MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
焼鳥 はちまん(焼き鳥/早稲田)|旨さを追求する焼鳥の良心店

焼鳥 はちまん(焼き鳥/早稲田)|旨さを追求する焼鳥の良心店

早稲田エリアにある焼き鳥屋「焼鳥 はちまん」のグルメ記事と写真のページ。の店主の安井さん曰く、「焼き鳥の美味しさは焼き方で決まる」。紀州産の備長炭を用いて強火で一気に焼くと旨みを残したまま焼くことができる。[アクセス]早稲田駅3b出口から徒歩7分

焼鳥 はちまん(最寄駅:早稲田駅)

見た目よりも味重視で、焦げにかまわず一気に焼き、後で焦げたところをカットして絶品の焼き鳥に仕上げるという。使われる鶏は鳥取県の大山どりと滋賀県の淡海地鶏。鶏は店で毎日解体し、丁寧に串に刺している。串に使わぬ部位を「そぼろごはん」に使用。そぼろの旨みを逃がさぬよう、注文を受けてから焼き鳥のタレで炒め煮にする。どれを食べても、真摯な仕事ぶりが味にも繋がっていると実感できる。

そぼろごはん
630円

大山どりのササミとムネ肉以外の部位と淡海地鶏のモモや首など脂ののった部位を、叩いたり粗挽きにし、そぼろにしている。そのため、旨みとともに心地よい歯応えも楽しめる。小サイズ(480円)、持ち帰り用「そぼろ弁当」(690円)もある

焼鳥ごはん
690円

焼き鳥は、単品でももちろん旨いが、〆で必ずいただきたい。写真の丼は、大山どりの肩肉2本と、モモ肉を使ったねぎま、うずらの卵がのっている。焼き鳥の香ばしい風味に海苔の香りもすがすがしく、ペロリと食べられる

焼鳥 はちまんの店舗情報

[住所]東京都新宿区西早稲田3-1-1 B1 [TEL]03-3203-2880 [営業時間]17時半~24時(23時LO)、土17時半~23時半(22時半LO)、祝17時半~23時(22時LO) [休日]日・祝日の月曜 [席]カウンター9席、テーブル2席×1卓、4席×2卓、6席×1卓 計25席/禁煙席なし/カード可/予約可/お通し320円別 [交通アクセス]地下鉄東西線早稲田駅3b出口から徒歩7分

電話番号 03-3203-2880
2016年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 大将が炭火を微調整しながら焼き上げる姿に見惚れてしまった。コースでオーダーした焼鳥の「ささみ」や「砂肝」の絶妙な塩気、「もも肉」や「ねぎ巻」などはしっかりめの焼き具合で供され、熱々を頬張ればあふれ出てくる旨さに感動。
この店の真骨頂を知るならば、まずはコースを注文したい。和食で経験を積んだ店長が腕によりをかけた前菜や一品料理は、食材の滋味を引き出した繊細な味わい。
「肉は骨付きがウマい」が店主・水野さんの信条だ。身の柔らかなひな鳥を米油でじっくり火入れした素揚げが看板のひとつ目。
筋肉質な食感を楽しんでほしいと、使用するのは熊野地鶏のオスのみ。炭火でパリッと焼かれた皮の歯ざわり、高反発な肉質に驚かされる。
坊主頭にねじり鉢巻きが清々しい、店主の阿部友彦さん。目黒の名店「鳥しき」で修業を積み、2016年に独立。
兵庫県西宮市で12年、関西のうどん好きを唸らせた店が東京進出。「青山ビルヂング」のレストランフロア「青山一番街」に出店を果たした。
 父親が中国人、母親が日本人という店主の揚原さんにとって、身近な存在だった水餃子。「もっと気軽に水餃子を食べてほしい」と、昨年8月にカフェスタイルでオープン。
おしゃれで色んなジャンルの飲食店が集まっている神楽坂エリアの「お得ランチ」を一挙ご紹介!おとなの週末のグルメライターが実食調査した結果、夜は敷居が高いけれど、お昼になら入りやすい和食店、高級な肉、イタリアンなどがたくさん見つかりました!
今回は、ダイエットに最適な食品というわけではなく、チート的な話。 手軽でおいしいカップラーメンを1つ選べといわれたら、やはり日清の「カップヌードル」。 ダイエット中とはいえ、これを食べたくなるときがあるわけですよ……。
300views 脱メタボ

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt