MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
絶対に知っておきたい【銀座】の

絶対に知っておきたい【銀座】の"行列人気ラーメン店 ベスト7"!

銀座エリアで絶対に外せないラーメンを、グルメライターが徹底調査!ランキング常連、ミシュランのビブグルマン獲得、昭和創業の老舗など、都内でも指折りの人気店が集中していることが判明しました!知っておきたい情報を分かりやすくお届けしていきます♪

はじめに

ふと猛烈に食べたくなることがあるグルメといえば、ラーメン!!王道の醤油ラーメン、味噌ラーメンほか、つけ麺に坦々麺、冷やし中華などさまざまですが、せっかく食べるなら美味しいものを食べたいですよね♪
そこで今回は「銀座エリア」にスポットを当てて、行列ができる名店や、知る人ぞ知る老舗など、おすすめのラーメン屋をご紹介していきます!

銀座のラーメンマップ

まずは地図で各お店の場所をご紹介!最寄り駅別で表示しています。

『銀座 篝(かがり)』の“鶏白湯SOBA”/ 銀座駅A9出口 徒歩2分

▲鶏白湯SOBA(並) 1000円

看板を張るのが、丸鶏やすねつきモミジ、豚の背脂などを煮込んだクリーミーな「鶏白湯SOBA」と、煮干しやゲンコツに加え、香味野菜の甘みをじっくり引き出した「煮干醤油SOBA」だ。
マイルドなスープはポタージュのように濃厚でトロリとした舌触りだ。

オープンから一躍有名になったこのお店は、開店前から行列ができるほどの大人気店!ミシュランのビブグルマンを獲得したことでも有名です。
豚の背脂や鶏などを使った繊細な白湯スープは、旨みがたっぷりの品のいい味わい。とろりとしていて麺にもよく絡みます。「炙りチャーシュー」はそれだけでも超絶品!追加料金でトッピングもできるので、ぜひもりもりたくさん食べてみてください!

■『銀座 篝(かがり)』
[住所]東京都中央区銀座6-4-12 1F ※2018年12月27日に移転
[TEL]非公開
[営業時間]11時〜15時半、17時半〜
[休日]火曜日、不定休
[アクセス] 銀座駅A9出口から徒歩2分

『175°DENO担担麺GINZa』の"汁あり担担麺"/銀座一丁目駅8番出口 徒歩1分

▲汁あり担担麺 950円

札幌の人気担々麺が東京に進出。店名の“175°”とはラー油を作る温度で、175℃の温度で3時間じっくりスパイスを煮出すことで深い旨みを引き出している。
濃厚なごまの風味やスープやラー油の旨みを細麺に吸わせて楽しんで!

担々麺が食べたいときはこちらのお店へGO!四川料理を日本のラーメンと融合させ、独自の坦々麺を作り上げることをテーマにした、人気店です。
北海道産の小麦を使った麺はもっちりとした平打ち麺。旨味に重きを置いた味で、痺れはお好みに合わせて3段階から選ぶことができます。底に溜まった辛味成分を、よくかき混ぜて召し上がれ!トッピングのカシューナッツは香ばしく歯ごたえも楽しい!
〆にはチーズリゾットもおすすめです!

▲『175°DENO担担麺GINZa』店内の様子

■『175°DENO担担麺GINZa』
[住所]東京都中央区銀座2-6-16 銀座第2吉田ビルB1F
[TEL]03-6264-4044
[営業時間]11時半~22時LO※ランチタイム有
[休日]無休
[座席]カウンターあり、全21席/全席禁煙
[アクセス]地下鉄有楽町線銀座一丁目駅8番出口から徒歩1分

『銀座 風見』の“酒粕濃厚そば”/銀座駅C2出口 徒歩3分

▲酒粕濃厚そば 980円

白木造りの店構えと軒先まで香る酒粕とダシの香り。店内には一枚板のカウンターが設えてあり、扉を開けてもなおここがラーメン店であることを忘れてしまう。

「酒粕濃厚そば」は、伏見の酒蔵から取り寄せた酒粕を、タレとスープと共に手鍋で1杯ずつ温めて提供。

一見、寿司屋のカウンターかと見間違うような、上品な店内。ここで食べられるのは、やはり上品な、和の雰囲気漂う、珍しい「酒粕濃厚そば」。
白湯スープはややどろっとしていて、酒粕やあさり、醤油のタレがうまくマッチして、繊細な味に仕上がっています。具材も豊富で、味玉に海苔、チャーシューはロースとバラの2種類、栃尾揚げも入った味わい深い逸品。三つ葉もいいアクセントです。
季節限定の「牡蠣そば」も人気なので、シーズンが到来した際はぜひこちらも食べてみたい逸品です。

▲『銀座 風見』店内の様子

■『銀座 風見』
[住所]東京都中央区銀座6-4-13 浅黄ビル1階
[TEL]03-3572-0737
[営業時間]11時半~15時20分LO、17時半~22時LO、祝日:11時半~20時LO
[休日]日曜日
[アクセス]地下鉄銀座線ほか銀座駅C2出口から徒歩3分

『中華三原』の"チャーシューワンタン"/東銀座駅A1出口 徒歩1分

▲チャーシューワンタン 800円

創業は昭和38年頃、銀座5丁目の裏小路に佇む、都会の奇跡のような存在。客のほとんどが、座ると同時に「自分定番」のメニューを注文する、正しき姿のザ・町中華。

時間が経過しないとこの雰囲気は絶対に出ない、ほっこりする昔ながらの街の中華屋さんがこちら。
おすすめのチャーシューワンタンの「ワンタン」は、ニンニク風味の柔らかい餡が程よい存在感。もやしもたくさん入っていて、お腹いっぱいになります!
他にも「炒飯」は、シンプルながらしっかりした味付けで、注文する人の多い人気メニューです!
自分の定番メニューを、ぜひ発見しに訪れてみてください。

▲『中華三原』外観

■『中華三原』
[住所]東京都中央区銀座5-9-5
[TEL]03-3571-4359
[営業時間]17時~21時半、土曜日~21時
[休日]日曜日・祝日
[座席]全18席/14時まで禁煙/予約不可/カード不可
[アクセス]地下鉄日比谷線東銀座駅A1出口から徒歩1分

『担々麺ごまる』の“排骨担担麺”/銀座一丁目駅10番出口 徒歩2分

▲排骨担担麺 1130円(ランチ)

担々麺ごまるの担々麺はさわやかな香りの赤山椒とピリリとしびれる青山椒をブレンドした花椒と、スパイスや花椒の風味を重ねた旨みのあるラー油を利かせた担々麺。
「排骨担担麺」は、揚げたての豚肉がどんとのった、食べ応えのある一杯。麺はもっちりとした食感の中太麺を合わせている。

坦々麺専門店のこちらのお店は、きれいな店内で女性客も一人で入りやすいと評判です!
辛さは4段階から選べ、赤と青の山椒をブレンドしており、基本的に少し辛めなのですが旨みがガツンとあってクセになる!
面白いのが、小さいすり鉢とすりこぎとゴマが運ばれてきて、自分でごまをすること。最初はそのまま食べて、途中でこのゴマを投入すると、二度美味しいんです。
特におすすめなのが、揚げた豚肉をのせた、写真の『排骨坦々麺』!ボリューミーで男女ともに人気のメニューです。この肉を白ごはんにのせて食べるのもまた旨い!!何度でも足を運びたくなる名店です。

▲『担々麺ごまる』店内の様子

■『担々麺ごまる』
[住所]東京都中央区銀座1-14-5銀座ウイングビルB1
[TEL]03-3563-0888
[営業時間]11時~21時半、土曜日・日曜日・祝日:~16時
[休日]無休
[座席]カウンター6席、テーブル30席、計36席
[アクセス]地下鉄有楽町線銀座一丁目駅10番出口から徒歩2分

『萬福』の"冷やしそば"/東銀座駅3番出口 徒歩2分

▲冷やしそば(醤油味)990円

創業は昭和4年。戦前から冷やし中華を出しており、当時は玉子、ナルト、チャーシューをのせたものだったという。現在は、具材は違えど昔から変わらぬ甘酢醤油味と、夏季限定の鶏ごま味の2種類を提供している。

▲冷やしそば(とりごま味)990円

大正時代の屋台から始まり、現在までその味が引き継がれる歴史あるお店です。冷やし中華は年中いつでも食べられる「醤油ベース」と、夏季限定の「とりごま」の2種類。どちらもファンが多く、この味を求めて人が集まってきます。
「とりごま」に使う鶏もも肉は、チャーシューのタレで煮込んだもの。麺の上にどどーんと鎮座し、なかなかの迫力です。手作りのゴマダレはゴマを炒ってからペースト状にすりつぶす手間を惜しみません。
醤油は王道の甘酢醤油味で、見た目も味も期待を裏切りません♪
どちらも選びがたいおいしさ!ファンが多いのも納得ですね。

■『萬福』
[住所]東京都中央区銀座2-13-13
[TEL]03-3541-7210
[営業時間]11時~15時半、17時~22時半LO、土曜日:~22時LO
[休日]日曜日・祝日
[座席]カウンター7席、テーブル席20席 計27席/昼のみ全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし
[アクセス]地下鉄日比谷線など東銀座駅3番出口から徒歩2分

『SHIBIRE NOODLE蝋燭屋』の“担々麺”/銀座駅B3口 徒歩3分

▲担々麺 1000円

中華の経験を活かした“痺れ系”ラーメンの専門店で、“汁あり”、“汁なし”、夏は“冷やし”と3種の担々麺を展開する。
汁あり担々麺は、ピーナッツやごま、ラー油などレンゲを入れる場所によってスープの印象がガラリと変わる。

刺激を求めて来店する人多数!ひとりでも入りやすい雰囲気のこちらのお店、テレビでも紹介される人気の店なのでいつも行列ができています。
汁ありの「坦々麺」は、1口目はマイルドな濃厚さを感じるが、食べ進めるうちに辛さで汗が出てきて、舌に痺れを感じます!
卓上には「ぶどう山椒オイル」「ブレンド酢」「唐辛子」などのおすすめ調味料が置いてあり、お好みで投入するとまた一味違う美味しさに出会えます♪
「麻婆麺」も大人気で、中太麺が麻婆とよく絡み完成度の高い逸品!刺激好きな方はぜひ!!

▲『SHIBIRE NOODLE蝋燭屋』店内の様子

■『SHIBIRE NOODLE蝋燭屋』
[住所]東京都中央区銀座3-5-16 第一島田ビル 1階
[TEL]03-6263-2970
[営業時間]11時半~15時LO、17時~21時LO ※ランチタイム有
[休日]日曜日
[座席]カウンターあり、全14席/全席禁煙
[アクセス]地下鉄銀座線ほか銀座駅B3口から徒歩3分

おわりに

気になるお店はみつかりましたか?!最後まで読むと、口がラーメンを欲しているはず!季節を問わず、私たちをたった一杯だけで満足させてくれるラーメン!さっそく訪れてみてくださいね!

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
人気グルメ雑誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で発見!東京都内の数多の店舗の中から、実際に食べ歩いて見つけた絶対に「いま食べておきたいラーメン」を厳選して13店舗ご紹介します。店舗情報やMAPもあり!
グルメ専門誌「おとなの週末」ライターが覆面調査で実際に食べたお店だけを厳選。今回は「新宿のラーメン店」を徹底調査。新宿、新宿3丁目、新宿御苑エリアはラーメン激戦区。あっさり、こってり、醤油、味噌など至極の一杯を紹介!
担々麺に特化した専門店がじわじわ増加中。汁あり、汁なしの定番をはじめ、夏にぴったりの冷やしメニューなど個性豊かな東京都内のおすすめ担々麺をたっぷりご紹介します!その独特の味わいや香りに夢中になる方もいて「一度食べると病みつきになる!」
蕎麦、うどん、焼きそばにスパゲッティ、珠玉のラーメンまで!専門店で高級店であらゆる場所で見かける麺。誰しもが興味のあるジャンルと言えましょう。グルメ雑誌「おとなの週末」の覆面調査員が日頃、仕事の合間に、週末に、好んで食べに行く、とっておきのお店が続々登場。今回は珠玉のラーメン三ツ星店!ズズ、ズイーッとご覧ください。
美味しいものには目がないこの世代にこそ、ぜひ味わっていただきたい至極のラーメン特集<味噌編>。東京都内のおすすめ店舗をご紹介!スパイシーで濃厚、ラードで覆われた熱々の札幌系味噌ラーメンや、どろりと濃厚なこってり系味噌が主流だったジャンルに、“清湯味噌”の兆しが見えてきました!
サラリーマンがホッピーを酌み交わすここは、どう見ても大衆酒場。だがしかし、しかしですよ、テーブルには焼きとんとビストロ料理が共に並び、手渡される手書きリストにはレアなワインまでズラリ。
ユニークな素材をそれぞれ異なる餡で包んだ菓子9種類。抹茶餡+黒糖焼酎に漬け込んだレーズン、生姜入り白餡+蜂蜜餡など斬新な組み合わせだが、素材の味が餡と見事に馴染んでいる。
「マグロが好きで寿司職人になった」と話す店主の本多さんが頑なにこだわり続けるのは、大間をはじめ日本近海で獲れる天然物の生本マグロ。色、艶、弾力、脂のり、それらを納得して仕入れる築地一の上物は神々しいまでに美しく、部位に切り分けて丁寧に処理を施す柵取りは「自分でやらなきゃ気が済まない」と笑う。
JR東日本を利用している人にはおなじみのコンビニ、ニューデイズで購入したのが、今回紹介するアマタケの「サラダチキン ランチ」シリーズ。 目指したのは「主食になるサラダチキン!」で、ピザ味、鶏めし味といった炭水化物系のフレーバーを採用することで、主食を食べている気分になれるというものだ。
308views 脱メタボ
『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt