらシャブは、身が厚く、食べ応えがあり、旨みがしっかり。[交通アクセス]地下鉄七隈線渡辺通駅2番出口から徒歩6分、西鉄天神大牟田線薬院駅中央出口から徒歩7分
 佐賀産の赤鷄から丁寧にとった白濁スープは、旨みたっぷり。これに、鶏ミンチや野菜を加えていくごとに、ふくよかな味わいが増す。
両国のちゃんこ鍋「割烹 吉葉」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。第43代横綱・吉葉山に由来する割烹・吉葉。旧宮城野部屋の姿がそのまま残る珍しい店だ。[住所]東京都墨田区横網2-14-5
3223views 両国グルメ
 鶏肉を使ったすき焼き「ひきずり鍋」が名物。鶏肉は地元の奥三河鶏をはじめ、全国から厳選。
東京軍鶏と比内地鶏の鶏ガラ100羽分を、厳選した鹿児島の天然水でじっくりと炊いた水炊き。余計な脂が徹底して除去されているので、一見濃厚なのに、味わいはとてもスッキリ。
イタリアンの経験があるオーナーの須藤さんが、台湾人の両親をもつ蘭さんと出会って台湾の魅力に触れ、昨年3月にオープンさせたお店。蘭さんの台湾の実家で食べた料理をベースに、東京の味を融合させ、ここならではの味を作り上げた。
南森町からほど近くの大阪天満宮にある鉄板焼きの店「gump(ガンプ)」は、「いま旨い店が多い」と評判の飲食店激戦区にある。 シェフの2名はフレンチ出身で、特に“ねらい目”はお手頃価格のランチだ。
『ザ・リッツ・カールトン東京』の寿司店で料理長としてカウンターに立ち、国内外の客の舌を喜ばせてきた店主・朝妻さん。30年以上培った江戸前の技をさらに探求するため昨年11月に独立した。
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt