MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
焼肉 ゑびす本廛|ブランド牛がたっぷりのる贅沢丼をお手頃価格で(焼肉/神田)

焼肉 ゑびす本廛|ブランド牛がたっぷりのる贅沢丼をお手頃価格で(焼肉/神田)

85年前に精肉店として創業。現在は3代目の兄弟ふたりで焼き肉店を営んでいる。コクと甘みが持ち味の常陸牛をたっぷりのせた丼が手頃な価格で味わえるとあって、ランチタイムには行列を作る人気ぶりだ。焼肉ゑびす本廛 (エビスホンジン)[交]JR山手線ほか神田駅北口から徒歩4分 ※ランチタイム有

焼肉 ゑびす本廛(最寄駅:神田駅)

使用するのは、キメ細やかで柔らかな繊維が特徴のランプ肉。にんにくや生姜、フルーツをふんだんに使用した自家製タレをからませながらレアに焼けば、赤身部位ならではの力強い風味をトコトン堪能できる。他にも牛コマ切れ肉、キャベツ、ナポリタンを豪快に混ぜていただく、オリジナルメニュー「ゑびす鉄板焼き」もオススメだ。

和牛ランプステーキ重
1080円(昼のみ)

しっかりとした旨みを持つランプ肉に、生姜やニンニク入りのパンチのあるタレが絶妙にマッチ。ご飯がこれでもかと進んでしまう。温泉玉子のせはプラス100円

温玉
100円(昼のみ)

ゑびす鉄板焼き
1050円 (昼のみ)

1日限定10食のメニュー。鉄板に酸味のあるソースをかけ、熱々を混ぜ、ご飯にのせていただく。それぞれの具材の味わいや食感のバランスがお見事! 好みでタバスコをかけてもよし

焼肉 ゑびす本廛

[住所]東京都千代田区神田司町2-6-6 第一丸正ビル [TEL]03-3254-2903 [営業時間]11時半〜14時(13時半LO)、17時〜23時(22時半LO)、土曜日:17時半〜21時半(21時LO) [休日]日曜日・祝日 [座席]4席×13卓 計52席/禁煙席なし/夜のみカード可/夜のみ予約可/サなし、お通し代540円別 [アクセス]JR山手線ほか神田駅北口から徒歩4分

電話番号 03-3254-3438
2016年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
希少部位の握りに、目の前で炙った赤身の七輪焼き。とび切りの黒毛和牛をハイコスパで味わうならば、ここを訪れるべし!
神田駅西口にある予約のとれない人気焼肉店が3月にオープンさせた、個室主体の2号店。芝浦市場の問屋から仕入れる上質な黒毛和牛を手頃な価格で味わえる。
そのビジュアルは、ローストビーフ丼というよりユッケ丼!? 実力店が軒を連ねる神楽坂で、予約困難な人気焼肉店が打ち出すランチの名物メニューだ。
極上の赤身肉とワインが豊富な『焼肉キンタン』。その麻布十番店だけにしかないのが「シャトーブリアンサンド」。
池袋「神の羊」はジンギスカン専門店。臭みがなく力強いコクと風味のジンギスカンが堪能できる!使用するのは、冷凍ではなくチルドで輸入された豪州産の上質なラム肉。[住所]東京都豊島区池袋2-58-11[TEL]090-8560-0925
フルーツブランデーは果物から造られるヨーロッパの蒸留酒だが、日本では認知度の低い存在。世界的にも専門バーはほとんどないという。
創業は戦後間もなく。料亭からはじまり40年ほど前から、関西風うどんすきを出しはじめた。色とりどりの具材は、鶏肉、ハマグリ、湯葉、練り物、野菜など約20種類。
三軒茶屋のすずらん通り沿いにあるバー。3階はオーセンティックなバーだが、2階はクラフトジンを中心としたボタニカル・バーで、雰囲気も接客もカジュアル。
一歩入れば"榎本劇場"の始まりである。音楽は寿司屋らしからぬジャズ。目の前で活きエビを捌いて握るなどカウンターで熟練の技を魅せるのは店の主、榎本さんだ。軽妙な語りも加わり客の気分を盛り上げてくれる。
2016年に開業するや、『ミシュランガイド東京』で、2018、2019一ツ星を獲得した南俊郎シェフの店。テイクアウトで点心や中国茶を販売。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt