MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
や満登のランチ「飛騨牛焦がし醤油ステーキ丼」のグルメ記事

や満登のランチ「飛騨牛焦がし醤油ステーキ丼」のグルメ記事

「これぞ、悶絶のステーキ丼」特集掲載の一品、「や満登」の「飛騨牛焦がし醤油ステーキ丼」は焦がし醤油の香ばしい風味が、サーロインの脂の甘みや風味をくまなく引き出す。広々とした店内の落ち着いた雰囲気も抜群で、贅沢なランチタイムになること請け合いだ。[アクセス]JR山手線ほか東京駅八重洲北口から徒歩1分

や満登(最寄駅:東京駅)

飛騨牛のサーロインを引き立てる焦がし醤油

 夜は会席コースを主軸とし、飛騨牛のすき焼きやしゃぶしゃぶも愉しめる明治35年創業の日本料理店。昼に10食限定で食べられるのが、このステーキ丼だ。生産地から直接仕入れる、最高級飛騨牛のなかでもキメ細やかなサシの入ったサーロインのみを使用。醤油の香ばしい風味を生かした、継ぎ足して作られるタレをまとわせながら、さっと炙ることで、芳醇な甘みを持つ肉の魅力を最大限に引き出している。セットには小松菜やフルーツ入りのフレッシュジュースと小鉢がつくのもうれしい。広々とした店内の落ち着いた雰囲気も抜群で、贅沢なランチタイムになること請け合いだ。

飛騨牛焦がし醤油ステーキ丼と小鉢
1900円(昼のみ)

焦がし醤油の香ばしい風味が、サーロインの脂の甘みや風味をくまなく引き出す。普通サイズには1人前80gの肉がのる。

や満登

[住所]東京都中央区八重洲1-7-4 矢満登ビル地下1階 [TEL]03-3271-2491 [営業時間]11時〜14時(13時半LO)、17時〜22時半(22時LO) [休日]土・日・祝 [席]カウンター10席、テーブル2席×1卓、4席×2卓、6席×2卓、4名用個室1室、8名用個室2室、20名用個室1室 計72席/昼は全席禁煙、夜は個室以外は禁煙/カード可/夜のみ予約可(昼はコースのみ)/夜のみサ10%、コース以外はお通し代540円別 [交通アクセス]JR山手線ほか東京駅八重洲北口から徒歩1分

電話番号 03-3271-2491
2016年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
静かな北鎌倉は夜になるといっそうひっそりとする。通りからさらに少し引っ込んだ『こころや』は、知らなければまず辿りつけない。
人形町・甘酒横丁にある会席料理店の名物。生の白胡麻の皮を取り、丹念にすって練り上げた純白の胡麻豆腐に、煎った白胡麻のタレをかけていただく。
裏路地のかくれんぼ横丁に位置する「肉会席 ゆかわ」。もともと料亭として使われていたという和空間でのランチは、前日夜8時までの完全予約制だ。
グルメ雑誌「おとなの週末」の人気コラム「おいしい往復書簡」掲載店舗。門上武司が関西でおすすめする担々麺をご紹介。スタッフ全員で一丸となり精魂込めて稲から育て収穫したお米は英気の宿る、恵みの味わい
 意外なほど朝ご飯が充実している鎌倉にあって、ここは別格。京都の朝食の名店が今年春に鎌倉店をオープンした。
大正時代から続く老舗を若き5代目が継いだのは24歳の時。理由は先代の急逝だった。伝統を守りながらより高みを目指し、今35歳。
厳選の国産米を4時間以上かけて炊いたおかゆを12種類提供。看板商品の「POPEYE」(950円)は、ほうれん草のおかゆ。
かつての学芸大学から移って5年、白金高輪の地に隠れ家のような面持ちである店は、きれいな空気感がある。ほんのり甘くダシが品よく利いた玉子焼きしかり、プリッとしたエビとイカをサクッと軽く揚げたかき揚げしかり。
住宅街の奥深くに佇む『ターキー』。初めてでは見つけにくいけれど、各地から熱烈ファンが訪れる街中華の名店だ。
吉祥寺飲み&家飲みをしないおっさん女子だったが、最近では吉祥寺昼飲みを解禁した。 理由は“もーやってらんない”自分を、さらに甘やかすため。 休日の昼飲みは、居酒屋系のおっさん女子ですが、平日はオシャレ系です。しかもビールを飲んどります! 

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt