MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
恭恭(岡山かつ丼/新橋)|フルーティなドミグラスソースが寄り添うドミカツ丼がランチに人気

恭恭(岡山かつ丼/新橋)|フルーティなドミグラスソースが寄り添うドミカツ丼がランチに人気

「ご当地かつ丼、いざ喰わん!」特集掲載商品、「恭恭 (きょんきょん)」の「岡山ドミカツ丼」は岡山県民なじみの味。生パン粉をまとわせてカラッと揚げたロース肉、その魅力をさらに引き立てるのが玉ねぎをたっぷり使って甘さを出したドミグラスソースだ。アクセス:JR線ほか新橋駅烏森口から徒歩約3分 ※ランチタイム有

恭恭(最寄駅:新橋駅)

岡山を中心に全国の旨いもんが楽しめる居酒屋。なかでもランチに人気なのが、岡山県民なじみの味・ドミカツ丼である。生パン粉をまとわせてカラッと揚げたロース肉、その魅力をさらに引き立てるのが玉ねぎをたっぷり使って甘さを出したドミグラスソースだ。ご飯とかつの間にはキャベツが敷かれ、地元スタイルを踏襲。岡山にある店主の実家から届く無農薬の野菜や果物、マカロニなどの付け合わせも心憎い名脇役に。

岡山ドミカツ丼
650円(夜1000円)

どろりとしたフルーティなソースに、さっくり食感を保つ衣の食感も快い

そずり肉のスタミナ炒め
1620円

“そずり”とは岡山弁で牛の中落ちのこと。国産黒毛和牛の中落ちを無農薬野菜とともに、ニンニク風味で炒める。昼には丼850円(おばんざい3品付)でも楽しめる

[その他のメニュー]
茨城ローズポーク串焼き420円、高知徳谷トマト600円、ポテトサラダ550円、乙島しゃこの唐揚げ680円など

恭恭

東京都港区新橋4-21-15 河合ビル 1階 ☎03-3434-5655 [営]11時~14時、17時~翌2時(金~翌4時)、土日17時~23時 [休]お盆、正月 [席]1階:カウンター3席、テーブル4席×3卓、5席×2卓 2階:半個室テーブル5席×1卓、8席×1卓、個室12席×1卓 計50席/禁煙席なし/予約可/カード可/チャージ500円、サなし [交]JR線ほか新橋駅烏森口から徒歩約3分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3434-5655
2016年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
鷹匠小路を折れた先にある「たぬき小路」。大通りほどの行き来はないが、多くの人が目指す店がある。
旬を大切にし、素材の持ち味を生かした魚介料理を楽しませてくれる店。そのための魚介は神津島直送の鮮魚をメインに使い、丁寧に端正に仕上げる。
和食の安在さん、イタリアンの中澤さん。このふたりがキッチンから得意技を繰り出す、ちょっと個性的な店だ。
前身の醤油屋から合わせると120年以上の歴史を持つ老舗だ。だが、店構えにも店内にも堅苦しさはまったくない。
「うちのタレは、関東大震災も戦争からも逃げ延びたんです」と語る、三代目の小川右二さん。空襲の際は先代が壺ごと持ち出して守り、その後も注ぎ足しながら受け継いでいるという。
埼玉で創業55年超の人気店が出店。代表の倉田氏が他店シェフと共同開発した個性的なパンや、シベリアのような昔ながらのパンを販売している。
ワイワイ、カチャカチャ。ビストロらしい賑わいが似合う店だ。メニューには「フランスの片田舎にあるようなワイン居酒屋」とあり、気取りなく、一方でワインに対して気の利いたアテが揃っている。
大正時代から続く老舗を若き5代目が継いだのは24歳の時。理由は先代の急逝だった。伝統を守りながらより高みを目指し、今35歳。
厳選の国産米を4時間以上かけて炊いたおかゆを12種類提供。看板商品の「POPEYE」(950円)は、ほうれん草のおかゆ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt