MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
OSAKAきっちん。銀座本店(鉄板焼き/東銀座)|フワフワ食感のお好み焼きを

OSAKAきっちん。銀座本店(鉄板焼き/東銀座)|フワフワ食感のお好み焼きを

〆には、つなぎに水分の少ない大和芋を使用する、ふっくらとしたパンケーキのような食感のお好み焼きを。外側をカリッと焼いた「焼きごま豆腐」などの独創的なメニューも魅力だ。OSAKAきっちん。銀座本店[交]東京メトロ日比谷線・東銀座駅から徒歩1分

OSAKAきっちん。銀座本店(最寄駅:東銀座駅)

築地市場から仕入れる、刺身でも食べられるほど新鮮な魚介や、上質な黒毛和牛をはじめとした鉄板料理を、まずはソムリエが選ぶワインと共に楽しみたい。そして〆には、つなぎに水分の少ない大和芋を使用する、ふっくらとしたパンケーキのような食感のお好み焼きを。外側をカリッと焼いた「焼きごま豆腐」などの独創的なメニューも魅力だ。

OSAKAきっちんスペシャル
1620円

具材にはタコや海老などの魚介2種に加え、じっくり煮込んだ牛スジが入る

黒毛和牛サーロインステーキ
3240円

この日はA4黒毛和牛を使用。脂の上品な甘みがたまらない。トリュフ塩やおろしポン酢、ワサビでいただく

焼きごま豆腐
626円

吉野葛で固めた自家製胡麻豆腐は、焼けば外はカリカリで中はモッチリ。ゴマの風味もたっぷりだ

OSAKAきっちん。銀座本店

[住所]東京都中央区銀座4-14-19 グレート2階 [TEL]03-6228-4951 [営業時間]17時頃〜24時頃 [休日]日 [交通アクセス]東京メトロ日比谷線・東銀座駅から徒歩1分

電話番号 03-6228-4951

OSAKAきっちん。の関連記事

2016年3月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
グルメライターが恵比寿のお好み焼き店[お好み焼き いまり 恵比寿店]を実食レポート。これぞゴールデンコンビ。『お好み焼き いまり 恵比寿店』の「レモン酎」は焼酎に国産レモンを皮ごと数日、さらに皮を取った実を2週間ほど漬け込んだものを使う甘さナシのスッキリタイプ。[住所]東京都渋谷区恵比寿西2-3-11
野菜焼きから焼きそば・お好み焼各種まで、軽いものから腹がしっかりふくれるものまで熱々の鉄板焼きを楽しめる。「山芋とろろ焼き」は長芋と大和芋をすりおろしたものに卵とネギを合わせ焼いたもの。
たこ焼きをアテに飲める居酒屋が大阪には多い。この店もそのひとつだ。タコの旨みが生地に染み込みジュワッと旨い!
本店は大阪のコリアンタウン・鶴橋にあり、創業50年にもなるミシュラン掲載店。支店であるグランフロント大阪店は出張組には好立地だが、行列も多いので覚悟を。
[お好み焼ハウス フラワー]のグルメ記事と写真のページ。5年前に出合って以来、たまに無性に食べたくなるのがお好み焼ハウス フラワーの名物、お好み焼き「フラワー」だ。真っ赤なソースにベビーリーフの緑、マヨネーズの白が映える見目麗しい一品。
サラリーマンがホッピーを酌み交わすここは、どう見ても大衆酒場。だがしかし、しかしですよ、テーブルには焼きとんとビストロ料理が共に並び、手渡される手書きリストにはレアなワインまでズラリ。
ユニークな素材をそれぞれ異なる餡で包んだ菓子9種類。抹茶餡+黒糖焼酎に漬け込んだレーズン、生姜入り白餡+蜂蜜餡など斬新な組み合わせだが、素材の味が餡と見事に馴染んでいる。
「マグロが好きで寿司職人になった」と話す店主の本多さんが頑なにこだわり続けるのは、大間をはじめ日本近海で獲れる天然物の生本マグロ。色、艶、弾力、脂のり、それらを納得して仕入れる築地一の上物は神々しいまでに美しく、部位に切り分けて丁寧に処理を施す柵取りは「自分でやらなきゃ気が済まない」と笑う。
JR東日本を利用している人にはおなじみのコンビニ、ニューデイズで購入したのが、今回紹介するアマタケの「サラダチキン ランチ」シリーズ。 目指したのは「主食になるサラダチキン!」で、ピザ味、鶏めし味といった炭水化物系のフレーバーを採用することで、主食を食べている気分になれるというものだ。
306views 脱メタボ
『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt