MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
トップテーブル|究極のローストビーフ丼!名シェフが作り出したアレンジ自在の一杯(洋食/東京ソラマチ)

トップテーブル|究極のローストビーフ丼!名シェフが作り出したアレンジ自在の一杯(洋食/東京ソラマチ)

おとなの週末「本当に旨いローストビーフ丼」特集掲載商品。東京ソラマチにある「トップテーブル」の「究極のローストビーフ丼 」は新感覚和食の旗手として海外でも活躍する有名シェフ、ハル・ヤマシタ氏が考案したもの。[交]押上駅から直結、東京ソラマチ1階 ※ランチタイム有

トップテーブル(最寄駅:押上駅)

2日間かけてマリネした牛モモ肉を200℃の高温でローストし、余熱でじっくりと火を通すことで、よりレアに近いなめらかな舌触りに仕上げている。 これに合わせるのは、皮付きのまま低温調理した玉ねぎをペースト状にした醤油ベースのソースと、レモンのフレッシュな酸味をきかせた自家製の辛子マヨネーズ。温泉玉子やパクチーなどのトッピング(+108円)を添えて、自分好みのアレンジも自由自在だ。

究極のローストビーフ丼
1058円

究極のローストビーフ丼+温玉+パクチー パクチーを加えることで、一気にエスニックテイストに。力強いコクの牛肉に、優しい甘さのソースがしっかりと寄り添っている

温玉
108円

パクチー
108円

トップテーブル

東京都墨田区押上1-1-2 東京ソラマチ1階 ☎03-5610-5152 [営]9時〜23時(22時半LO) [休]施設の休館日に準ずる [席]2席×16卓、4席×6卓 計56席/全席禁煙/カード可/予約可/サなし [交]地下鉄半蔵門線ほか押上駅から直結 ※ランチタイム有

電話番号 03-5610-5152
2016年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
開けた室堂には、数か所の山小屋や池をめぐる散策路が整備されているが、目指すは日本一高所にある天然温泉『みくりが池温泉』だ。泊まり客でなくても入浴や食事が楽しめる。
駅から近いけれどちょっと隠れた立地のせいか、ゆっくり食事ができる地元ご用達店。ランチのイチオシは牛カツで、たっぷりしたサラダの生野菜と手の込んだお惣菜が付くのがうれしい。
食料自給率の高い官僚のエネルギー源で午後へのチャージ!平日のランチタイムのみ一般開放されている農林水産省内の食堂に、幻のメニューあり! それが写真の「イワシ鯨ステーキ膳」なのだ。
代官山のキューバ料理店「Cafe Habana TOKYO(カフェハバナトウキョウ)」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。97年にオープンし、ザガットをはじめ数々の賞を受賞したキューバレストランが昨年代官山にやってきた。[住所]東京都渋谷区猿楽町2-11
べるもんた、特急花嫁のれん、のと里山里海、アルプスエキスプレス、雪月花に乗車! それぞれが個性的な客席を持つ5つのグルメ列車を乗り継ぎ、富山・石川・新潟を味わい尽くす“至福の美食旅”、いざ出発!
かつての学芸大学から移って5年、白金高輪の地に隠れ家のような面持ちである店は、きれいな空気感がある。ほんのり甘くダシが品よく利いた玉子焼きしかり、プリッとしたエビとイカをサクッと軽く揚げたかき揚げしかり。
住宅街の奥深くに佇む『ターキー』。初めてでは見つけにくいけれど、各地から熱烈ファンが訪れる街中華の名店だ。
吉祥寺飲み&家飲みをしないおっさん女子だったが、最近では吉祥寺昼飲みを解禁した。 理由は“もーやってらんない”自分を、さらに甘やかすため。 休日の昼飲みは、居酒屋系のおっさん女子ですが、平日はオシャレ系です。しかもビールを飲んどります! 
赤々と炭を熾した囲炉裏がこの店の舞台。その周りに置かれた席に腰をかければ“三九劇場”の幕が上がる。
初めて訪れたときは、こんな場所に「お店が⁉」と正直驚いた。 言ってみれば鶴橋商店街のダンジョンから抜けてたどり着いた酒場という印象。 それが「よあけ食堂」だった……。 創業74年。長いカウンター席が特徴的で、一品料理から鍋、洋食など、さまざまな料理が楽しめる名店だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt