MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
高級な黒毛和牛をひつまぶし風に味わう「黒毛和牛 牛まぶし」(肉料理/東京ソラマチ)

高級な黒毛和牛をひつまぶし風に味わう「黒毛和牛 牛まぶし」(肉料理/東京ソラマチ)

「これぞ、悶絶のステーキ丼」特集掲載の一品、「お肉の専門店 スギモト本店」の「黒毛和牛 牛まぶし」は数あるメニューの中でもイチオシだ。まずはそのまま味わい、その次は薬味をのせて、最後はかつお節と昆布の和風ダシをかけてひつまぶし風に、と3つの味を楽しめる。[交]半蔵門線ほか押上駅から直結 東京ソラマチ6階※ランチタイム有

お肉の専門店 スギモト本店東京スカイツリータウン店(最寄駅:押上駅)

 名古屋に本店をかまえる明治33年創業の老舗。精肉卸業も営むため、抜群の目利きで全国から仕入れる上質な牛肉を使った料理を味わえる。写真の「上」は、リブロースやサーロインなどの霜降り部位を使用。熱々のダシをかければ、とけだす脂の甘みがたまらない。あっさりとしたモモ肉を使った「並」(2200円)も用意する。

黒毛和牛 牛まぶし(上)
2600円

愛知県産の溜まり醤油を使ったタレは深いコクがあり、脂ののった牛肉と抜群に合う

氷温熟成牛 牛まぶし
2800円 (平日昼をのぞく)

厳選された黒毛和牛のロースをマイナス2℃で30日間熟成させる。旨みが凝縮し、力強い風味に溢れる味わいに

お肉の専門店 スギモト本店東京スカイツリータウン店

東京都墨田区押上1-1-2 東京ソラマチ6階 ☎03-5809-7155 [営]11時〜23時(22時LO) [休]施設の休館日に準ずる [席]テーブル2席×2卓、4席×11卓 計48席/全席禁煙/カード可/予約可(GWなどの繁忙期のぞく)/サなし [交]地下鉄半蔵門線ほか押上駅から直結

電話番号 03-5809-7155
2016年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
秋葉原の「トゥッカーノ グリル 秋葉原2号店」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。ジュウジュウと音を立てる鉄板の上には、牛・豚・鶏、さらにハンバーグ・リングイッサと美味なる肉が勢揃い。特に牛はレアに近く、鉄板の上でひっくり返し、好みの焼き加減にできるという楽しさ付きだ。[住所]東京都千代田区外神田3-4-16
更新: 2018-11-03 09:07:46
グルメライターが渋谷のステーキ店[PEKO CISE(ペコシセ)]を実食レポート。近年牛肉は、上品な脂身を持つきめ細かいサシが好まれている。そんななか、奥渋谷にオープンした『PEKO CISE』で提供する牛肉は、北海道・十勝の雄大な自然で育てられた「十勝大平牛」。[住所]東京都渋谷区神山町4-18
更新: 2018-12-04 16:53:22
THE OLD STATION(オールドステーション)/ステーキ/東京駅|徹底管理のドラフトビールを提供するビアホール。華やかな香りと甘み、最後のコクが魅力の限定醸造「アルト」をはじめ、6種類のビールが揃う。
更新: 2018-06-20 12:00:36
 牛肉を豪快かつリーズナブルに味わいたい! そんな願いをかなえるのが2016年にオープンしたこちらの肉バルだ。
更新: 2018-01-30 18:00:00
 恵比寿で20年続く家庭的な雰囲気の鉄板焼き店。勝浦で精肉店も経営する店主の府川さんが選び抜いた上質な牛肉を、目の前の鉄板で焼き上げてくれる。
更新: 2018-02-22 08:50:10
最新の投稿
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
更新: 2019-08-18 12:00:00
湿性花園やあやめ池を散策して高原を満喫したら本格イタリアンの『アルピナ』へ。山の上で新鮮なサラダや、薪の窯で焼きたてのピッツァを食べられるとは、なんとも贅沢。
更新: 2019-08-17 12:00:00
食べた瞬間、絶句……! いやはや、またしても人には明かしたくない絶品料理と出合ってしまった。 新大阪駅から歩くこと約15分。阪急三国駅にほど近い場所にある沖縄・九州料理の創作バル「まんた」にその料理はある……。
更新: 2019-08-16 15:55:00
「冷麦始めました」に夏の到来を感じる目にも舌にも涼やかな極上ののど越し!
更新: 2019-08-16 12:00:00
先日、東北の日本海側の羽越本線を走る快速列車“きらきらうえつ”が廃止されて新型の観光列車になると発表がありました。 一時期はパンフレット用の写真も担当させていただいていただけに、やはり寂しいです。撮影に行ったときのお話と、以前乗車したときのおいしいもののお話です……。
更新: 2019-08-15 16:55:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt